ハレの日メイク
bookmark_off

ハレの日に彩りを添える。きちんと華やかメイク

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2022.06.28
なにかと行事の多い春。ただ“盛る”だけではない、大人の上品さを纏うメイクで差をつけたいところ。写真撮影などで咄嗟にマスクを外しても焦らない、崩れ知らずなコスメ&メイクテクをご提案。
シーンに合わせて使える優秀パレット
フレッシュカラーのチークで愛され顔に
主張は控えめ、でもしっかり色づくティントが最適

シーンに合わせて使える優秀パレット

A.BLACKシャドウの画像
lacore
「A.BLACK GLAM CHANGE MULTI PALETTE」02 RICH ROSEの①を薄めにアイホール全体に広げたら、②を二重幅に塗り、上から③のラメをオン。 目の下は④で優しく囲み、仕上げに③のラメを乗せるとハレの日に合った華やかなピンクアイメイクが完成。
ハレの日メイクの画像
lacore
旬の赤みシャドウの色が持つ儚さで色気が際立ちます。
ハレの日メイク
lacore
下まぶたにもシャドウを入れることで、頬の余白が減り小顔効果も◎。

フレッシュカラーのチークで愛され顔に

kailijumeiチークの画像
lacore
Kailijumeiの「マジカル温感チーク」ローズレッドは、体温を感知し肌の上で最適な色合いや濃さになるユニークなチーク。
ハレの日メイク
lacore
温もりある色みのチークを入れるだけで幸福感あふれる表情に。

主張は控えめ、でもしっかり色づくティントが最適

フジコティントの画像
lacore
「フジコ ニュアンスラップティント」03 珊瑚ブラウンを均一に塗布。ツヤ・発色・潤い、膨らみさえも同時に唇にラッピング。
ハレの日メイク
lacore
素の唇がほんのり色づいたようなニュアンスカラーで、カジュアルな色気を叶えます。 カメラマン/西谷玖美 ヘアメイク/鈴木海希子 モデル/noa

関連コラム