アイテム3点の置き画像
bookmark_off

実は1番重要なパーツ!? “下まぶた”で色っぽeyeに

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2022.04.28
アイシャドウも、ハイライトも、まつ毛も完璧なのに、どこか物足りない。けれど“抜け感”がトレンドの今、アイラインを足すのは少し違う。そんな時は「下まぶた」をうまく活用して。 目幅を拡大したり色っぽくしてみたり、「下まぶた」を研究すれば印象操作も自由自在。普段のメイクに少し手を加えるだけなので、マンネリ打破にも一役買ってくれるはず。目元の潜在美を引き出して、周りと差のつく美人顔へ。
温かみのある“タレ目”にしたい
少しの“色気”が欲しいときに
縦にも横にも目幅を広げ、目元に力を宿す
“透明感”を目元や顔に足したいとき

温かみのある“タレ目”にしたい

WAKEMAKE エニープルーフ ウルトラスリムアイライナー 04
lacore
優しく、温かみのある印象の“タレ目”にしたい日は、目の錯覚を利用して。 肌馴染みの良い淡いブラウンのアイライナーを下まぶたの目頭側1/2に、目尻側はキワに沿って外に向かうほど太くなるように描けば、透け感のあるタレ目に。 「Fujiko 仕込みアイライナー」は、3股に分かれたドットライナーと、垢抜けアイを叶えるカラーライナーがセットされたアイテム。04 幻想ブラウンは甘さのある柔らかなブラウンで、目元の印象を自然にUPしてくれます。

少しの“色気”が欲しいときに

ETUDE ラッシュパーム カールフィックスマスカラ プラムバーガンディー
lacore
じゅわっと熱を帯びたような熱視線の理由は、ボルドーをさりげなく下まつ毛に仕込んでいるから。 発色の良い赤みマスカラをたっぷりと塗れば、色香漂う瞳が完成。目の縦幅が広がって余白も埋まるので、心なしか頬もシュッと見えます。 三角形のストレートブラシが特徴的な「ETUDE ラッシュパーム カールフィックスマスカラ」。先端にかけて細くなっているため、少しテクが必要な下まつ毛にピッタリ。プラムバーガンディーは、ほんのりくすんだ赤みが抜け感とセンシュアルな雰囲気を与えます。

縦にも横にも目幅を広げ、目元に力を宿す

Fujiko 仕込みアイライナー
lacore
目元にぐっと力が欲しいときは、下まつ毛の隙間にドットを入れて。目を縦にも横にも広げてくれるのに、ナチュラルな印象に仕上がります。 硬めのフェルトでできたドットライナーとコシのあるカラーライナーの2種類の筆先を備えた「Fujiko 仕込みアイライナー」。01 無限ブラウンは、黒よりも優しく締めることができる色味です。 下まぶたの目尻のキワにブラウンのドットラインをちょんちょんとON。マスカラを使わずとも、まつ毛が濃くなったように見えるので、まさに“抜き”と“盛り”の両方を叶える名わき役。

“透明感”を目元や顔に足したいとき

FOCALLURE フェアリーグリッターライナー S01 フェアリーダイヤモンド
lacore
うるっとした瞳を演出するにはグリッターアイシャドウを。目元に少し足すだけで、顔全体の透明感までグッと上げてくれます。 宝石のような眩い煌めきを放つ「FOCALLURE フェアリーグリッターライナー」のS01 フェアリーダイヤモンドを下まぶたのキワ、黒目の下にちょこんとのせるだけ。 ホワイトの小粒ラメで華やかに、下まぶたに入れることでハイライト効果で白目がクリアに見ます。

関連コラム