商品の置き画
bookmark_off

一周回って新鮮!“Y2K”を取り入れたトレンドメイク

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2022.06.24
2000年代のトレンドにインスパイアされた「Y2K」。あの頃の特有の雰囲気を再現するメイクを、パーツごとに最適なアイテムとともにご紹介。メイク上級者を目指すなら、ぜひ挑戦してみて。
Y2Kメイクの象徴、ブルーシャドウを上下に
肌馴染みの良いシアーなチークをIN
仕上げはブラウンリップorグロス

Y2Kメイクの象徴、ブルーシャドウを上下に

アイシャドウの画像
lacore/左からヴィセ リシェ ジェミィリッチ アイズ BL-5 Witch's Pouch フィットスティックシャドウ #07
パール配合で、まばゆい煌めきを演出するセットアイカラー「ヴィセ リシェ ジェミィリッチ アイズ」BL-5。 ①を薄くまぶた全体に広げたら、②のラメをオン。 ー <ヴィセ>ヴィセ リシェ ジェミィリッチ アイズ/1,320円(税込)(編集部調べ) 「Witch's Pouch フィットスティックシャドウ」#07 ブルーを二重幅に引き、クールに目元を引き締めて。一度のタッチでしっかり発色し、乾くと肌に密着するウォータープルーフタイプなのでこれからの季節にもピッタリ。
目元のメイク画像
lacore
当時のアイメイクで真っ先に連想されるのがブルーのアイシャドウ。上手く取り入れるコツは“色味”のチョイス。甘いパステル系ではなく、涼しげなブルー系を選んで。

肌馴染みの良いシアーなチークをIN

three チークの画像
lacore
「THREE チーキーシークブラッシュ」21 CRYSTAL CLEARは、肌の内から滲むような血色感で頬を染めてくれます。表情全体にフレッシュな生命感を与え、透明感に満ちたピュアな印象に。 ー <THREE>チーキーシークブラッシュ/3,300円(税込)
チークのメイク画像
lacore
チークは肌に溶け込むカラーを広範囲に広げます。さらに、輪郭部分を肌とよく馴染ませて、シームレスに境目をなくすのがポイント。

仕上げはブラウンリップorグロス

リップ
lacore/左からGIRLCULT ガールカルト 山海シリーズ リップグロス 火鳥 Witch's Pouch シアーティントルージュ #07
「GIRLCULT ガールカルト 山海シリーズ リップグロス」06 火鳥は、ゴールドとピンクのラメ配合で、透明感のある輝きを纏えるグロス。重たくないのにしっかり潤うテクスチャー。コンパクトなブラシヘッドで輪郭も綺麗に描けます。
「Witch's Pouch シアーティントルージュ」#07 CHOCOLATE BROWNはシアーな赤みブラウン。ティント効果があり、朝塗った色が長続きする&落ちにくい点も嬉しい。
グロスリップの画像
lacore/GIRLCULT ガールカルト 山海シリーズ リップグロス 06 火鳥
下地にコンシーラーを使い、ラメ配合のグロスを重ねて濡れたようなツヤ感をプラス。グロスを重ねることで表情の印象がカジュアルダウン。
ブラウンリップメイク画像
lacore/Witch's Pouch シアーティントルージュ #07 CHOCOLATE BROWN
元の唇の色をうまく生かしてくれる、わずかに赤みを含んだブラウンリップ。塗り重ねてグラマラスな主役級リップにするのも◎。

関連コラム