プチプラの中でも実力派を選出! 2022上半期ベストコスメ「ベースアイテム」3選
bookmark_off

プチプラの中でも実力派を選出! 2022上半期ベストコスメ「ベースアイテム」3選

anan Beauty+
anan Beauty+
2022.06.28
2022年上半期もマスクが手放せない日々でしたね。マスク生活におけるベースメイクでは“蒸れにくく崩れにくいアイテム”が活躍しているのでは? そこで今回は、時短美容家の並木まきが、2022年上半期に愛用したベースアイテムの中から、特におすすめしたいプチプラコスメをご紹介します。
下地部門:クラブ「UVシールド トーンアップ コンパクト」
日焼け止め部門:ラフラ「UVミスト クール」
ファンデーション部門:セザンヌ「ミネラルカバーBBクリーム」

下地部門:クラブ「UVシールド トーンアップ コンパクト」

「クラブ UVシールド トーンアップ コンパクト」
クリーム状なのにパフで塗る新感覚なコスメ。パフを使うことでムラになりにくく、毛穴も簡単にカバーできます。うるおい成分配合(※1)で乾燥しづらいのに、サラサラとした質感でとにかく塗りやすいのがおすすめポイント!
メイクの上からのお直しコスメとしてだけではなく、日焼け止めとして単品使いしてもOK。パフを使って塗ることで、粉っぽさや厚塗り感は出ずに仕上がります。筆者の周囲では、初夏の時点ですでに2個目が底見えするほど使っているという声も上がっています。
こちらのアイテムの上から重ねるファンデーションは基本的にはどんなものでもなじみます。少量できれいに仕上がるからコストパフォーマンス面でも優秀です。
※1 スクワラン、ポリクオタニウム-61、アルガニアスピノサ核油
【商品情報】 クラブ「UVシールド トーンアップ コンパクト」 価格:¥1,430

日焼け止め部門:ラフラ「UVミスト クール」

「ラフラ UVミスト クール」
顔にもボディにも使えるひんやりとしたミスト状の日焼け止め。シューッと吹きかけられる手軽さに加え、SPF50+/PA++++、ロングUVA対応と高機能なUV効果も期待できる優れものです。
容器を逆さにしても使えるので、日焼け止めを塗りにくい背中などにも簡単に使えます。重ねても白くならないところも優秀。使い勝手がよく、ちょっとしたお出かけ前にも手を伸ばしやすいアイテムです。10種類の美容液成分(※2)を配合しているので、日焼け止めをしながら日中のスキンケアも意識できますよ。
※2:ヨーロッパキイチゴ種子油(保湿成分)、ヒアルロン酸(保湿成分)、コラーゲン(保湿成分)、ポリクオタニウム-51(保湿成分)、リン酸アスコルビルMg(整肌成分)
【商品情報】 ラフラ「UVミスト クール」 価格:¥2,090

ファンデーション部門:セザンヌ「ミネラルカバーBBクリーム」

「セザンヌ ミネラルカバーBBクリーム」
プチプラとは思えない、つるんとしたツヤのある仕上がりが魅力のセザンヌ「ミネラルカバーBBクリーム」。薄づきでも毛穴が目立ちにくい肌に導いてくれます。
ウォータープルーフ処方なので、汗をかきやすい環境やメイク直しがなかなかできない日のベースメイクにもぴったり。肌への密着度が高く、重ねても白くなりにくく厚塗り感が出ません。大人世代のナチュラルメイクにも使いやすいプチプラコスメです。
抜け感のある仕上がりは、すっぴん肌を綺麗に見せたいときにも大活躍! シーンを選ばずに気軽に使いやすい点も高ポイントです。
【商品情報】 セザンヌ「ミネラルカバーBBクリーム」 価格:¥748
プチプラコスメと言えど、毎年アイテムの実力はアップデートされているように感じます。
今年の夏もまだマスクを外せないシーンが多いように思うので、プチプラコスメを取り入れながら、崩れにくく美容効果も期待できるベースメイクをしていきましょう。
文/並木まき

関連コラム