お腹と太ももの【同時痩せ】 たった10回で引き締めを叶える「簡単習慣」
bookmark_off

お腹と太ももの【同時痩せ】 たった10回で引き締めを叶える「簡単習慣」

anan Beauty+
anan Beauty+
2022.04.26
ダイエットを進めていくと、お腹や太ももなど複数の部位が同時に気になる場合もあると思います。どうせならまとめてアプローチして、効率的にボディメイクをしたいですよね。そこで今回はヨガインストラクターの筆者が、“お腹と太ももの同時痩せが叶う簡単エクササイズ”をご紹介します。
お腹と太ももが気になる…
10回でスッキリ! お腹と太ももを同時に引き締める簡単習慣
ひざ立ちの姿勢を意識して

お腹と太ももが気になる…

ぽっこりお腹と太もものムッチリ感、どっちも気になる…。そんな人は、股関節周りの柔軟性を意識することが大切。特に、太ももの張りや内腿のたるみに悩んでいるあなたは、脚が内股になっていたり反り腰だったりしていませんか?
股関節周りの筋肉が硬く、脚の付け根が内側に内旋していて開脚が苦手な方は、反り腰になりやすいことも。日常の生活で腹筋が働きにくい姿勢になっている可能性もあります。
股関節周りの柔軟性と筋力を養って、骨盤を安定させる姿勢を手に入れてお腹や太ももをスッキリさせていきましょう。

10回でスッキリ! お腹と太ももを同時に引き締める簡単習慣

お腹と太ももを同時に引き締める簡単習慣
1.床に座り、両方の足先が左に向くようひざを曲げます 2.左脚のかかとを左お尻の横あたりに、右の足裏は左脚の太もも内側あたりに触れるようにしましょう 3.頭からみぞおちを上方へ引き上げて、腰が自然と伸びるように姿勢を整えます 4.両腕を鎖骨あたりの高さまで上げて、前方へ伸ばしてください
お腹と太ももを同時に引き締める簡単習慣
5.両肘を軽くつかみましょう
お腹と太ももを同時に引き締める簡単習慣
6.息を吸います 7.息を吐きながら、脚の付け根前側が軽く伸ばされる位置までひざから立ち上がってください 8.息を吸いながらお尻を床に下ろします 9.7~8を1セットとし、10~15回程度行いましょう 10.終わったら脚を右側へ向け直し、反対側も同様に進めます

ひざ立ちの姿勢を意識して

ひざから立ち上がるとき、脚の付け根が伸びていない立ち方をすると効果が減ってしまいます。お尻が引き締まる位置まで立ち上がることで、脚の付け根の前側が自然と伸びるでしょう。
ポイントを意識して回数を重ねれば、お尻周りが疲れてきたり、お腹がポカポカしてきたりするはず。まずは10回からスタートして、少しずつ回数を増やしてみてくださいね!
©evrymmnt/shutterstock
上村 由夏 「マナヨガ」代表。 20代の頃、ストレス過多で喘息が再発。心身の調和こそ健康だと痛感し、ヨガセラピーを学び始める。また姿勢と歩き方から整える“マナメソッド”を発案。 現在はヨガで重要なエネルギーワークのエッセンスが残る古代ヨガをベースにした『マナメソッドセラピー』でボディ・マインド・スピリットの調和を大切にし本質的な幸せを見出すレッスンを展開中。生徒は全国にわたる。
文/上村由夏

関連コラム