パラソーラ イルミスキン 日焼け止め
bookmark_off

ラベンダーカラーでお顔の透明感UP!おすすめ日焼け止めジェル

AKI
AKI
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.08.11
連日の暑さでいよいよ夏本番がやってきますね!皆さんは紫外線対策、ケアなどされていますか? 一年の中で日本の紫外線のピークはまさにこれから。しっかりとUV対策、ケアをしながら、ワントーン明るく透明感のあるツヤ肌に仕上げてくれる『パラソーラ』の「イルミスキン」日焼け止めジェルをご紹介致します。紫外線対策をしっかりされたい方におすすめのアイテムです。
ラベンダーカラーで透明感UP!お顔全体の血色感を綺麗に見せる日焼け止めジェル
夏の暑さにも負けない!ウォータープルーフタイプ
日焼け止めなのにパールが配合!顔全体をツヤ肌仕上げにしてくれる!
日焼け止め選びのポイントは使い方や特徴をしっかりチェックすること。

ラベンダーカラーで透明感UP!お顔全体の血色感を綺麗に見せる日焼け止めジェル

紫外線対策アイテムとして、日焼け止めクリームやジェルは欠かせないアイテムです。そこで今回ご紹介するのはパラソーラ イルミスキン UVエッセンス 日焼け止めジェル。 日焼け止めは、使う場面や季節などによって使い分けが必要なアイテムですが、特に腕、デコルテ、お顔などの肌が露出している部分にはクリームやジェルタイムの日焼け止めを使用し、ムラなくしっかりと塗りこんでいく事が必要です。特に真夏は汗をかきやすいから、しっかりと塗りこんでいても汗で日焼け止めが取れやすいので、ウォータープルーフタイプの日焼け止めを使用することをおすすめします。 真夏の長時間外出の際は、腕やデコルテ等の特に日焼けをしやすい部分は、4時間に1度こまめに塗り直すことによって、よりしっかりとケアができますよ。真夏の暑さに負けずにしっかりケアをしながら、透明感のあるツヤ肌仕上げにしてくれるおすすめの日焼け止めアイテムは、こちらのパラソーラ イルミスキンです。 この日焼け止めの特徴は、カラーが透明ではなくシャーベットラベンダーカラーであるということ。ラベンダーカラーは化粧下地にもよく用いられるカラーで、その効果は主にお肌に血色感を与え、顔全体の透明感を演出してくれます。イエローべースの方にも、ブルーベースの方にも使用しやすい万能なカラーです。こちらはSPF50+ PA++++なので、レジャーや長時間の外出でもしっかりUVケアをしてくれます。 日焼け止め対策をしながらも、肌のトーンを整えてくれるのでちょっとしたベース作りの機能も果たしてくれるメイクのお役立ちアイテム。日焼け止めクリームですと気が付いたら顔が白くなりすぎて、顔と首の色味が変わり、白浮きしてしまうなんて失敗もありますよね。この日焼け止めはラベンダーカラーなので、白みを抑えながら透明感だけをUPしてくれるので自然な肌に仕上げやすい点がポイント!
パラソーライルミスキンジェルを出した画像

夏の暑さにも負けない!ウォータープルーフタイプ

日焼け止めジェルと言っても、軽いクリームのようなテクスチャーです。だた、クリームまでこっくりと重い感じがしないので、伸びが良くだんだんと水のようなジェル状に変化していきます。とにかくさらっとしていて軽いので、塗りやすくムラになりにくいです。さらにベタ付かないので、デコルテや手の甲等の日焼けが気になる部分には二度塗りをして日焼け対策がしやすい点がおすすめのポイント! このアイテムをご紹介したいもう1つのポイントとして、ウォータープルーフタイプであるということがあります。夏場は汗をかきやすく、日焼け止めが取れやすくなるので、汗や水に強いウォータープルーフタイプがおすすめです。ボディーソープで簡単に落とすことが出来るため、全身にしっかり塗り込んで使用していただけます。
パラソーラUVを手の甲に乗せた画像

日焼け止めなのにパールが配合!顔全体をツヤ肌仕上げにしてくれる!

この日焼け止めを購入するにあたり、目に止まった点がパール配合の日焼け止めジェルであるということ!化粧下地のように、ラベンダーカラーでパールが配合されています。それでいてしっかりUVケアもしてくれるなんて、毎日のようにメイクをする女性からすると夢のようなアイテムですよね。 実際に塗ってみると非常に細かい粒子のラメがムラなく均等に広がります。あまり大きすぎない控えめなラメなので、ツヤ肌仕上げにしてくれます。お仕事用の日焼け止めジェルとしても充分お使いいただける程度のラメ感です。
パラソーライルミスキンを手の甲に伸ばした画像

日焼け止め選びのポイントは使い方や特徴をしっかりチェックすること。

今回はおすすめの日焼け止めジェルとしてパラソーラ イルミスキン UVエッセンスをご紹介させて頂きました。 使用する場面や季節、そしてテクスチャーや色等の好みによってご自分に合う日焼け止めを選んでいただくことをおすすめします。例えば、髪のUVケアをしたい方はスプレータイプ、ボディーにはジェルタイプなどのように場所によっての使い分け。季節や肌の調子に合わせてテクスチャーの重さを変えることや、季節によってSPF数値を変え、肌への負担を減らすなど、使い分けをすることが大事です。 日焼け止めはタイプが様々なのでその特徴をしっかりと理解した上で選んで頂くとより効果的なUVケアができるのではないかと思います。みなさんもこの機会にチェックしてみてくださいね!

関連コラム