美肌を作る必須アイテム“ハイライト”の種類と選び方
bookmark_off

美肌を作る必須アイテム“ハイライト”の種類と選び方

miku
miku
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.10.08
皆さんは、ハイライトをどのように選んでいますか?様々な種類が展開されていて、迷ってしまいますよね。 今回は、ハイライトの種類と肌質や仕上がりの好みに合わせた選び方をご紹介致します。
ハイライトは大きく分けて“4種類”
選び方①メリハリのあるメイクに仕上げたい
選び方②ツヤ感が出る仕上がりに
選び方③肌質が"乾燥肌"の方向けタイプ
選び方④肌質が"脂性肌"の方向けタイプ

ハイライトは大きく分けて“4種類”

様々な種類が展開されていますが、それぞれ異なる形状・仕上がりに。一つずつ解説していきます。 ・パウダー 1番定番のハイライトの形状。 どんなファンデーションとも相性が良いです。 さらに、ブラシや指に適量を取って明るくしたい部分やツヤ感を出したい部分に乗せるだけで簡単に仕上がるため、メイク初心者でも使いやすいタイプです。 パウダーハイライトの中でも、ツヤ・光沢感が強く出るタイプと、メリハリを付けるような明るさを出すタイプがありますよ。 ・スティック 最近人気が高まっており、様々なブランドから発売されているトレンドの形状。 パウダーファンデとはやや相性が悪く、馴染ませ方・付け方に若干テクニックを必要とする形状なので、それなりにメイクテクニックがある方の方が使いやすいと思います。 オイルっぽさが強いものが多く、リアルな濡れ艶を演出出来るアイテム。 ・練り状 長く愛されており、様々な有名アイテムがある練りタイプ。 スティックタイプ同様、馴染ませ方にややコツが必要。使い慣れるまでは難しく感じる方もいると思いますが、カバー力が抜群。 仕上がりはセミマット~ツヤまで様々。光沢感の強いもの~馴染ませるとサラサラに変わるものまで、バリエーションが多いのも特徴的。 ・リキッド まだ取り扱いブランドの少ない、リキッド状のハイライト。 最も濡れ艶感が自然に出せる形状で、上からのせてもファンデーションに混ぜて使うことも可能。 テカリやすい肌、ムシムシするシーズンにはやや不向きです。
このように大きさや容器など形状など、種類によって様々なアイテムが展開されています。
 カラーやパール感はアイテムによって異なりますので、好みの光沢感やキラメキ感を選んでみてくださいね。

選び方①メリハリのあるメイクに仕上げたい

ハイライトを「凹凸感を出す・メリハリを付ける」という役割で選ぶのであれば、“やや明るめのカラー”を選ぶのがポイント。 ハイライトを置く場所は、鼻筋・おでこ・眉下・顎先などの『骨が出ている部分』がおすすめです。骨が出ている部分がより高く見えることで顔の凹凸感が強調され、くっきりとした顔立ちに見せることが出来ます。
肌馴染みが良い種類で0.5トーンほど明るいカラーを選んでみてください。 肌よりも明るい部分に光が集まるため、凹凸を強調させるのに効果的です。 鼻筋やあご先の皮脂が出やすい部分に使いたい場合には、サラサラのパウダータイプのハイライトが持ちが良くおすすめ。

選び方②ツヤ感が出る仕上がりに

ハイライトには“ツヤ質感”を求める方が増えてきています。
流行のツヤメイクを叶えるのにぴったりなタイプ。
 みずみずしい光沢感・潤んだツヤ感が出るものを中心に選んでいきましょう。
パウダーでも粉っぽさのない・光沢感が強いものもあるので、ブラシで簡単に仕上げたい方はパウダータイプでもツヤ感が出ます。 濡れたようなリアルなツヤを求める方は、リキッドやスティックタイプが非常におすすめ。馴染ませるのにややコツが必要ですが、ポイントを抑えれば自然に仕上がります。全体につけると不自然になってしまうため、頬の高い部分からチークをつける範囲内にのせるのがポイント。

選び方③肌質が"乾燥肌"の方向けタイプ

続いて、“肌質”にフォーカスを当てて、ハイライトを選んでいきます。 肌が乾燥しやすく時間が経つと粉が吹いてしまったり、どんなファンデーションをつけても乾燥して見えてしまう方はなかなか艶が出しづらく、持続しにくい肌タイプです。 そんな“油分の足りない乾燥肌”の方には、リキッドハイライターがおすすめ。 パウダーだとカサついてしまったり浮いてしまう方も多いので、油分が多いリキッドタイプが使いやすいですよ!
筆者イチオシなのが、SUQQUシマーリクイドハイライター! とろっと柔らかいテクスチャーで、みずみずしく・潤ったような肌に魅せてくれます。 ポンポンとファンデーションの上から重ねてもいいですし、ファンデーションに混ぜたものを頬につけるのも綺麗に仕上がります。 やや白っぽく明るいカラーなので、肌色を明るく見せる効果も期待できます。

選び方④肌質が"脂性肌"の方向けタイプ

「テカリやすいけど、艶っぽさも欲しい!」という脂性肌の方は、ハイライト選びが難しいですよね。 脂性肌の方が、パールの強いハイライトを使うとテカリに見えるだけでなく、毛穴の凹凸感も目立ちやすくなってしまうため、光沢感のない・サラサラしたパウダータイプがおすすめ。 パウダーは皮脂を吸着する効果もあるので、テカリに見えやすい肌でもうまく使うことが出来ますよ。
中でもおすすめなのが、ローラメルシエのラディアントタッチベイクドパウダー。 非常に粒子が細かく、サラッと軽いつけ心地がポイント。 夏場に使用した際にも、テカリやくすみが目立ちにくいと感じたので、暑いシーズンにも向いています。 肌なじみの良いベージュカラーで、顔全体に使いやすい万能なアイテムです。

関連コラム