ヘアスタイル
bookmark_off

今季注目の暖色カラーにするなら「明るめ」「暗め」どっち派?

HAIR(ヘアー)
HAIR(ヘアー)
2020.10.14
暖色カラーの中にも、明るめと暗めのカラーがあり、それぞれが違ったイメージでおしゃれができます。自分の好きなカラー選びの参考にしてください。
明るめも暗めも捨てがたい…♡
自分好みの暗め・明るめの暖色カラーでキメよう!

明るめも暗めも捨てがたい…♡

仕上りイメージは何トーンがいい?

ShutterStock
ヘアカラーを選ぶなら、仕上がりイメージを選んだカラーチャートを参考に選ぶと失敗がありません。暗めも明るめもトーンで選んで、おしゃれなヘアカラーに仕上げましょう。

【派手な色が苦手】なら6~8トーンくらい

i. 新屋敷/『i.』 omotesando
ほんのりと光に当たると、きらりと光って透明感カラーが楽しめるヘアカラーなら、6~8トーンくらいのカラーがおすすめです。上品に見せることができるヘアカラーなので、カラー初心者にピッタリですよ。

【ガラッとイメチェン】なら10~12トーンくらい

石川 卓弥/Agnos青山
明るめのヘアカラーでおしゃれをしたいなら、10~12トーンほどのカラーを試してみましょう。顔周りがパッと明るくなって、イメチェンヘアスタイルに近づけます。周りから二度見されること、間違いなしですよ。

自分好みの暗め・明るめの暖色カラーでキメよう!

旬の暖色カラーの中で、自分好みの暗め・明るめカラーを見つけてみましょう。おしゃれ度がアップするヘアスタイルが楽しめますよ。