モデル画像
bookmark_off

初対面の印象が変わる!好感度UPな丸目メイク

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2022.09.12
可愛さが際立つ「丸目」に見せたいなら、下瞼メイクに力を入れて。普段使いにピッタリな洒落感溢れる旬な目元の作り方と、ここぞというときにトライしたい、SEXYなアイメイクの両方をレクチャーします。
普段使いに◎ ナチュラルなのに盛れるアイメイク
▼USE IT
色っぽさが欲しいときは……。トレンドのピンクをレイヤード
▼USE IT

普段使いに◎ ナチュラルなのに盛れるアイメイク

ワントーンで大人な洗練EYEに

モデル画像
lacore
アイシャドウは縦長感を強調するように入れるのが正解。ブラウンシャドウ(Aの★)を上瞼の中央部分から左右に広げ、目頭と目尻には色をのせないようにしましょう。下瞼にも涙袋の幅だけ同様に中央から左右に広げます。 マスカラ(B)はナチュラルに目元を盛れるブラウンを。アイライン(C)は目のフレームに合わせて引き、目尻はその延長線上に2〜3㎜延長。やや垂れ目ぎみに仕上げて。ブラウンのワントーンで仕上げた目元は丸目でも子供っぽくならずエレガントな眼差しに。

▼USE IT

使用アイテム画像
lacore
A:カラーごとに質感の異なるアイシャドウパレット『VAVI MELLO(バビメロ)』の「Enchant Eyes palette」。ビューティークリエイターとして活躍する新希咲乃さんと『VAVI MELLO』のコラボカラーです。多彩なグリッター&繊細パールが詰まったAを使用。 B:マスカラは『KANALABO(カナラボ)』の「B IDOL 愛ラッシュマスカラ」05 デカ目ブラウン。落ちない・カールキープ・セパレート、すべてを叶えるブラウンマスカラ。 C:『AQUA・AQUA(アクア・アクア)』の「オーガニックリキッドアイライナー」。繊細な目元を潤しながら、誰でも簡単にスルスル引けるこだわりの筆で印象的な目元に。パサつき知らずのツヤ漆黒のブラックで凛としたラインを描けます。

色っぽさが欲しいときは……。トレンドのピンクをレイヤード

モデル画像
lacore
色っぽさをプラスしたい時は旬のピンクを取り入れましょう。血色感とこなれ感の両方を叶えるくすんだ色味を選ぶのがポイント。
モデル画像
lacore
モーブピンク(A)を上瞼と涙袋全体に塗り、濃いブラウンピンク(B)を黒目の上に濃く入れることで縦長感を演出。下瞼の黒目下にもBをおき、左右に広げます。幅広ではなく、ラインっぽく入れるのが子どもっぽく見えないコツ。

▼USE IT

使用アイテム画像
lacore/左からCLIO プロ アイ パレット・COCOROIKI アイデザインライナー
アイシャドウに使ったのが「CLIO プロ アイ パレット」1 SIMPLY PINK。ベースカラーからポイントカラーまでがセットになった10色パレットです。Aを上瞼のベースと下瞼に使い、上瞼の黒目上にポンとのせて左右に広げたのはBのブラウンピンク。 『COCOROIKI(ココロイキ)』の「アイデザインライナー」は、パールなのに落ちにくく高密着。水、汗、涙、こすれに強くきれいな仕上がりをキープできます。 柔軟性とコシを兼ね備えた筆は、どんなラインでもブレずに描くことができるうえに、速乾性でよれやにじみによるくずれも防止でこれからの季節にピッタリ。04 メイプルローズは色気と血色感を引き立てるバーガンディー。 ー <COCOROIKI>アイデザインライナー 04 メイプルローズ/¥1,500(税込)

関連コラム