絶対にやってはいけません! 美容家が教える「実はやりがちNG日焼け対策」
bookmark_off

絶対にやってはいけません! 美容家が教える「実はやりがちNG日焼け対策」

anan Beauty+
anan Beauty+
2022.07.26
出かける時には、必ず日焼け止めをしっかり塗っているのに、なぜだかうっすらと日焼けをしてしまう方は、意外にも思わぬ原因で、うっかり日焼けを招いている可能性があります。そこで今回は、うっかり日焼けを防ぐために知っておきたい、正しい日焼け対策をお伝えしたいと思います。
うっかり日焼けは肌老化の始まり
うっかり日焼け! 白色や明るい色の服選びに注意
うっかり日焼け! 間違った日焼け止めの使い方
うっかり日焼けしたら! 腸活のススメ

うっかり日焼けは肌老化の始まり

日焼け 紫外線 対策 NG してはいけない やってはいけない 間違い やりがち 方法
紫外線には、UVAとUVBの2種類があり、それぞれの日焼けの仕方があります。UVAは、じんわりと肌を小麦色に変え、真皮層まで届くため最終的にはシミだけでなく、肌にシワやたるみをもたらします。
UVBは表皮層まで届く紫外線で、肌にあたると肌はヤケドしたような状態になり、赤くヒリヒリします。どちらも肌にダメージを与えますが、うっかり日焼けで気をつけたいのは、UVA。
UVBの紫外線と違って、赤くヒリヒリするわけではないので、不充分な日焼け対策で、気づいたら日焼けをしていたという方が多くいるのです。それに、先ほどお伝えしたように、シワやたるみといった肌老化につながっていくので、正しく日焼け対策ができているか、いま一度見つめ直してみましょう!

うっかり日焼け! 白色や明るい色の服選びに注意

ただでさえ、暑い夏。太陽光を吸収する黒い服よりも、見た目がさわやかで涼しげな白色の服を選びたくなりませんか? 白色だけでなく、白色に近い淡い水色や黄色などの服もそうですが、紫外線が強い夏の服選びに明るいトーンの服は注意が必要です。
というのも、私たちは空から注がれる紫外線だけでなく、地面や物体に反射した紫外線にも同時に晒されています。例えば、「ゲレンデ焼け」や「雪焼け」という言葉がありますが、これは真っ白な雪が降り積もる雪山で日焼けすることを指します。
真っ白な雪は空から注がれた紫外線を80%反射させるので、一見寒い雪山でも日焼けをするわけです。そのため、夏に白色や明るい色の服を着る場合、首元にスカーフを巻いて間接的に反射を遮断したり、首から頬まで紫外線をカバーしてくれるフェイスカバーなどのUV対策グッズで、うっかり日焼けを防ぎましょう!

うっかり日焼け! 間違った日焼け止めの使い方

日焼け 紫外線 対策 NG してはいけない やってはいけない 間違い やりがち 方法
日焼け止めのベタつきが嫌いで、少量のみの日焼け止めで日焼け対策をしたり、化粧下地に含まれるUV機能のみで日焼け対策をした気になっている方がけっこういます。またSPFやPAの数値が高いものを外出前に塗って、その日の日焼け対策を完了する方もけっこういます。
これらの日焼け止めの使い方は全てうっかり日焼けのもと。正しい日焼け止めの使い方としては、まずSPFやPAの数値に関係なく、日焼け止めは2、3時間ごとにこまめに塗り直しをしましょう! 
外出先で塗り直すことに手間を感じる方は、スプレーやパウダータイプのものを活用するといいでしょう。また日焼け止めの1回に塗る量は、顔の面積に対して、500円玉くらいの大きさが目安です。
もし独特な質感が嫌いで少量のみになっている方は、日焼け止めとは思えないみずみずしい日焼け止めも発売されているので、チェックしてみるといいでしょう。
phonto 7
多くの方が、レジャーに行く時を除いて、日常生活のみで日焼け止めを使った場合、ひと夏に1本を使い切るイメージですが、正しく使った場合、1か月に1本を使いきるはずです。この機会に、ご自身が正しく日焼け止めを使えているか、見つめ直してみて下さいね。

うっかり日焼けしたら! 腸活のススメ

日焼けに腸活…? と思う方もいるかもしれませんが、実は腸内環境を整えることは、日焼けによるダメージを残さないために、とても大切なこと。特に、うっかり日焼けの場合、気づかないうちに日焼けをしているので、スキンケアのみのケアだけではやや遅く不十分です。
そもそも、美白のための化粧品の多くは、紫外線による肌トラブル自体を無くすのではなく、防ぐことを目的とした化粧品がほとんど。そこで腸活を通して、腸内環境を整えることで、肌のターンオーバーに働きかけ、紫外線によって受けた肌ダメージやメラニン色素の排出を促すというわけです。
腸活に関しては、さまざまな方法がありますが、うっかり日焼けをしたなと思った場合には、腸活をサポートする飲み物やサプリを取り入れて、積極的に対策を始めるといいですよ。
phonto 5
再春館製薬所が展開する“Lashiku 腸活”は、快便に必要な不溶性と水溶性の二つの食物繊維と、腸内環境を整える働きを持つ機能性関与成分ビフィズス菌BB536を配合したサプリ。1日1本を水またはぬるま湯で飲むだけなので、忙しい現代人の腸活サプリにもおすすめです。
いかがでしたか? 曇りの日でさえ、紫外線は注いでいるので、うっかり日焼けをする危険とは常に隣り合わせ。だからこそ、少しでもうっかり日焼けをしないよう、間違った日焼け対策を改め、正しい日焼け対策を行うようにしましょうね。
濱田文恵(はまだふみえ)  日中美容研究家/LINOME株式会社 代表取締役/一般社団法人日本セルフ美容協会 代表理事/中医薬膳師。 1990年に中国で生まれ、4歳から日本で育つ。 ビューティ系資格を15種類取得するほか、2017年には北京中医薬大学日本校中医薬膳専科卒業、中医薬膳師となる。現在は日中美容研究家として、企業のコンテンツ監修や個人レッスンを開催するなど、美容家として活動の場を広げている。
(C)RunPhoto/Getty Images (C)Mariâ Tarasova / EyeEm/Getty Images
文・濱田文恵

関連コラム