山下美月「あ、輝いてました? (笑) 」 “色っぽカーキ”メイクにトライ!
bookmark_off

山下美月「あ、輝いてました? (笑) 」 “色っぽカーキ”メイクにトライ!

anan Beauty+
anan Beauty+
2022.11.11
気になるあの人×トレンドメイク。今回は、乃木坂46・山下美月さんが“色っぽカーキ”にトライしました。
カーキ×温もりオレンジでモードな色香を手に入れる。
Makeup Point
Mizuki’s Beauty Rules

カーキ×温もりオレンジでモードな色香を手に入れる。

yamashita
この秋冬、各ブランドのアイパレットでひときわ存在感を放つ旬カラー、カーキ。ブラウンの延長線として使える万能感とその媚びない色っぽさに山下美月さんも心を奪われたよう。
「今回は下まぶたに入れてもらったんですけど、モードな中にも大人なかわいさがありますね。乃木坂46のメイクはピンクやブラウン系の柔らかい色中心なので、ぱきっとした発色は新鮮!」
上まぶたに入れたシアーオレンジもカーキと相性抜群。そのきらめきで大きな瞳がさらに輝いて。
「あ、輝いてました?(笑) いままで目元がきつく見えがちだからラメやパールは控えていたんですけど、このオレンジはかわいい! マスク生活が続いてますけど、そんなときマスクからのぞく目元がキラッとしてたら魅力的ですよね」
アイドル活動も俳優業も忙しいいまは、入浴とスキンケアが美容&リラックスの時間。
「入浴剤は30種くらい洗面台の棚にずらーっと並べてどれにしようかな♪ って選んでます。お気に入りはサンタ・マリア・ノヴェッラのザクロのバスソルト。大好きな香りで3箱はあるかも(笑)。お風呂上がりは全身用化粧水と乳液をじっくり塗ります。お風呂に2時間、スキンケアに40分くらいかかるけど、リラックスできる貴重な時間だからマイペースに楽しんでいます」

Makeup Point

yamashita
A 絶妙な深みと透明感を兼ね備えた4色。ザ アイシャドウ パレット 009¥6,820(アディクション ビューティ TEL:0120・586・683)
B エメラルドグリーンからピュアゴールドまでの7色のシャドウが一つに。ディオール バックステージ アイパレット 008¥6,270 11/18限定発売(パルファン・クリスチャン・ディオール TEL:03・3239・0618)
C 高発色のカーキグリーンが長時間続く。ワンダー エバー アイシャドウ 007¥1,650(リンメル TEL:0120・878・653)
yamashita
今回はAのパレットを使用。3のオレンジを上まぶたから、逆“くの字”を描くように目尻の下端まで広めに入れる。下まぶたは目頭側に1のゴールドを、4のカーキを下まつ毛の際におき、アウトラインを2でぼかす。ポイント使いはもちろん、シアーなカーキは広くぼかしてソフトな印象に…と、色み次第で幅広い使い方ができる。

Mizuki’s Beauty Rules

1、化粧水&乳液は全身にたっぷりと。 ノースリーブ衣装の多いアイドルなればこそボディケアは必須。
「全身用化粧水はロクシタンのミスト、乳液はTHREEの『バランシング フルボディ エマルジョン』。手でオイルマッサージをしたり、筋膜リリース用ボールを背中に使ったりと、ほぐすケアも取り入れています」
2、ロケ先での宿泊は、最新コスメのお試しタイム。 目下、朝ドラ撮影地の大阪と東京を行き来する日々。
「宿泊先でのスキンケアはコスメカウンターでもらえる新作のサンプル(笑)。それを大阪で試して、いいなと思ったら東京で買います。旅の荷物も減るし、新しいコスメを試すいい機会になっていて一石二鳥じゃないかな?」
3、最新美容ツールでビューティ効率UP! 最新美容ツールも積極的に取り入れるのが山下さん流。
「顔と頭皮はmyseの『スカルプリフト プラス』。頭皮から肌が引き上がる感覚が好きで、毎日使ってます。防水でお風呂の中でも使えるのがポイントで、長湯しながらなにげなく顔に当てているだけで効いている気が」
やました・みづき 1999年7月26日生まれ、東京都出身。乃木坂46の3期生。グループ活動では2021年発表のシングル「僕は僕を好きになる」で初センター。現在、朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』に出演中。愛称やま、みづき。
ニットベスト¥2,999(H&M/H&M カスタマーサービス TEL:0120・866・201) デニムジャケット¥44,000(ニュートラルワークス./ゴールドウイン カスタマーセンター TEL:0120・307・560) イヤリング¥8,800(プティローブノアー TEL:03・4567・6217)
※『anan』2022年11月16日号より。写真・魵澤和之(まきうらオフィス) スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・AYA(TRIVAL) 取材、文・大澤千穂

関連コラム