スリーハイライト横長写真
bookmark_off

SNSでも話題のハイライト!シマリンググローデュオをご紹介

りこ
りこ
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.10.19
皆さんは、ベースメイクの仕上げにハイライトを使用していますか? ハイライトは、光を集めたかのように使用した場所を高く見せたり、ツヤ感をプラスしてあげられます。 鼻筋を高くしたい!お顔に立体感をプラスしたい!など、高く見せたいところにハイライトを使用してあげると、それだけでかなりお顔の印象が変わってみえますよ。
デパコスTHREEの人気ハイライト シマリンググローデュオ
ハイライト以外にもアイシャドウとしても使用できるアイテム
テクスチャーや発色までさすがデパコスのハイライト
THREE(スリー)ハイライトのおすすめ使用方法
デパコスの人気ハイライトを是非体験してみてください

デパコスTHREEの人気ハイライト シマリンググローデュオ

今回は数あるハイライトの中から、特にお気に入りのTHREE(スリー)のシマリンググローデュオをご紹介していきます。 こちらのハイライトはSNSで話題になったアイテムで、インスタグラムやプロのメイクアップアーティストさん、モデルさんが紹介しているのを見たことがあるという方や、実際に使用したことがあるという方も多いのではないでしょうか? THREE(スリー)といえば、人気のデパコスブランドですよね。そんなTHREE(スリー)の中でも、非常に人気なアイテムなんですよ。
スリーハイライトパッケージ写真

ハイライト以外にもアイシャドウとしても使用できるアイテム

クリームアイシャドウとして使用する際には、明るいクリームカラーはハイライト、ブラウンのカラーはシェーディングとして使用します。 さらに、シマリンググローデュオはハイライトのみならず、アイシャドウとしても使用できるアイテムなんです。 ハイライトで優秀なシマリンググローデュオですが、私がシマリンググローデュオと出会ったのは、美容師さんが涙袋をメイクしてくださるときに使用していたことがきっかけでした。使用感が非常に良かったので、後日使用コスメを教えていただき購入に至りました。 このシマリンググローデュオは、メイクでこんなに顔の雰囲気が変わるってすごい!と体感したデパコスのひとつです。 そのため、私は今でもアイシャドウとして使用することの方も多く、アイシャドウとしてもお気に入りのコスメです。 デパコスは、そこまで頻繁に購入できる方ばかりではないと思うので、1つのアイテムで様々な使い道があるということは嬉しいですよね。 アイシャドウとしておすすめの使用方法もページ後方でご紹介しているので、是非ご覧ください。
スリーハイライト半開き写真

テクスチャーや発色までさすがデパコスのハイライト

思わず、「さすがデパコス。」と言いたくなってしまうくらい優秀なハイライト。 他の一般的なクリームチークより少し硬めの、優しいテクスチャーです。 一番初めは表面が馴染んでいないため少し硬めですが、少し力を加えて取りしばらく使用すると、表面が馴染むため少しずつ柔らかくなっていきます。表面が柔らかくなってきたら、指のはらですっと滑らせるように取り使用します。 そして、気になる発色ですが、ブラウンのカラーは非常に高発色。そのため、そのままお顔にのせてしまうとかなり濃くなってしまい、わざとらしいメイクのに仕上がってしまうので、一度手の甲などで馴染ませてからのせています。 アイシャドウとして上瞼に使用していく際には、指のはらでとった状態からそのままのせても良いと思います。ナチュラルメイクの方は同じように馴染ませてから使用することをおすすめします。 明るいカラーは、色味というよりはきれいなツヤ感が出ます。テカらず自然なツヤ感で、お肌に自然に光をプラスすることができます。1度でしっかりとのるため、何度も重ねず1度塗りで仕上げます。
スリーハイライトアップの写真

THREE(スリー)ハイライトのおすすめ使用方法

アイシャドウとして使用する場合は・小指のはら(または薬指)で明るい方のカラーをしっかり取り、涙袋と目頭付近に乗せる事が多いです。 暗い方のカラーは、小指で涙袋の影になる部分や目尻に置くとはっきりとした目元に仕上がります。他にも、通常のアイシャドウを使用するように、上瞼にのせるのもおすすめです。 ハイライト・シェーディングとして使用する場合も、薬指や中指のはらを使用していきます。 明るい色はハイライトとして使用。どこに光が集まったら魅力的になれるかを考えメイクしていきます。シェーディングとして場合するはどこを引きしめたいか、どこに影を入れたいかを考えのせていきます。 私の場合、凹凸がはっきりとした顔立ちではないため、かなり広範囲に使用しています。 おでこは丸く楕円を意識して入れ、Cゾーンには横に広げすぎないように入れます。目頭から頬の高い位置は光が集まるととくに肌が綺麗に見えるのでしっかりと入れるのがおすすめ。顎先、鼻先にはちょこんと自然に入れ、鼻筋は鼻筋全体に入れるのではなく部分的(特に低い部分など)に入れていきます。 暗い方のカラーは、眉頭から繋がるようなイメージで鼻筋の横、そして引きしめたい顔の輪郭においていきます。

デパコスの人気ハイライトを是非体験してみてください

今回は、人気デパコスハイライトTHREE(スリー)シマリンググローデュオについてご紹介していきました。 アイシャドウとしても使用することができるアイテムですので、是非一度試していただきたいです。

関連コラム