モデル画像
bookmark_off

ブラックを使わなくてもOK!? コケティッシュな目力アップのコツ

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2022.10.20
目力強調を狙ってつい手が伸びてしまうブラックのアイラインやマスカラ。そこまで“盛っている”感を出さずに印象的な目力のある目元に仕上げるにはどうしたらいい? 今回はそんな悩みにお応え!ブラック以外のカラーを使った“盛れるアイメイクテク”をお届けします。
赤みシャドウ×目尻のグレーラインで魅せる上品なぱっちりEYE
▼Use item
▼How to

赤みシャドウ×目尻のグレーラインで魅せる上品なぱっちりEYE

雰囲気の画像
lacore
トレンドのピンク〜レッドブラウンシャドウのグラデーションを、ブラウンとグレーのライナーで引き締め。キツくならずに盛れるカラーを効果的に使うことでコケティッシュな目力が手に入ります。

▼Use item

使用アイテムの画像
lacore
(左から) アイライナーは『KANALABO(カナラボ)』の「フジコ 仕込みアイライナー」05 共存グレーをチョイス。3股に分かれた「ドットライナー」と「カラーライナー」のWエンド設計で、ナチュラルに瞳を大きく。ドットライナーは明るめブラウン、カラーライナーはグレーです。 上まつ毛には『COCOROIKI(ココロイキ)』の「アイデザインマスカラ」01 ウォームグレージュを使用。温かみのあるグレージュカラーで大人の気品を添えて。 ー <COCOROIKI>アイデザインマスカラ 01 ウォームグレージュ/¥1,500(税込) アイシャドウに使ったのは『Aimmx(アイムミクス)』の「アイシャドウパレット - Magazine -」。02 FLOWER PINKの数色でしっかり濃淡を作ることで、腫れぼったさのない目元に仕上がります。

▼How to

アップの画像
lacore
アイシャドウは、Aを上瞼全体に指で広げて肌をトーンアップ。次に目のキワにBをのせて二重幅までボカす。Cの薄いピンクをBよりも少しだけ狭い範囲に。 このままだと目元がぼんやりするのでDのレッドブラウンを黒目の終わりから目尻へ、二重の幅に入れる。下瞼には涙袋より狭めにBを入れ、Dを目尻1/3に入れましょう。
横アップの画像
lacore
アイラインはブラウンを目頭部分の粘膜にインラインとして引き、グレーを目尻長めにIN。まつ毛は上にグレージュマスカラを、下には塗らずに抜け感を残します。 シャドウとアイラインで目尻にだけ締め色を入れることで、ナチュラルさは残しつつデカ目効果もしっかり狙えます。
カメラマン/西谷久美 モデル/noa ヘアメイク/渋谷わこ

関連コラム