【真実の肌質診断】思い込み“自己診断”があなたの肌荒れの原因かも?!
bookmark_off

【真実の肌質診断】思い込み“自己診断”があなたの肌荒れの原因かも?!

ふぉーちゅん(FORTUNE)
ふぉーちゅん(FORTUNE)
2022.03.02
図解でわかる肌質の見分け方|基本的に肌質は、「水分量」と「皮脂量」のバランス・肌状態によって5つに分類されます。肌質に合ったスキンケアが出来ていないと、肌トラブルの原因にも。この記事では10分で診断できる肌質診断方法をご紹介。それぞれの肌タイプの特徴・起こりやすい肌トラブル・適切なケア方法もまとめて解説します。
この記事は、こんな人におすすめ
肌質診断が必要な理由・メリット
【肌質診断】を今すぐチェック!
【A】脂性肌(オイリー肌)
【B】普通肌(ノーマルスキン)
【C】混合肌(インナードライ)
【D】敏感肌
【E】乾燥肌(ドライスキン)
日常生活から分かる◎肌状態のチェック方法
肌タイプ別特徴の早見表|起こりやすい肌トラブル・肌状態
まとめ:定期的な肌診断で自分のお肌と向き合い美肌を目指そう

この記事は、こんな人におすすめ

記事のターゲット
記事のターゲット
こんにちは、ふぉーちゅん編集部です。この記事では、肌質診断をもとに、各肌質毎の特徴や適切なケア方法をお届けします。□ これからスキンケアをはじめる□ 自分の肌質を知らない(自信がない・肌質診断をしたことがない)□ 最近肌質が変わったと感じる□ 現在、肌荒れで悩んでいる□ 自分に合ったケア方法を知りたい□ 1年中同じスキンケアを使用している上記の項目に一つでも当てはまった方は、是非最後までご覧ください。

肌質診断が必要な理由・メリット

肌質診断・スキンタイプ
肌質診断・スキンタイプ
基本的に肌質は、「水分量」と「皮脂量」のバランス・肌状態によって5つに分類されます。肌状態は、生まれつき持っている(先天的)性質と、日々のお手入れやライフスタイルによって影響を受ける(後天的)性質があり、常に一定の状態を維持しているわけではありません。また、「思春期のうちは皮脂が多く脂性肌だと思っていたけれど、30代を超えて乾燥が急激に進んだ」といったように、年齢によっても変化します。そこで重要になるのが、今の肌状態を正しく理解し、それに合ったケアをすること。「あれ?普段と何だかお肌の調子が違うな」と思ったら、その都度肌質診断を行い、自分のスキンケアを見直してみましょう。日本には四季があるので、少なくとも年に4度は診断することをおすすめします。
<基本の肌質>● 乾燥肌(ドライスキン)● 脂性肌(オイリー肌)● 混合肌(インナードライ)● 普通肌(ノーマルスキン)● 敏感肌
自分の肌質を間違って認識していると、間違ったケアによって肌トラブルを引き起こす可能性もあります。また、効果が出にくいスキンケア商品に高額を注ぎ込んでいるかもしれません。コスト的にも負担が大きいですよね。日々自分のお肌状態をチェックすることで、自分の肌質の強み(良い点)を伸ばし、弱み(悪い点、引き起こされるであろう肌トラブル)を克服できれば、美肌への近道となります。

【肌質診断】を今すぐチェック!

肌質診断|セルフ診断方法
肌質診断|セルフ診断方法

用意するもの

● 普段使用している洗顔料● タオル● あぶらとり紙

診断方法

①洗顔後、タオルで水気を拭き取りそのまま5分〜10分放置する(冬の場合は5分、夏は10分程度待つ)②時間経過後にあぶらとり紙を皮脂が出やすい頬とTゾーンに10秒間押し当て、皮脂の具合を確認③その際のお肌の状態を鏡でチェックしながら下記チャートもしくは、チェックの質問に答えよう
肌質診断チャート
肌質診断チャート

チェックが多く付くのは?何タイプ?

この4つに多く当てはまったら【A】脂性肌(オイリー肌)□ お肌のつっぱりを感じない□ 顔全体にベタつき感がある□ 目元の小じわが気にならない□ あぶらとり紙を使用すると頬とTゾーン両方に皮脂がつくこの4つに多く当てはまったら【B】普通肌(ノーマルスキン)□ お肌のつっぱりは、ほぼ感じない□ カサつきがない□ 目元の小じわが気にならない□ あぶらとり紙に皮脂は、ほぼつかないこの4つに多く当てはまったら【C】混合肌(インナードライ)□ 口周りや頬にお肌のつっぱりを感じる□ Tゾーンにだけベタつきがある□ 目元の小じわが、多少気になる□ あぶらとり紙を使用するとTゾーンのみ皮脂がつくこの4つに多く当てはまったら【D】敏感肌□ 肌に痒みや赤みがある□ ピリピリとした刺激がある□ アトピー・アレルギーがある□ あぶらとり紙に皮脂がほぼつかない(敏感オイリーや敏感混合肌の場合はつく可能性あり)この4つに多く当てはまったら【E】乾燥肌(ドライスキン)□ お肌のつっぱりを強く感じる□ カサカサする□ 目元の小じわが気になる□ あぶらとり紙に皮脂は、ほぼつかない

【A】脂性肌(オイリー肌)

【A】脂性肌(オイリー肌)
【A】脂性肌(オイリー肌)

脂性肌(オイリー肌)とは?

脂性肌(オイリー肌)は、水分量と皮脂量(油分)のどちらも多い状態のお肌のこと。お肌がテカったり、メイクが崩れやすくなる、毛穴の黒ずみや毛穴開きが目立つ、大人にきびができやすいなど、皮脂による肌トラブルにみまわれやすく、肌表面のベタつきが目立つのが特徴です。ホルモンバランスの乱れや偏った食生活など、生活習慣の乱れも脂性肌を助長させる原因となります。十分な睡眠を心がけるほか、糖質や脂質、アルコールのとりすぎには注意。規則正しい生活を心がけましょう。

ツヤとテカリの違い

脂性肌の方は、テカリに悩んでいる方も多いですが、「ツヤ」と「テカリ」の見分け方はご存知ですか?気になる部分を手のひらで触った際に、皮脂がついてくる場合は過剰皮脂による「テカリ」。手のひらで触ったときに、皮脂がついてこない場合は「ツヤ」なので、間違わないように注意しましょう。

効果的なスキンケアとチェックすべき成分

脂性肌の改善には、皮脂を抑えるケアが大切。洗顔で余分な皮脂を取り除き、しっかり保湿することで、皮脂バランスを整えましょう。脂性肌の方の中には、ベタつきが気になるなどの理由から化粧水だけでスキンケアを終わらせてしまっている方も。しかし、化粧水のみのケアでは肌内部の乾燥が進み(インナードライ)、皮脂分泌が余計に活発化するため、脂性肌の悪化を招くおそれがあります。乳液などで水分蒸発を防ぐケアはマストです。【化粧水・乳液/クリーム】ニキビができやすい方は、ノンコメドジェニックテスト済み*やオイルフリーという表記のある商品を選ぶのがおすすめ。皮脂抑制効果のある成分(ビタミンC誘導体・エストラジオール誘導体など)を取り入れるのも良いでしょう。軽いタイプの乳液やクリームを使用し、しっかりとフタをすることを忘れずに。【クレンジング/洗顔】洗浄力が高めのクレンジングや洗顔でしっかりと余分な皮脂を落としましょう。毛穴の黒ずみや開きが気になる方は、酵素洗顔やピーリングなどを併用するのもおすすめです。*すべての方にニキビができないわけではありません。

【B】普通肌(ノーマルスキン)

【B】普通肌(ノーマルスキン)
【B】普通肌(ノーマルスキン)

普通肌とは?

理想的な肌状態といえる普通肌(ノーマルスキン)は、水分量・皮脂量(油分)ともにバランスが良いでしょう。お肌のキメも細かく、肌トラブルが少ない正常な肌状態です。スキンケアを怠ってしまうと、季節的要因も重なり、乾燥肌や脂性肌に傾く可能性もあるので注意しましょう。

効果的なスキンケアとチェックすべき成分

水分量・皮脂量(油分)ともにバランスが良い状態といえるので、現状のケアを続けましょう。ただ、普通肌さんでも、季節に合わせて使用するアイテムの見直しは必要ですよ。基本的なケアができている状態なので、目元ケア(アイクリーム・まつ毛美容液)や首のケアなど、普段怠りがちな部分にも目を向けて、プラスケアをしてみてはいかがでしょうか?

【C】混合肌(インナードライ)

【C】混合肌(インナードライ)
【C】混合肌(インナードライ)

混合肌(インナードライ)とは?

「TゾーンとUゾーンで肌質が違う」というように、部分によって肌状態が異なる、脂性肌(オイリー肌)と乾燥肌(ドライスキン)が混在している肌質のこと。日本人の7割ほどが、混合肌(インナードライ)といわれています。顔の一部のみ皮脂量が多くなっている原因としては、「インナードライ(乾燥性脂性肌)」が考えられます。インナードライは、肌内部の水分が不足している状態のお肌のこと。肌内部の水分バランスが乱れることで皮脂が過剰に分泌され、肌表面が皮脂でベタついてしまっている状態です。季節の移り変わりや心身のストレスなど、環境の変化・ホルモンバランスの乱れによって混合肌(インナードライ)となる場合も。

効果的なスキンケアとチェックすべき成分

真逆の肌質が混在しているため、水分と皮脂のバランスを考えて部分別に適切なスキンケアを行う必要があります。【化粧水・乳液/クリーム】Tゾーンは皮脂を抑える成分(ビタミンC誘導体・エストラジオール誘導体など)配合のものを使用し、Uゾーンは高保湿成分(セラミド/ヒアルロン酸/スクワランなど)配合の商品を使用するなど、部分毎にケア用品を分けましょう。【クレンジング/洗顔】Tゾーンはオイルタイプ、Uゾーンはミルクタイプなど部分的に使用するクレンジングアイテムを変えましょう。難しい場合は、摩擦による肌負担が少なく、洗浄力・保湿のバランスが良いバームタイプがおすすめ。洗顔料は、きめ細かな泡で摩擦に気をつけながら、Tゾーンを中心に洗ってください。W洗顔不要のクレンジングを使うのも◎

【D】敏感肌

【D】敏感肌
【D】敏感肌

敏感肌とは?

肌トラブルやアレルギーなどで、不安定な状態のお肌が敏感肌。すべての肌質に共通(合併)して起こりうるのが敏感肌です。敏感肌も乾燥肌同様に乾燥しやすく、食生活の乱れや睡眠不足などにより、雑菌や紫外線ダメージなどの外敵刺激を受けやすい肌状態といえます。ほこりや花粉、化粧品に含まれる成分などに過剰に反応し、アレルギー症状としてかゆみや痛み、赤みが見られる場合があります。スキンケアやメイクの際に、お肌にピリリとした刺激を感じたら敏感肌を疑って。敏感肌の原因としては、乾燥や間違ったスキンケアの他に、体質的な問題もあるため、医師の診断を受けることをおすすめします。体調によってお肌の状態が悪化することもあるので、ストレスや疲労を蓄積しないように心がけましょう。

効果的なスキンケアとチェックすべき成分

肌の摩擦を避け、低刺激なスキンケアアイテムを使うことが大切です。【化粧水・乳液/クリーム】刺激となりやすい成分を含まない、成分構成がシンプルな化粧水で保湿することが大切。パッチテスト、アレルギーテスト済み*の商品を選ぶのも一つです。【クレンジング/洗顔】低刺激で、洗浄力の強すぎないミルクタイプのクレンジングで、うるおいや皮脂を奪いすぎないようにやさしく洗うのがおすすめ。洗顔料は、なるべく洗浄力が強すぎない、泡立ちが良いものでやさしく洗うことを心がけましょう。W洗顔不要の商品を取り入れるなどの工夫も◎加えて、香料・着色料・パラベン・アルコール・鉱物油などは、特にアレルゲンとなり刺激を引き起こす可能性があるので、敏感肌の方は注意が必要です。また、敏感肌の方はストレス、疲労、食生活、睡眠不足といった生活習慣が肌に影響しやすいので、スキンケア以外の部分も見直しましょう。*すべての方に皮ふ刺激やアレルギーが起きないというわけではありません。

【E】乾燥肌(ドライスキン)

【E】乾燥肌(ドライスキン)
【E】乾燥肌(ドライスキン)

乾燥肌(ドライスキン)とは?

乾燥肌は、水分量と皮脂量(油分)ともに不足している状態のお肌で、別名ドライスキンとも呼ばれています。皮膚表面のうるおいがなく、柔軟性が低下しもろくなっていることから、カサつきや粉吹き、つっぱり感を感じるのが特徴です。特に頬や目、口周りに乾燥を感じることが多いでしょう。肌表面がカサカサする、メイクのりが悪い、洗顔後にお肌がつっぱる、という方は乾燥肌の可能性を疑いましょう。乾燥肌は、外部刺激や異物の侵入から肌を守るバリア機能が低下している為、水分が蒸散しやすくなっています。外的刺激に弱く、かゆみや湿疹といった症状を引き起こす場合もあります。

効果的なスキンケアとチェックすべき成分

乾燥肌の改善には、不足している水分と油分の両方を化粧水やクリームで補うケアが必要です。また、クレンジングや洗顔の際に油分を奪いすぎない、やさしいケアを心がけましょう。【化粧水・乳液/クリーム】化粧水や乳液は、高保湿成分配合(セラミド/ヒアルロン酸/スクワランなど)の商品を選びましょう。化粧水だけで終わらせず、乳液やクリームでしっかりとフタをして水分蒸発を防ぐことも忘れずに。保湿ケアをしっかりしていても効果を感じられないという方は、角質が硬く・厚くなり邪魔している可能性が。その場合は、刺激の強すぎないマイルドな成分でつくられた、角質ケアアイテムを取り入れてみるのもおすすめです。【クレンジング/洗顔】ミルクタイプやジェルタイプなど、お肌の負担が少なく洗浄力のやさしいクレンジングや洗顔を選ぶのがおすすめ。また、クレンジングや洗顔をする際に熱いお湯を使用すると乾燥しやすくなるので、常温に近いぬるま湯で洗うようにしましょう。乾燥肌と敏感肌をイコールとされがちですが、症状は異なります。ただ、乾燥肌の方は、バリア機能の低下で敏感肌を合併している場合もあるので、その際は乾燥肌のケアに加え、アレルゲンにも注意をしましょう。

日常生活から分かる◎肌状態のチェック方法

自分のお肌を診断してみていかがでしたか?
図解でわかる肌質の見分け方
図解でわかる肌質の見分け方
実は、自分の肌質が普通肌(ノーマルスキン)であったと診断する方の割合は、1割程度だといわれています。普通肌(ノーマルスキン)は「うるおいがありつつ、ベタつきはない」いわゆる“美肌”で理想的な肌状態。該当する方が少ないということは、みなさん何かしらの肌悩みを抱えているということかもしれませんね。自己診断が普通肌(ノーマルスキン)だった方は、自信を持って!ただ、ケアは怠らないように気をつけましょう。一般的に、日本人には混合肌(インナードライ)の方の割合が多いそうです。自分はベタつきがあるから脂性肌(オイリー肌)だと間違った認識をされている方や、毛穴が目立つ=脂性肌(オイリー肌)だと思い込んでいる方がいるようですが、実は乾燥肌(ドライスキン)や混合肌(インナードライ)だったということも少なくありません。
洗顔後の肌状態だけで判断するのが難しい場合、下記の方法でもチェックすることが可能です。

メイク崩れで判断

朝にスキンケアとベースメイクをして、5時間程経過した際の肌状態と、ベースメイクの崩れ具合を参考にします。脂性肌:顔全体が脂浮きしてベースメイクが崩れやすい混合肌:鼻周りや頬など部分的にベースメイクが崩れやすい乾燥肌:目元のメイクが崩れやすく、ベースメイクがカサつく普通肌:夏季のみTゾーンが崩れやすいが、それ以外に崩れをあまり感じない

朝起きた時のお肌を参考にする

起床後、洗顔する前のお肌(Uゾーン)の肌状態を参考にします。脂性肌:顔が全体的にベタつき、カサつきはない混合肌:ベタつきが多く、カサつく部分も多少ある乾燥肌:顔全体的がカサつき、乾燥しがち普通肌:顔のベタつきやカサつきは、ほぼないそのほか、肌タイプ別に起こりやすい肌トラブルや肌状態を表にまとめているので、当てはまるものが多い肌質はどれか、参考にしてみてください。

肌タイプ別特徴の早見表|起こりやすい肌トラブル・肌状態

肌質診断|肌トラブル・肌状態
肌質診断|肌トラブル・肌状態
脂性肌:ニキビ/テカリ/赤み/ベタつき/毛穴詰まり/毛穴開き など混合肌:おでこや鼻のテカリ/頬や口周りの乾燥/季節や環境による肌荒れ など乾燥肌:カサつき/粉吹き/かゆみ/つっぱり/しわ/湿疹/くすみ/シミ など普通肌:特になし敏感肌:乾燥/ヒリヒリ染みる/かゆみ/赤み/ニキビ/湿疹/炎症 など

まとめ:定期的な肌診断で自分のお肌と向き合い美肌を目指そう

いかがでしたか?お肌を健やかに保つためには、適切なスキンケアが求められます。まずは肌質診断を行い、自分の肌質が何かを調べるところからはじめましょう。肌質は季節や生活環境(生活習慣・ライフスタイルなど)によっても変わることがあるため、定期的にチェックすることをおすすめします。自分の肌質を知ることは、生活環境やスキンケア方法、メイクの仕方を見直すきっかけにもなりますよ。肌トラブルにお悩みの方は、特に参考にしてみてくださいね。

ふぉーちゅんとは?

過去5万個以上のコスメをレビューしている、美容メディアFORTUNE(ふぉーちゅん)。現在でも毎月150個以上のコスメを、美容資格を多数取得している美容ライター歴5年以上の編集部員が、ユーザー目線でレビューしています。<ふぉーちゅん編集部員取得資格一覧>●日本化粧品検定(コスメ検定)1級●コスメコンシェルジュ●顔タイプアドバイザー1級●化粧品成分検定1級(化粧品成分上級スペシャリスト)●日本メイクアップ知識検定試験(ベーシック)●パーソナルカラーアナリスト(12タイプ診断)そんな美容やコスメが大好きな編集部員が、デパコス・プチプラコスメ・海外コスメ(中国 / 韓国 / タイetc.) などの最新コスメ情報を、どこよりも速くお届け!新作コスメ情報だけでなく、スキンケア検証やメイク動画など、様々な美容コンテンツを毎日配信しています。あなたの「欲しい」がきっとみつかる美容メディアです♡
-------------------------------------------------【執筆】使用感は、化粧品検定1級/美容ライター歴5年以上の編集部ライターによる感想です。-------------------------------------------------

関連コラム