アイテム3点を並べた画像
bookmark_off

たった5秒で立体感UP!顔全体のバランスを整えるメイク

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2022.03.21
手っ取り早く、知的に、美人に、上品に見せたいなら、顔全体のバランスを整えて。毎日するメイクだからこそ、難しい工程は踏みたくない…という方にも嬉しい、“5秒“で新しい自分に出会える方法を伝授します。ハイライト・シェーディング・コンシーラー・ノーズシャドウなど各アイテムを少しだけ使って、元から立体感のあるような顔立ちに。
立体感と旬のツヤ感を叶える“ハイライト”の使い方
キュッと引き締まった小顔に見せる“シェーディング”
目幅を拡大して鼻筋を通す!“コンシーラー&ノーズシャドウ”

立体感と旬のツヤ感を叶える“ハイライト”の使い方

エマズ ビー ハイライトの画像
lacore
顔を立体的に見せたいなら、ハイライトでメリハリを。目尻からこめかみ付近にちょこっとのせ、鼻先と眉間の間にも小さな丸を描くようにしてツヤをオン。線を引くように鼻筋に塗ってしまうと、鼻が長く見えてしまうので気を付けて。 とろけるように肌と一体化し、上品なツヤを生み出す「Emma’s_b マルチグロウバーム」。シマーラベンダーは儚げな透明感を演出してくれます。 細かな部分にピンポイントで塗れるスティック型なので、ナチュラルな立体感や濡れ感のある肌に見せたいときに◎。

キュッと引き締まった小顔に見せる“シェーディング”

SUSISU LUCKY COINS シェーディングの画像
lacore
理想の輪郭を思い描いたら、その外側にサッと色をのせて。フェイスラインや額の生え際など顔のフレーム部分がはっきりとしてきたら、境界線をぼかしながら馴染ませましょう。余白に影をつけることで、キュッと引き締まった小顔に見せられます。 ナチュラルな陰影を作り出す「SUSISU LUCKY COINS シェーディング」。自分の肌色やのせる部分に合わせて右側のウォームトーン2色と左側のクールトーン2色を混ぜ、色味を調整することができます。

目幅を拡大して鼻筋を通す!“コンシーラー&ノーズシャドウ”

明るい色をのせてクリアな瞳に

Huxley コンシーラーの画像
lacore
眉間と鼻筋の入り口あたりにコンシーラーをちょこんとオン。ナチュラルにハイライト効果を発揮し、目を大きく、且つ丸く見せることができます。顔の中心に明るさがプラスされることで、額までハリがあるように錯覚させられる効果も。 「Huxley リラクシングコンシーラー;ステイサンセーフ」は、細かい部分にも塗りやすいペンタイプ。2.デザートサンドはほんのりピンクで肌をワントーン明るくし、ほのかな血色感も与えてくれます。

眉頭下と鼻筋横にアイブロウを入れて彫り深い印象を作り出す

VAVIMELLO パーフェクトシェーディング&アイブロウの画像
lacore
左端のライトブラウンを小さめのブラシにとり、眉頭下のくぼみの部分に入れて。残ったパウダーでそのまま鼻筋の横までフェードアウトするように繋げれば、さらに彫り深な印象に仕上がります。 濃く入れすぎると目元が暗くなってしまうため、顔全体を見ながら少しずつパウダーを足していくのが◎。 柔らかな粉質でふんわりと肌に馴染む「VAVIMELLO パーフェクトシェーディング&アイブロウ」。赤みの少ないナチュラルなブラウン3色で、簡単にメリハリ顔を叶えます。

関連コラム