寝る前のたった3分でOK! “太りにくい体”に近づく「簡単お腹痩せ習慣」
bookmark_off

寝る前のたった3分でOK! “太りにくい体”に近づく「簡単お腹痩せ習慣」

anan Beauty+
anan Beauty+
2022.02.25
「食生活を見直しても、なかなか痩せない」そんな人はもしかすると、骨盤のゆがみが原因かもしれません。今回はヨガインストラクターの筆者が、寝る前に3分やるだけで“お腹痩せが目指せる”ストレッチをご紹介します。きっとお腹にお肉がつきにくくなるはず…!
骨盤の“傾斜”の癖をリセットしよう
寝る前にたった3分やるだけ! “ぽっこりお腹の引き締め”を目指すストレッチ
気持ちいいと感じる位置でストップして!

骨盤の“傾斜”の癖をリセットしよう

普段の生活で姿勢の悪い癖がついてしまうと、体に大きな負担を与えてしまう可能性があります。特に、骨盤が前傾、もしくは後傾したまま定着すると、体の不調につながることも。
お腹ばかりにお肉がつきやすい人は、骨盤が不安定な場所に癖づいているかもしれません…!
骨盤は、床に対してまっすぐに近い“やや前傾”を保てれば、体幹が安定し、お腹がスッキリすることも。お腹周りにお肉が残りやすい人は、寝る前に軽くストレッチをして、太りやすくなる癖のリセットを目指しましょう。

寝る前にたった3分やるだけ! “ぽっこりお腹の引き締め”を目指すストレッチ

寝る前 お腹痩せ ストレッチ
1.ひざ立ちの姿勢になります 2.右脚を大きく一歩前に出し、ひざを立てます
寝る前 お腹痩せ ストレッチ
3.左腕を頭上に伸ばします。このとき、肋骨やみぞおち部分が反らないように注意して、肋骨と下腹部までがまっすぐになるように意識しましょう
寝る前 お腹痩せ ストレッチ
4.息を吐くタイミングで腰を前方へスライドさせながら、床のほうに重心を沈めていきます
寝る前 お腹痩せ ストレッチ
5.次の吐く息で、みぞおちを反らさないように気をつけながら、胴体を脚の付け根から右方向へ傾けていきます 6.左脚の付け根から体側まで伸びを感じる位置で姿勢をキープし、呼吸を5回行いましょう
寝る前 お腹痩せ ストレッチ
7.沈めていた重心を戻し、楽な姿勢になります 8.3~7を、3~5回程度繰り返し、反対側も同様に行っていきましょう

気持ちいいと感じる位置でストップして!

ストレッチとなると、ぐいぐい痛気持ちいい部分まで伸ばしがちですが、頑張りすぎず、気持ちいいところまでを心がけましょう。
ストレッチが効いていないと感じるときは、脚の幅が狭すぎないか? 腕をあげるときに、ひじが緩んでいないか? を確かめてみてください。
ゆっくり深い呼吸を感じながら行うのがベストです。さっそく今日から、寝る前に試してみてくださいね。
©Shunevych Serhii/shutterstock
上村 由夏 「マナヨガ」代表。 20代の頃、ストレス過多で喘息が再発。心身の調和こそ健康だと痛感し、ヨガセラピーを学び始める。また姿勢と歩き方から整える“マナメソッド”を発案。 現在はヨガで重要なエネルギーワークのエッセンスが残る古代ヨガをベースにした『マナメソッドセラピー』でボディ・マインド・スピリットの調和を大切にし本質的な幸せを見出すレッスンを展開中。生徒は全国にわたる。
文/上村由夏

関連コラム