アイテム3点の置き画像
bookmark_off

キツすぎない大人の目力に!強さも儚さも纏える“下まぶた”メイク

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2022.06.06
アイメイクの中で見落としがちな下まぶた。実は使うカラーや塗り方によって雰囲気をガラッと変え、顔の印象を左右する重要な役目を秘めています。なりたい目元別にアイテムとテクニックをチェックしてみて。
さりげなく目の存在感をUP
メリハリを出して強い眼差しに
洒落感を宿して垢抜けeyeに

さりげなく目の存在感をUP

aZTK 4色アイシャドウパレット ​​01 ビスクシュシュの画像
lacore
明るめのブラウン(②)をふんわりと涙袋にのせ、締め色(④)は目頭から目尻に細く入れることで、自然な陰影がつき、ナチュラルに目の印象を際立たせます。 「#aZTK 4色アイシャドウパレット」 ​​01 ビスクシュシュは、ソフトなブラウンからチョコレートのようなこっくりブラウンが揃った、デイリー使いしやすい4色がセット。馴染みの良いゴールドベースのラメ(③)を使えば、上品かつ華やかなメイクにも対応可能。

メリハリを出して強い眼差しに

和粧 麻雀アイシャドウ 索子牌とPeach C ウォータープルーフフィキシーライナー 01ブラックの画像
lacore
意思のあるはっきりとした目元に仕上げたいときは、下まぶたの目頭のみ黒ラインを入れ、パール入りのアイシャドウを涙袋全体にのせて。コントラストが出て程良く目のフレームが強調されます。 滑らかにラインを描くことができる「Peach C スリムウォータープルーフ フィキシーライナー」。01 ブラックは、くっきりと鮮明に発色します。慎重になり過ぎず、さらっと軽いタッチで描くのがポイント。 単色アイシャドウの「和粧 麻雀アイシャドウ」 索子牌 一索は、上品なパール入りのコーラルピンク。自然に目元を明るく見せてくれる控えめなパールは、涙袋にのせることでツヤと立体感もプラス。

洒落感を宿して垢抜けeyeに

ETUDE プレイカラー アイシャドウ ワインパーティーの画像
lacore
抜け感を出したいときは、パープルやボルドーなどを加えるのが◎。下まぶたに赤みをプラスすることで、センシュアルで儚げなムードを纏うことができます。 深みのあるレッドやボルドーカラーがセットされた「ETUDE プレイカラー アイシャドウ」ワインパーティー」。洒落感と色気たっぷりな眼差しに。 仕上げにマスカラで目幅を拡大して。「WAKEMAKE オーバーボリュームプルーフマスカラデュオセット」は、まつ毛一本一本に長さとボリュームを出しつつも、ふんわり軽い仕上がりになるのが魅力。下まつげにも塗りやすい細いブラシが◎。

関連コラム