アイテム3点の置き画像
bookmark_off

効果は絶大!? 簡単に洒落るコスメの組み合わせ

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2022.03.07
アートやお洒落さをカジュアルに楽しめる“自由さ”がメイクに戻ってきた今シーズン。計算されつくされた良質なカラーや質感に身をゆだね、いつもなら1アイテムで終わらせるメイクに手数を少し加えてみて。 より注目を集める“ツヤ”と“マット”にフィーチャーし、簡単に洒落る組み合わせをレクチャーします。ナチュラルなのに、すごく何かが変わったかのような感覚で、メイクのワクワクを取り戻して。
透明感が上がる クリームチーク×パウダーチーク
マスクを外す、その瞬間に感動を生む ツヤ肌×マットリップ
縦横に目幅がグンッと広がる マットアイシャドウ×キラツヤシャドウ
メリハリと血色を生む マットシェーディング×ツヤハイライト

透明感が上がる クリームチーク×パウダーチーク

HANA ORGANIC ウェアルーカラーヴェールとPeachC ピーチコットンブラッシャーの画像
lacore/写真左HANA ORGANIC ウェアルーカラーヴェール、写真右PeachC ピーチコットンブラッシャー
マスク生活でチークをつけない人も多いけれど、透明感が上がったり、濃いリップが浮かずに見えたり、実はつけると良いこと尽くし。 甘く見せるチークではなく、大人っぽく、ヘルシーなツヤ感を表現するには“練り”と“パウダー”の両方を使って。ナチュラル感を損ねることなく、じゅわっと内気したような血色感が叶います。
スウォッチ画像
lacore
「HANA ORGANIC ウェアルーカラーヴェール」はクリームタイプのマルチカラーバーム。滑らかなテクスチャーで肌に溶け込むように馴染みます。頬の高い位置からにポンポンと優しく叩きながら広げれば、自然な血色とツヤを演出。 チークのレイヤードやぼかしに使いやすいさらっと質感の「PeachC ピーチコットンブラッシャー」。05 ピオニー P チークはヘルシーなほんのり色づくハイライト仕立て。クリームチークで作ったツヤ感を消さないように、エッジの部分をふんわりぼかして。 ヘルシーなピーチカラーで立体感と血色感がアップし、上質な肌に仕上がります。

マスクを外す、その瞬間に感動を生む ツヤ肌×マットリップ

ダブルラスティング クッショングロウとLEEMEMBER クリームマロン泥リップ 0.0の画像
lacore
“隠れているから”“会わないから”と簡単に済ませがちなベースメイク。だからこそ、ちょっと飲み物を飲む瞬間、リモート会議での打ち合わせなど、マスクを外したときにちらっと見える素肌がきちんと整っていると、すごくカッコ良い。 上質なクッションファンデで美しく仕上げたツヤ肌に、こっくりとしたベージュブラウンのマットリップを合わせて。清潔感のあるモードな印象は、その瞬間にその人の感動を生むはず。
スウォッチ画像
lacore
みずみずしく潤うツヤ肌を叶える「ETUDE ダブルラスティング クッショングロウ」。肌の色ムラもしっかりカバーしてくれるので、コンシーラー要らず。パフに適量を取ったら置くように優しくなじませて。 パキッと映えるベージュブラウンの「LEEMEMBER クリームマロン泥リップ」#BR05 マロングラッセを内側は濃く、外側は薄くし、グラデーションを作って。重ねるたびに深みが増すので、物足りないときは2重塗りを。

縦横に目幅がグンッと広がる マットアイシャドウ×キラツヤシャドウ

CLIO プロ ムード パレットの画像
lacore
淡い色のマットシャドウで目幅を広げ、キラキラのラメで涙袋に立体感を出すと、目幅が横にも縦にもグンッと広がります。 ゴールドラメによる自然な立体感で“元から美人”を演出。マットシャドウを2色使いして、奥行のある目元に仕上げて。
スウォッチ画像
lacore
アイシャドウ・チーク・ハイライト・シェーディングが一つになった「CLIO プロ ムード パレット」。ほんのりくすんだ暖色系のパステルと肌馴染みの良いラメがセットされ、これ一つでお洒落な目元が完成します。 ピンクベージュのマットを上瞼のアイホール、涙袋全体に淡くON。二重幅にマットの赤みブラウンを薄付けして。ゴールドのラメを下瞼の目頭に入れ、ピンクのラメを目尻に入れたらナチュラルなのに華やかなヒロインアイの完成。

メリハリと血色を生む マットシェーディング×ツヤハイライト

peripera ピュア ブラッシュド サンシャイン チークとGIRLCULT ガールカルト 山海シリーズ グロウハイライト&チークの画像
lacore
マスクの隙間からちらっと見えるシェーディングチークがあれば、立体感も血色感も添えられる。崩れても目立ちにくい上にヘルシーな印象になるので、仕込まない手はない! そこにツヤ感のあるハイライトを少し重ねてのせれば、境目がナチュラルになり、透明感と小顔効果の両方が手に入ります。
スウォッチ画像
lacore
「peripera ピュア ブラッシュド サンシャイン チーク」09 TENDER BEIGEは温かみのあるヌーディベージュ。自然な立体感を引き出しながら、血色感もプラスしてくれます。肌の延長にチークがあるように、頬の中心からこめかみに向かってさっと塗り広げて。 美しい光沢でリュクスなムードを纏える「ガールカルト 山海シリーズ グロウハイライト&チーク」。檀香山 Honoluluはピンクゴールドカラーが先にのせたシェーディングチークと好相性。目とチークラインの間に重ねることで顔全体に奥行きがでて小顔に見せてくれます。

関連コラム