【フェイスパウダーとは】基本の使い方を解説!メイク初心者さんにおすすめしたい編集部一押しパウダーも◎
bookmark_off

【フェイスパウダーとは】基本の使い方を解説!メイク初心者さんにおすすめしたい編集部一押しパウダーも◎

ふぉーちゅん(FORTUNE)
ふぉーちゅん(FORTUNE)
2022.04.18
マスク着用時に欠かせない、ベースメイクの定番アイテム“フェイスパウダー”。今回は、これさえ読めばフェイスパウダーをバッチリ使いこなせる、フェイスパウダーの基礎知識や使い方を徹底解説。さらに、ふぉーちゅんの【マスクにつかないフェイスパウダーランキング】第1位を獲得した、メイク初心者さん必見の編集部一押しパウダー、『SRICHAND(シーチャン)』もご紹介します!
マスクメイクの必需品“フェイスパウダー”
フェイスパウダーとは?
フェイスパウダーの基本的な使い方
初心者さんにおすすめ!タイコスメ『SRICHAND(シーチャン)』
SRICHAND(シーチャン)パウダーの意外な使い方3選
フェイスパウダーで崩れ知らずの美肌に

マスクメイクの必需品“フェイスパウダー”

フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
日頃からマスクの着用で、蒸れによる肌のテカリやベタつき、擦れに伴うメイク崩れなどに悩まされている方はいませんか?マスクを外した時に肌がテカっていたり、マスクにメイクがべったりついていると、思わずギョッとしてしまいますよね。そんなマスクメイクや、メイク崩れの悩みを解決してくれるのが、“フェイスパウダー”です。マスクの着用が日常的になる前から、フェイスパウダーを使っていたという方も多いと思いますが、マスクメイクが当たり前になって、フェイスパウダーへの関心はさらに高まっています。そこで今回は、フェイスパウダーを使ったことがない方や、メイク初心者の方でも、今日からフェイスパウダーをバッチリ使いこなせる、フェイスパウダーの基礎知識や使い方を徹底解説。さらに、メイク初心者さんにおすすめしたい、編集部一押しのフェイスパウダーもあわせてご紹介します。こちらの記事では、ふぉーちゅんの【マスクにつかないフェイスパウダーランキング】で栄えある第1位を獲得した、タイ発の実力派フェイスパウダーブランド、『SRICHAND(シーチャン)』をピックアップ。是非フェイスパウダー選びや、使い方の参考にしてみてください。

フェイスパウダーとは?

フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
フェイスパウダーとは、主にベースメイクの仕上げに使用するアイテムで、おしろい(白粉)・お粉・フィニッシュパウダーなどと呼ばれることもあります。フェイスパウダーの基本的な役割は大きく3つ。
フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
①肌をキレイに見せる肌の毛穴や凹凸を自然にカバーし、キメを整えて、なめらかな肌に見せる効果があります。高いカバー力を持つファンデーションとは異なり、油分が含まれていない軽やかなつけ心地で、肌悩みが目立ちにくい、よりナチュラルな肌に。フェイスパウダーの種類によって、マットやツヤなど、肌の質感も操ることができ、ファンデーションだけで仕上げた時よりも、肌をキレイに見せてくれます。
フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
②メイク崩れを防ぐ肌の余計な油分を吸着し、汗・皮脂によるテカリやベタつきを抑えて、メイク崩れを防止します。サラサラとした仕上がりで、崩れやすいTゾーンのメイクにも効果があり、メイクしたての肌を長時間キープ。さらにマスク着用時のメイク崩れや、メイクがマスクに擦れることで起こる色移り、マスクと肌の摩擦なども軽減することができます。
フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
③メイク直しにもベースメイクをお直しする際、ファンデーションを重ね塗りすると、厚ぼったくなってしまう可能性があります。そのため、メイク直しには軽い仕上がりのフェイスパウダーを使い、テカリやベタつきを抑えながら、肌をカバーするのがおすすめです。

フェイスパウダーの種類

フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの種類・プレスト / ルース
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの種類・プレスト / ルース
フェイスパウダーの形状は大きく2種類あり、主に“プレストパウダー”と“ルースパウダー”に分けられます。
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの種類・プレスト
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの種類・プレスト
プレストパウダーとは、パウダーを圧縮して固めた、固形タイプのフェイスパウダーを指します。ルースパウダーよりもカバー力が高く、マットな質感に仕上がるものが多いです。また、固形状で粉飛びしにくいため、外出時のお直しなど、持ち運び用としても重宝します。デパコスでは、NARS(ナーズ)の「ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N」通称リフ粉、プチプラコスメではCEZANNE(セザンヌ)「UVクリアフェイスパウダー」などが有名です。
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの種類・ルース
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの種類・ルース
ルースパウダーとは、サラサラとした粉末タイプのフェイスパウダーのこと。ふんわり軽やかなつけ心地で、よりナチュラルな肌に仕上がるのが特徴です。プレストパウダーよりも薄づきのため、ファンデーションや素肌のツヤを残した、透明感のある肌に。デパコスでは、shu uemura(シュウ ウエムラ)の新作コスメ「アンリミテッド mopo ルース パウダー」、プチプラコスメではちふれの「ルース パウダー」が、最近注目を集めています。定番コスメとしては、Chacott(チャコット)の「フィニッシングパウダー」も有名です。

フェイスパウダーの選び方

フェイスパウダーは、目的に応じた形状や、なりたい仕上がりに合わせた色や質感、配合成分などで選ぶことができます。
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの選び方・用途
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの選び方・用途
①用途で選ぶ持ち運び用のフェイスパウダーが欲しい方には、プレストタイプがおすすめ。ポーチ収納にも便利な、薄型のコンパクトケースにセットされているものが多く、大半のものにはミラーやパフが内蔵しているため、外出先でのお直しに活躍します。また、最近では紫外線防止効果のあるフェイスパウダーもあり、日焼け対策として使用する場合は、SPF・PAの数値で選ぶのも良いでしょう。
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの選び方・マット / ツヤ
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの選び方・マット / ツヤ
②質感で選ぶ仕上がりの違いにおいては、マット肌には密着度の高いプレストタイプ、ツヤ肌には軽やかなルースタイプがぴったりです。中にはパールやラメが配合されているものもあり、ツヤ感を高めたり、光で肌の凹凸を目立たなくする効果が期待できます。
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの選び方・肌色
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの選び方・肌色
③肌色で選ぶプレストタイプ・ルースタイプという形状の違いの他、カラーも様々なバリエーションが展開されています。ベーシックなベージュ・オークルタイプのフェイスパウダーは、ご自身の肌やファンデーションの色に合わせて選びましょう。カラーレスなクリアタイプのフェイスパウダーは、どんなファンデーションや肌色にも合わせやすく、高いカバー力はないものの、厚塗り感のないナチュラルな仕上がりに。“光る・輝く・透き通った”などの意味から、ルーセントタイプと呼ばれることもあります。色選びに迷った方や、初めてフェイスパウダーを購入する方は、自然な仕上がりのベージュ・オークルタイプ、もしくはクリアタイプを選ぶと良いでしょう。
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの選び方・肌悩み
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの選び方・肌悩み
④肌悩みで選ぶベージュ・オークルタイプ、クリアタイプの他にも、肌悩みに合わせて選べる多彩な色つきフェイスパウダーがあります。・ピンク:肌の透明感を高め、自然な血色感を与える。・パープル:黄ぐすみなどをカバーして、透明感を与える。・グリーン:肌の赤みをカバーする。・ホワイト:肌に明るさと透明感を与える。さらに、複数のカラーがマーブル模様、モザイク模様などで一体となったフェイスパウダーもあり、複数色をブレンドしたり、部分的にコントロールカラーとして使うこともできて、昨今人気が高まっています。カラフルなフェイスパウダーの中では、特にエレガンスの「ラ プードル オートニュアンス」が有名です。また最近では、5色のコントロールカラーが1つになった、CANMAKE(キャンメイク)の「マシュマロフィニッシュパウダー ~Abloom~」も注目されています。
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの選び方・成分
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーの選び方・成分
⑤配合成分で選ぶ乾燥肌の方は、ヒアルロン酸やセラミド、アミノ酸、グリセリンなど、保湿成分が高配合されたフェイスパウダーを選ぶのがおすすめ。乾燥やパサつき、粉っぽさが懸念されるフェイスパウダーですが、このような保湿成分が多く配合されているものは、比較的しっとりとした質感で、乾燥しにくいケースが多いです。

フェイスパウダーの基本的な使い方

フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
フェイスパウダーの主な役割や種類、選び方が分かったところで、ここからはフェイスパウダーの基本的な使い方をご紹介していきます。フェイスパウダーを使う順番や、パフ・ブラシを使ったフェイスパウダーのつけ方、メイク直しのやり方まで。フェイスパウダーがお手元にある方は、是非試してみてください。

フェイスパウダーを使う順番

フェイスパウダーとは|フェイスパウダーを使う順番
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーを使う順番
肌をしっかりとカバーしたいときは、①スキンケア②化粧下地③ファンデーション④フェイスパウダーの順番で、ベースメイクの仕上げにフェイスパウダーをつけましょう。ナチュラルメイクに仕上げたいときは、①スキンケア②化粧下地③フェイスパウダーと、化粧下地の上からフェイスパウダーを塗布して、軽く仕上げるのがおすすめです。スキンケア後に、そのままフェイスパウダーだけを塗布するケースもありますが、化粧下地には肌の保湿や保護、化粧崩れ防止といった重要な役割があるため、簡単に仕上げたい場合でも併用しておくと安心ですよ。

フェイスパウダーのつけ方

フェイスパウダーとは|フェイスパウダーのつけ方・パフ / ブラシ
フェイスパウダーとは|フェイスパウダーのつけ方・パフ / ブラシ
フェイスパウダーのつけ方は、“メイクブラシ”で塗布する場合と、“パフ”で塗布する場合の大きくふた通りあります。メイクブラシは、よりふんわりとしたナチュラルな肌に仕上げたいときや、肌のツヤ、透明感を出したいときにおすすめ。パフは、メイクブラシよりも密着度が高いため、よりカバー力が求められるシーンに向いています。皮脂が気になる小鼻周りなど、細かい箇所まで塗布しやすく、比較的マットな肌に仕上がりますよ。
メイクブラシを使う場合は、ブラシにパウダーを含ませ、手の甲などでパウダーの量を調整し、顔の中心から外側に向かって塗布します。この時、密着度の高いプレストパウダーであれば、肌を優しくなでるようにサッとひと塗り。ルースパウダーであれば、少量のパウダーをくるくると円を描くようにつけると良いでしょう。その後、キレイなメイクブラシで肌についた余分なパウダーを払うことで、より透明感やツヤ感が際立つ仕上がりに。
パフを使う場合は、パウダーを取ってよく揉み込み、手の甲などでパウダーの量を調整して、パフを肌に置くようなイメージでのせていきます。肌の上をすべらせるのではなく、肌に押し当てるように塗布するのがポイント。小鼻などの細かい箇所は、パフを折り曲げると塗布しやすくなります。

フェイスパウダーが浮く、粉っぽくなる場合

フェイスパウダーの悩みとして多く挙げられるのが、「フェイスパウダーが浮く」「粉っぽくなる」という2点。どちらの場合も、まずは「肌が乾燥していないか」「パウダーをつけすぎていないか」をチェックしてみてください。肌が乾燥していると、うるおい不足で肌がゴワついたり、逆に皮脂が過剰に分泌されたり、化粧のりが悪くなって、フェイスパウダーの粉浮きや粉っぽさにつながります。メイク前に化粧水と乳液、必要に応じてクリームなどでしっかりとうるおいを補給して、肌の状態を整えましょう。また、肌悩みをカバーしようと、フェイスパウダーを過剰にのせてしまうケースにも注意が必要。フェイスパウダーには肌の油分を吸着する役割があるため、過剰に塗布すると、肌に必要な油分までも失ってしまい、粉っぽさの原因になることがあります。また、ベースメイクの厚ぼったさにつながり、表面が粉浮きしたり、粉っぽく見える可能性も。その場合は、メイクブラシを使って軽く仕上げたり、パフを使うときでも余分な粉をしっかりと落としてから塗布すると良いでしょう。

メイク直しで使う場合

メイク直しの時は、ティッシュやあぶらとり紙などで、軽く皮脂を抑えてから、フェイスパウダーを塗布します。この時、皮脂を過剰に取ってしまうと、乾燥の原因となり、メイクも崩れやすくなるため、軽く抑える程度に留めておくと良いでしょう。

初心者さんにおすすめ!タイコスメ『SRICHAND(シーチャン)』

ここからは、メイク初心者さんにおすすめしたい、編集部一押しのフェイスパウダーをご紹介。新しくフェイスパウダーを探している、何を使えば良いのか分からない、という方は是非参考にしてみてください。

タイ売上No.1*『SRICHAND(シーチャン)』とは

フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)
フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)
今回ピックアップするのは、ふぉーちゅんの【マスクにつかないフェイスパウダーランキング】で第1位を獲得した、高温多湿なタイ発の国民的フェイスパウダーブランド『SRICHAND(シーチャン)』。タイの小さな漢方薬局から生まれた、70年以上もの歴史を持つ老舗ブランドで、タイの大人気コスメショップ『EVEANDBOY(イブアンドボーイ)』や、タイ大手ドラッグストアチェーン『Watsons(ワトソンズ)』のベストセラーも受賞*する、優秀なコスメを多数展開しています。
フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)
フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)
2020年には待望の日本上陸を果たし、「マスクでもメイクが溶けない」フェイスパウダーとしてSNSでも話題に。タイに留まらず、日本国内でも芸能人やモデル、インフルエンサーに愛用され、注目を集めています。また、SRICHAND(シーチャン)は、美容師やヘアメイクアーティストの間でも広まっており、美容のプロも認める高い機能性を備えているんです。さらに、昨今注目が集まっている、動物実験を行なっていないクルエルティフリーのブランドで、日本で取り扱いされている製品は、全てヴィーガンコスメ。人にはもちろん、地球や動物にも優しい自然派コスメを展開しています。* WATSONS HWB AWARDS 2021 ルースパウダーカテゴリー(Bare パーフェクト トランスルーセントパウダー)* EVEANDBOYベストセラー 2018〜2020年連続受賞(トランスルーセントパウダー)* THAILAND ZOCIAL AWARDS 2020 コスメ部門1位受賞
ふぉーちゅんの【マスクにつかないフェイスパウダーランキング】では、①手の甲にファンデーションを塗り、その上からフェイスパウダーを塗布②コットンで6回ふき取り、ファンデーションの色移りをチェックという方法で、コットンへの色移りが少ない優秀なフェイスパウダーを検証、ランクづけしました。大人気プチプラコスメのCANMAKE(キャンメイク)やCEZANNE(セザンヌ)、デパコスのNARS(ナーズ)やTHREE(スリー)、コスメデコルテといった強者が揃う中、第1位を獲得したSRICHAND(シーチャン)の「トランスルーセントパウダー」。実際に検証をしている様子や詳しいランキング結果は、YouTube動画や記事でご覧いただけますので、是非チェックしてみてくださいね。

SRICHAND(シーチャン)パウダーの種類

日本で発売されている、SRICHAND(シーチャン)のフェイスパウダーは全4種。値段も990円〜とプチプラで、バラエティショップやドラッグストアで購入できるため、誰でも手に取りやすいのが特徴です。一部店舗では取り扱いがない場合がありますので、ご購入の際は、事前にお近くの店舗にお問い合わせくださいね。
シーチャン トランスルーセントパウダー 10g ¥1,980(税込)
「トランスルーセントパウダー」内容量:4.5g / 10g価格 : 990円 / 1,980円(税込)タイで年間150万個*1以上売り上げる大ヒット商品「トランスルーセントパウダー」。肌色を問わず使うことができる、半透明粒子のトランスルーセントタイプで、肌の自然な輝きを引き出し、透明感のあるなめらかな肌へと導きます。ローズマリー葉エキス、クロフサスグリ種子油、フウセンカズラ花/葉/つるエキス、ヒマワリ種子油など、ナチュラルな保湿成分配合で、皮脂を吸着しながらも、乾燥しにくい仕上がり。咲き誇る花々の間を蝶が舞う、大人っぽい上品なパッケージが特徴です。*1 EVEANDBOY売上実績より
シーチャン Bare(ベア)パーフェクト トランスルーセントパウダー 10g ¥1,980(税込)
「Bare(ベア)パーフェクト トランスルーセントパウダー」内容量:4.5g / 10g価格 : 990円 / 1,980円(税込)2022年4月から発売されたばかりの新作「Bare(ベア)パーフェクト トランスルーセントパウダー」は、優れたオイルコントロール力で、12時間以上*2のロングラスティングを叶えるフェイスパウダー。汗・水・皮脂に強く、マスクにメイクがつきにくいマスクプルーフ処方で、メイク崩れを防ぎ、キレイな仕上がりを長時間キープします。さらに、空気中の微粒子(ちり・ほこり・花粉など)や汚れ、PM2.5からも素肌を守る、マルチディフェンス機能が搭載されているのも嬉しいポイントです。*2 タイ現地の試験結果により
シーチャン Bare(ベア)パーフェクト グローイング トランスルーセントパウダー ¥1,980(税込)
「Bare(ベア)パーフェクト グローイング トランスルーセントパウダー」内容量:10g価格 : 1,980円(税込)日本とタイの共同開発で生まれた、2022年4月発売の新作「Bare(ベア)パーフェクト グローイング トランスルーセントパウダー」。繊細なラメやパールが配合されていて、圧倒的なツヤ肌と透明感を叶えるフェイスパウダーです。シルクのようになめらかな粉質で、しっとりと肌になじみ、肌のうるおいをキープ。さらに余分な皮脂も吸収し、一日中くすみのない明るいツヤ肌が続きます。
シーチャン ブラックエディション オイルコントロールパウダー ¥1,980(税込)
「ブラックエディション オイルコントロールパウダー」内容量:11g価格 : 1,980円(税込)オイルコントロールに特化した「ブラックエディション オイルコントロールパウダー」は、テカリ&皮脂をブロックして、サラサラの好印象肌へ導くジェンダーレスなフェイスパウダー。シルクのように軽いつけ心地のルースパウダーが、余分な皮脂を吸収して、テカリを瞬時にリセットします。スタイリッシュなブラックのパッケージが特徴で、オイリー肌の方や、マットな肌に仕上げたい方におすすめです。

SRICHAND(シーチャン)パウダーの意外な使い方3選

フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)トランスルーセントパウダー
フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)トランスルーセントパウダー
タイ発の実力派フェイスパウダー、SRICHAND(シーチャン)の使い方は、肌をキレイに見せたり、メイク崩れを防止するだけではありません。半透明粒子のトランスルーセントタイプだからこそ、髪の毛やポイントメイクにも活用できて、1つ持っていると様々な場面で重宝するんです。いつもフェイスパウダーを使い切れないと悩んでいる方も、是非参考にしてみてください。

清潔感のあるふんわり前髪をキープ

フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)トランスルーセントパウダー使い方
フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)トランスルーセントパウダー使い方
汗をかきやすい夏場や、マスクの蒸れによるベタつきが気になるシーンでは、前髪がおでこに張りついて、せっかくのスタイリングが台無しになってしまいますよね。そんな前髪の悩みにも、SRICHAND(シーチャン)の「トランスルーセントパウダー」が活躍します。前髪を櫛で整えたら、パウダーを付属のパフに取って、余分な粉を落とし、おでこと生え際に塗布してみましょう。ベタつきが抑えられ、髪が張りつきにくくなり、サラサラなふんわり前髪が復活します。

ベタつき回避で脱のっぺり眉

フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)トランスルーセントパウダー使い方
フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)トランスルーセントパウダー使い方
眉マスカラを使う方は、マスカラを塗布する前に、SRICHAND(シーチャン)の「トランスルーセントパウダー」を仕込んでみてください。パウダーを付属のパフに取って、眉の根元や地肌にもパウダーが薄くつくよう、眉全体を複数回タップ。その上から眉マスカラを塗布することで、マスカラ液が地肌につきにくくなり、ベタッとしない立体感のあるアイブロウが完成します。眉毛1本1本のボリュームも自然にアップし、ふさっとしたしっかり眉に。

マスカラをボリュームアップ

フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)トランスルーセントパウダー使い方
フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)トランスルーセントパウダー使い方
眉マスカラだけでなく、まつ毛に塗るマスカラにもSRICHAND(シーチャン)の「トランスルーセントパウダー」を。ビューラーでまつ毛を上げた後、まつ毛を全体に薄くパウダーがつくように塗布し、マスカラを重ねます。そうすることで、マスカラ液のつきが良くなり、まつ毛1本1本が太く濃い印象に。カラーマスカラの場合は、より発色が高まるというメリットもあります。また、目もとの油分を抑えることができるため、まつ毛のカールがより長持ちするのも嬉しいポイントです。

リップの発色と質感を簡単チェンジ

フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)トランスルーセントパウダー使い方
フェイスパウダーとは|タイコスメ・SRICHAND(シーチャン)トランスルーセントパウダー使い方
なんとリップを塗るときにも、SRICHAND(シーチャン)の「トランスルーセントパウダー」が活躍します。リップを塗る前の下地として、パウダーを唇全体に薄く塗布することで、リップの発色がアップ。さらに、ツヤのあるリップの上から薄くパウダーを重ねると、簡単にセミマットな質感にニュアンスチェンジすることができます。唇表面がサラサラになるため、マスクにもつきにくく、飲食時にグラスなどにリップがつくのも防いでくれます。

アイプチに仕込めば二重が長持ち

SNSでは、アイプチ前にSRICHAND(シーチャン)の「トランスルーセントパウダー」を仕込むことで、二重まぶたが長持ちしたという声も。目もとの油分をしっかりと抑えることで、粘着効果が高まり、理想の目もとを長時間キープすることができます。アイプチだけでなく、アイシャドウやアイライナーの仕上がりも高めることができるため、アイメイク前にパウダーを薄く塗布しておくと良いでしょう。

フェイスパウダーで崩れ知らずの美肌に

フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
フェイスパウダーとは|基本の使い方を解説
いかがでしたか?今回は、日頃のマスクメイクや、メイク崩れの悩みを解決してくれる、“フェイスパウダー”の役割や種類、使い方まで基礎から解説しました。これから訪れる、春夏のあたたかい季節には、特に欠かせなくなるアイテム。今のうちに使い方をマスターして、快適な夏のメイクを楽しんでみてください。さらに、ふぉーちゅんのコスメ検証でも第1位を獲得している、実力派フェイスパウダー『SRICHAND(シーチャン)』も、あわせてチェックしてみてくださいね。メイク初心者の方でも使いやすい、肌なじみの良いトランスルーセントタイプなので、様々なシーンで活躍すること間違いなしです。SRICHAND(シーチャン)のフェイスパウダーは、ロフトやドンキホーテ、ショップインなどのバラエティストアや、ドラッグストア等で購入することができます。一部店舗では取り扱いがない場合がありますので、事前にお近くの店舗にお問い合わせくださいね。あなたも、優秀なフェイスパウダーを使いこなして、マスクメイクでも真夏でも、崩れ知らずの美肌をゲットしてみませんか?

ふぉーちゅんとは?

過去5万個以上のコスメをレビューしている、美容メディアFORTUNE(ふぉーちゅん)。現在でも毎月150個以上のコスメを、美容資格を多数取得している美容ライター歴5年以上の編集部員が、ユーザー目線でレビューしています。<ふぉーちゅん編集部員取得資格一覧>●日本化粧品検定(コスメ検定)1級●コスメコンシェルジュ●顔タイプアドバイザー1級●化粧品成分検定1級(化粧品成分上級スペシャリスト)●日本メイクアップ知識検定試験(ベーシック)●パーソナルカラーアナリスト(12タイプ診断)そんな美容やコスメが大好きな編集部員が、デパコス・プチプラコスメ・海外コスメ(中国 / 韓国 / タイetc.) などの最新コスメ情報を、どこよりも速くお届け!新作コスメ情報だけでなく、スキンケア検証やメイク動画など、様々な美容コンテンツを毎日配信しています。あなたの「欲しい」がきっとみつかる美容メディアです♡
▶︎FORTUNE(ふぉーちゅん)編集部の編集ポリシーについては下記をご覧ください。https://fortune-girl.com/guideline
----------------------------------------------------------【執筆】使用感は、化粧品検定1級/美容ライター歴5年以上の編集部ライターによる感想です。---------------------------------------------------------

関連コラム