おすすめカラーマスカラ3色の蓋が開いている写真
bookmark_off

さりげなく雰囲気チェンジ!カラーマスカラでおすすめの色は?

みしま
みしま
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.10.12
メイクやファッションで色を楽しみたい季節、カラーマスカラはぜひ挑戦してみたいアイテムのひとつですよね。 カラーマスカラは、長さやボリュームを出してくれるだけでなく、目元に特別な雰囲気を与えてくれます。 しかし、黒や茶色のマスカラとは違い、使い方を間違えると派手になりすぎる心配も・・・。 そこで今回は、さりげなく使えるおすすめカラーと、カラーマスカラをメイクに取り入れる際のポイントをご紹介します。
カラーマスカラで印象的なまつ毛に
さりげなく使えるおすすめカラー3選
「こなれ感」の出るカラーマスカラの使い方
カラーマスカラで新しいメイクに挑戦しよう♪

カラーマスカラで印象的なまつ毛に

カラーマスカラ3種類が並んでいる写真
目元に色を取り入れる方法は、アイシャドウやアイライナー、カラーコンタクトなど様々です。 その中でも、カラーマスカラで色を取り入れることにはどんなメリットがあるのでしょうか? ここではカラーマスカラを使うメリットをご紹介します。 まずひとつめは、「目元に軽い印象を与える」ことです。 黒色や濃い茶色のマスカラは目元をくっきり濃く見せることに有効ですが、そのぶん重たい印象になってしまう場合も・・・。 その点カラーマスカラは、まつ毛の色を明るくトーンアップすることで目元の印象を軽くしてくれます。 目周りの色とのコントラストが下がるため、透け感のあるアンニュイな目元を演出することも可能です。 ふたつめのメリットは、「パーソナルカラーにとらわれないメイクができる」こと。 パーソナルカラーを決める大きな要素のひとつが「毛の色」です。 そんな毛の色をコントロールすることのできるカラーマスカラは、メイクに新しい可能性を与えてくれます。 他のメイクとまつ毛のトーンを合わせることで違和感をなくし、どんな色も似合わせることができるのです。

さりげなく使えるおすすめカラー3選

ここでは実際に私が使っている中から、派手になりすぎないおすすめカラーを3色ご紹介します。

トレンド感のあるアンニュイな目元に!オレンジ系カラー

ケイトカラーマスカラのスウォッチ
どのポイントメイクでも人気のあるオレンジカラー。 まつ毛に取り入れると、ヘルシーで透明感のある印象を演出してくれます。 私が使っているオレンジ系カラーマスカラは、KATE(ケイト) ラッシュフォーマ― BR-1オレンジブラウン。 細かい繊維が入ったロングタイプのマスカラなので、自然な長さを出したい方にもおすすめです。 ブラウンのやわらかさとオレンジのヘルシーさを持ち合わせた絶妙な発色で、アンニュイな目元を作ることができます。 オレンジ系カラーマスカラは、肌なじみの良さが魅力のひとつ。 周りの肌になじんでまつ毛のトーンを上げてくれるので、目元に透け感を持たせることができます。 トレンドのヘルシーカラーにも勿論、普段使いできるブラウンアイシャドウとの相性も良いので、とても挑戦しやすいアイテムです。

部分使いで存在感アップ!レッド系カラー

エレガンスクルーズカラーマスカラのスウォッチ
次にご紹介するのは、レッド系カラーマスカラ。 レッドは少し派手な印象のある色ですが、部分使いをすることでさりげなく存在感を出すことができます。 私が使っているのは、エレガンスクルーズ カラーフラッシュマスカラ RD01です。 細かな繊維がまつ毛をキャッチし、発色もとても鮮やか。 ウォータープルーフタイプなので汗・水に強く、とても軽い着け心地なので、イベント用メイクにもぴったりのマスカラです。 レッド系カラーマスカラは全体にも使えますが、さりげなく取り入れるなら部分使いがおすすめ。 目尻や下まつ毛などポイントで使うことによって、「ちょっと雰囲気変わった?」と言われること間違いなし! 相性のいいカラーは、レンガ色やテラコッタ、赤みブラウンなど。 また、淡いレッド・ピンク系のアイシャドウと合わせて、可愛らしい雰囲気のうさぎメイクを楽しむこともできます♡

色っぽい雰囲気に♡ワイン系カラー

ウズカラーマスカラのスウォッチ
3つめにご紹介するのはワイン系カラーのカラーマスカラ。 ワイン・ボルドー・バーガンディ・カシス・パープルなどの色は、大人の女性らしい魅力を引き立てます。 私が使っているワイン系カラーマスカラは、UZU(ウズ) モテマスカラ バーガンディです。 UZUのカラーマスカラは、なんとウォータープルーフなのにぬるま湯で落とせる優れもの! しっかりした着け心地で、長さ・ボリュームをバランスよく出してくれます。 ワイン系カラーの特徴は、まつ毛全体に塗っても派手になりすぎないこと。 落ち着いた色に見えますが、光の加減やまばたきなどでとても魅力的に映ります。 取り入れやすいカラーなので、全体・上まつ毛だけ・下まつ毛だけ・ポイントなど、様々な塗り方で楽しめます。 くすみピンクやカシスなどを使ったエレガント系のメイク、落ち着いたトーンのファッションとも相性抜群です。

「こなれ感」の出るカラーマスカラの使い方

カラーマスカラを使ってメイクをするとき、大胆にカラーメイクをしてみるのも魅力的ですが、やはりさりげなく取り入れて「こなれ感」を出してみたいもの。 ここでは、そんな「こなれ感」を出す使い方のポイントを2点ご紹介します。
カラーマスカラを使ったアイメイク
①部分使いをマスターする カラーの特徴によっては、まつ毛の上下全体に使って派手にならないカラーマスカラもあります。 しかし、よりこなれ感を出すには部分使いがベスト。 まず初めは、簡単にお洒落に仕上がる「下まつ毛だけ」の塗り方がおすすめです。 下まつ毛に色があると、血色感や透け感が生まれ色っぽさを演出することもできます。 また、個性的でファッショナブルな印象にするなら、「目尻だけ」に鮮やかなカラーを使うのも技です。 ファッションやメイクに合わせて、様々な部分使いの方法を研究してみましょう。 ②他のメイクとのバランスを考える カラーマスカラを使ってこなれ感を出したいとき、ほかのメイクを控えめにすることも重要です。 例えば、カラーマスカラ・リップ・チークに鮮やかな色を使ったとき、アイシャドウをカラーレスに仕上げることで、目元にヌケ感を出すことができます。 このように、全ポイントが鮮やかになりすぎないよう計算してメイクすると、一気にお洒落なトレンド顔を作ることができます。 なりたい印象をイメージして、バランスの良いメイクをマスターしましょう♪

カラーマスカラで新しいメイクに挑戦しよう♪

少し派手なイメージを持つ方もいるかもしれませんが、色の選び方や使い方によって、とてもお洒落なトレンド顔にもなれます。 カラーメイクに挑戦したい方は、ぜひまつ毛から色を取り入れてみてください! 様々な印象になれるカラーマスカラで、新しいメイクを楽しみましょう♪

関連コラム