メンソレータムアクネス 薬用クリーム洗顔・薬用クリア化粧水の写真
bookmark_off

シトラスの香り!アクネス洗顔料と化粧水でニキビ対策!

みこ
みこ
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.10.10
こんにちは! 皆さんは、ニキビ対策に何をしていますか? 今回ご紹介するものは、アクネスの洗顔料とふきとり化粧水です! アクネス基礎化粧品は、ロングセラーのティーン向けニキビケアブランドとして有名ですが、大人ニキビにも非常に役立ちます! アクネス基礎化粧品の魅力と、ニキビについての基礎情報をご紹介していきます。
ニキビとお肌トラブルについて解説
アクネス洗顔料の「ココが魅力!」を徹底解説!
アクネスのふきとり化粧水でお肌すっきり!
プチプラアクネス基礎化粧品で大満足!

ニキビとお肌トラブルについて解説

ニキビが発生してしまう理由

皮脂の分泌量は気温が上昇したときなどに増えると言われていますが、10代の思春期や、糖分や脂肪分の多い食生活などでも増えてしまうことがあるそうです。そして、増えた皮脂が毛穴につまることで、ニキビが発生しやすくなってしまうのです。
厚くなった角層が毛穴をふさいでしまい、皮脂や肌の老廃物がつまってニキビが発生してしまいます。 睡眠不足や疲労など生活習慣の乱れや、肌の乾燥、紫外線による刺激などで肌のターンオーバーが乱れると、角化異常を起こしやすくなるそうです。
アクネ菌とは、皮膚表面や毛穴の中にいるさまざまな細菌の1種です。普段は肌を弱酸性に保つなど、肌を守る働きをしているアクネ菌ですが、毛穴がつまって酸素が少なく、皮脂など栄養の多い環境になると過剰に増殖し、炎症を引き起こして赤ニキビを発生させてしまうそうです。
メンソレータムアクネス 薬用クリーム洗顔・薬用クリア化粧水の写真

大人ニキビと思春期ニキビの違い

思春期に特有の皮脂の過剰分泌がニキビの主な原因です。過剰に分泌された皮脂が、毛穴につまることでニキビが発生しますが、皮脂の分泌が落ち着くにしたがって治まっていくそうです。
乾燥による肌のバリア機能の低下が主な原因です。 乾燥や強い紫外線、洗顔時の過剰な摩擦などで、このバリア機能が低下してしまうと、肌は自らを守ろうと角層を厚くしてしまい、ニキビが発生しやすくなります。 大人のニキビはあごや口もと、フェイスラインなど乾燥しやすい部位にも発生します。洗顔後は化粧水や乳液、等で肌の乾燥をくいとめることも重要なのです。

アクネス洗顔料の「ココが魅力!」を徹底解説!

パッケージ裏にも記載されていますが、ニキビのもとになるアクネ菌を除菌してくれるイソプロビルメチルフェノールが配合されていたり、お肌にうるおいを与える成分として、ビタミンCが配合されています!また、お肌にうるおいを与えると共に、保湿もしてくれるそう。 上記でもご紹介したように、皮が薄いところ等乾燥しやすい箇所は、きちんと保湿をする必要がある為、保湿やうるおい成分が入っているところは、アクネス洗顔料の1つ魅力だと思います! このような成分が入っているクリームで洗顔することで、ニキビを防ぐことができるお肌へと近づくのでしょう!
メンソレータムアクネス 薬用クリーム洗顔パッケージ裏の写真
また洗顔を行う上での注意として、ニキビができたからという理由でゴシゴシと力を入れて洗顔を行うことはNG。力を入れることで、角層が厚くなりニキビができやすくなってしまうからです。 そのため、しっかりと泡を立てて、柔らかく洗ってあげることが非常に大切になります!

アクネスのふきとり化粧水でお肌すっきり!

はじめに、ふきとり化粧水についてご紹介していきます。 ふきとり化粧水は、ピーリング効果のある成分を使って古い角質を除去してくれるアイテム。そのため、頻繁にふきとるのは大変危険です!やりすぎることで、肌がゴワゴワし、化粧水が浸透しにくくなり、メイクのノリが悪くなり、乾燥といった悪循環に陥ってしまいますので、お気をつけください! また、ふきとり化粧水をする際はコットンをひたひたに浸し、コットンに化粧水が十分に滲み込んだ状態で行うことをオススメします。
メンソレータムアクネス薬用クリア化粧水とコットンの写真
次に、アクネスのふきとり化粧水のパッケージ裏に基づき、魅力についてご紹介していきます。 まず成分についてですが、ほぼ洗顔料と同じものが含まれております!そのため、洗顔料との相性が非常によいです!また、これらにプラスして角質柔軟成分とふきとりによって、古い角質をピーリングし柔らかくしてくれる役割も果たしてくれます。

プチプラアクネス基礎化粧品で大満足!

プチプラなアクネス基礎化粧品は、さわやかな香りでお肌をさっぱり、しっとりと整えてくれます! 皆さんも自分のお肌に合った基礎化粧品をぜひ探してみてください。 最後までご覧いただきありがとうございました!

関連コラム