クリオ キルカバーグロークッション
bookmark_off

よれないテカらない!カバー力抜群の韓国発クッションファンデ!

しちみ
しちみ
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.10.21
パウダーはよれる、リキッドはテカる、クッションはカバー力が足りないなど、ファンデーション選びで苦戦する方は少ないかもしれません。そんな悩みを全てを補うクッションファンデが「CLIO KILL COVER GLOW CUSHION」です。
「CLIO KILL COVER GLOW CUSHION」
キルカバーで推したい3つのポイント
UV対策もばっちり!美容成分配合で疲れ知らずの肌

「CLIO KILL COVER GLOW CUSHION」

コスメ大国、韓国の女性達から熱い支持を受けている『CLIO(クリオ)』。 そんな『CLIO』から2019年に販売された、「CLIO KILL COVER GLOW CUSHION」(クリオ キルカバーグロークッション)」は、今日本でも人気が出てきているクッションファンデです。 カラーは、ブルベ向きのランジェリー・イエベ向きのリネン・標準肌向けのジンシャー・暗めの肌向けのサンド、と全部で4色展開になっています。
キルカバー クッションファンデーション
「クリオ キルカバーグロークッション」は、ゆで卵のようなツヤ感と、お風呂上りのようなしっとりとなめらかな質感。 そして、薄付きなのにカバー力と密着力が高く、よれにくくナチュラルな仕上がり。テカることがなく、リアルなツヤ感を出してくれることから人気の高い商品となっています。

キルカバーで推したい3つのポイント

①よれにくい!

私はそばかすが多く、カバー力重視のためパウダーファンデを使用していました。 しかし、カバー力は良いものの、時間が経つに連れてほうれい線にファンデーションが溜まってしまったり、目元や口元がよれてしまう事が悩みでした。 しかし、この「クリオ キルカバーグロークッション」は密着度が高く、ひと塗りでしっかりと肌に密着してくれます。 そのため厚くなってしまうパウダーファンデと違いよれにくく、沢山話したり笑ったりしても、ほうれい線や目元・口元のよれが目立たなくなりました。

②テカリが目立たない!

リキッドファンデや、クッションファンデはパウダーファンデには中々出せないツヤ感を出してくれます。 しかし、脂っぽい仕上がりになってしまってテカってしまう事も。また、テカってしまうからとリキッドの上からパウダーを重ねて抑えると厚塗り感も出てしまい、パウダーを重ねる事でせっかくのツヤ感も台無し。 「クリオ キルカバーグロークッション」は、脂っぽい仕上がりではなく、リアルなツヤ感を出してくれてナチュラルに仕上てくれます。 また、上からパウダーを重ねなくてもテカる事がないので、このクッションファンデひとつでベースメイクが終わり、朝の準備も楽に済ますことができます。

③抜群のカバー力!

大事にしたいのはカバー力。 どんなに高価なものでも、シミ・そばかすなどの肌悩みをカバーできないのは意味がない。だからといって、厚塗りの化粧はしたくない。 「クリオ キルカバーグロークッション」は、ひと塗でもしっかりカバー。シミ・そばかすも目立たなくしてくれます! 厚塗りの化粧と違ってひと塗で済むので仕上がりもナチュラル。自然にカバーしてくれます。
手にアイライン引いている写真
キルカバーグリークッションを塗った写真

UV対策もばっちり!美容成分配合で疲れ知らずの肌

高い紫外線防止効果

SPF50+/PA++++と紫外線防止効果の基準の最高値になっており、紫外線防止効果が非常に高いです。 そのため、ファンデーションの前に日焼け止めを塗って紫外線対策をしている女性にとっては、時短にもなり嬉しいポイント。

うるおいキープの美容成分配合

「クリオ キルカバーグロークッション」は、うるおいを与える成分としてヒアルロン酸とコラーゲンの美容液が含まれており、みずみずしく元気な肌をキープしてくれます。 また、精製水の代わりにティーツリー水を使用しているのもこだりのポイント。 さらに、7つの宝石パウダー(※)を配合しているため、肌をしっとりと明るく華やかに見せてくれる効果があります。 これらのおかげで長時間使用しても、お肌をしっとり保ち乾燥を防いでくれます。年中使用できますが、特に冬の時期におすすめしたいクッションファンデです。 ※アメジスト粉・パール粉・ サンゴ粉・トルマリン・琥珀粉・ネフライト粉・ルビー粉

関連コラム