4種類のルージュを並べたメイン画像
bookmark_off

ブランド別!ルージュの魅力とそれぞれのカラーを紹介

えみ
えみ
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.10.23
いくつ持っていても欲しくなるのがリップアイテム。その中から今回はブランド別に厳選したルージュの魅力を深掘りしていきます。
色味別に使い分けている厳選アイテム!
『ちふれ』の「口紅 748」
『ちふれ』の「口紅 517」
『KATE』の「カラーハイビジョンルージュ RD-2」
『OPERA』の「ティントオイルルージュ05コーラルピンク」
違いが分かる女性だからこそ自分好みのリップカラーを

色味別に使い分けている厳選アイテム!

女性にとってルージュは、メイクの仕上げとして重要な役割を持つアイテムです。 今回ご紹介するのは、『CHIFURE(ちふれ)』の「口紅 748」と「口紅 517」、『KATE(ケイト)』の「カラーハイビジョンルージュ RD-2」、『OPERA(オペラ)』の「ティントオイルルージュ05コーラルピンク」です。 様々なコスメブランドの中からあなたに合ったルージュを見極めて、メイクを楽しむことが大切です。

『ちふれ』の「口紅 748」

キャップを外したCHIFUREの口紅 S748単体画像
『ちふれ』の口紅は全部で30色と非常に豊富なカラー展開をしており、その中でも「口紅 748」は赤みが残ったブラウンカラー。 ブラウンベースにほんのりと赤みがあるカラーは、普段使いもしやすくブラウンリップ初心者でも挑戦しやすいカラーとなっています。 質感は大人っぽい印象に仕上げてくれるセミマット。セミマットは落ち着いた印象を持たせてくれるので、オフィスメイクにもぴったりです。 ナチュラルなメイクでも合わせやすいカラーでもあり、アイシャドウやアイライナーで目元にカラーを足した個性的なメイクにも主張しすぎず、上手になじんでくれます。

『ちふれ』の「口紅 517」

キャップを外したCHIFUREの口紅 S517単体画像
次に、「口紅 517」は鮮やかなレッドに上品なパールが配合されているカラーで、ひとつは持っておきたいマストアイテム。 相手に魅惑的な印象を与えたい場面や、気持ちを高めて望みたいシチュエーションにおいて、自信を与えてくれるカラーです。 鮮やかなレッドがそのままの高発色で、ツヤツヤとした美しい唇を実現。唇のボリューム感も出してくれて立体感も出してくれるので、リップメイクを引き立たせる事ができます。 『ちふれ』の口紅は「口紅 748」と「口紅 517」も含め、詰め替え用として発売されており、ケースは別売りになっていて、スタンダードなものから時期によって発売されているものと数種類用意されています。 口紅を使い切ってしまって、ケースごと捨ててしまうのではなく、ケースはまた新しい詰め替え用の口紅を購入した際に、再利用することができるのでエコですよね。 また、『ちふれ』の同じシリーズで2色以上持っていてもケースを変えてあげるだけで、どちらが何色の口紅か分かるのも嬉しいところ。

『KATE』の「カラーハイビジョンルージュ RD-2」

キャップを外したKATEのカラーハイビジョンルージュ RD-2単体画像
落ち着いた赤みが印象的な『KATE』の「カラーハイビジョンルージュ RD-2」。 見た目はマットな質感ですが、ツヤ感も感じられるクリーミーな仕上がりで、ラグジュアリーな雰囲気を作り出してくれます。 ひと塗りでも綺麗に発色してくるのもおすすめしたいポイント。 派手すぎない色味の赤リップなので、薄く塗ればビジネスシーンでも活用でき、プライベートでは濃く塗っていつもとは違う大人なメイクにするなど、塗り方を変えるだけで様々なシーンで活躍してくれる万能カラーです。

『OPERA』の「ティントオイルルージュ05コーラルピンク」

キャップを外したOPERAのティントオイルルージュ05コーラルピンク単体画像
ルージュの芯が柔らかく唇につけた瞬間からオイルが唇を包み込むようになじんでいく、『OPERA』の「ティントオイルルージュ05コーラルピンク」。 非常に滑らかな塗り心地で塗っていて気持ちが良いのが魅力。ツヤのある唇を作り上げることができ、保湿をしてくれる成分としてオイルが含まれているので潤いも保ってくれます。 キレイなツヤのある色味を長時間キープしてくれるので色持ちが良く、ナチュラルな仕上がりで、素の唇の良さを引き立たせてくれます。 コーラルピンクの色味は肌になじみ、オレンジとピンクの中間色なので優しい印象に。 また、ジューシーで淡い発色をするのでナチュラルかつセクシーに仕上げてくれるので、お家デートや女子会などで使用するのもおすすめ。 ケースデザインはシンプルながら、中のルージュのツヤ感や透け感を思わせるようなデザインになっています。 コーラルピンクの他にも、レッドやピンクなど素の唇を活かしながら色付くカラー展開になっているので自分に合ったカラーを探してみるのも楽しいでしょう。

違いが分かる女性だからこそ自分好みのリップカラーを

レッド・ピンク・オレンジ・ブラウンなど、様々なカラーがありますが、ひとつの色でもルージュによって少しずつ色味も変わってくるのが面白いところ。 そんな微妙な色味や質感の違いが分かる女性だからこそ、いくつも欲しくなってしまいますよね。 ケースにもこだわって持ち歩くと、持っているだけでも気分を上げてくれること間違いなし。 数多く存在するコスメブランドの中から厳選して、自分好みのルージュと出会ってください♪

関連コラム