アイテム4点を並べた画像
bookmark_off

仕上がりが格段にアップ!こだわりのメイクツールを持とう

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2022.03.30
同じコスメを使ってもブラシやパフなど、ツールが違えば仕上がりも変わります。テクいらずでメイク上級者に見せることができるアイテムは使わないと損!パーツ別に仕上がりの違いや使い方もチェック。
アイシャドウはブラシでふんわり入れる
ハイライトブラシで繊細なツヤを出す
シェーディングは大きめブラシでナチュラルに
ウォータリーパフで水光肌を作る

アイシャドウはブラシでふんわり入れる

チップや指に比べてフォギーに発色するアイシャドウブラシ。ナチュラルに仕上げたいときや、締め色をチップで入れると顔が濃くなりすぎてしまう場合に役立ちます。
OLIVE YOUNG PB COSMETICS fillimilli アイメイクブラシセット(5種類)の画像
lacore
OLIVE YOUNG PB COSMETICSの「fillimilli アイメイクブラシセット(5種類)」は、ポイントアイメイクに活躍するブラシが5本揃ったセット。柔らかい触り心地でムラなく均一な発色を実現。
スウォッチ画像
lacore
ベースシャドウブラシやポイントシャドウブラシで色を入れた後、何もついていないブレンディングシャドウブラシでぼかすという使い方も。クリームタイプのアイシャドウにも使用できる万能アイテム。

ハイライトブラシで繊細なツヤを出す

濡れツヤタイプのハイライトは指で塗ると想像以上にギラギラしてしまうことも。ブラシを使うと、わざとらしくない自然なツヤが出せます。
EIGSHOW 2way ハイライトブラシの画像
lacore
正面と側面で筆の太さが異なる「EIGSHOW 2way ハイライトブラシ」。頬や額など広い面に対しては斜めに、鼻筋や上唇など細く入れたい部分には縦にして塗るなど使い分けが可能です。
スウォッチ画像
lacore
指よりも柔らかなタッチで繊細に色がのります。磨くようにブラシを滑らせることで、よりハイライトのツヤが綺麗に演出できます。

シェーディングは大きめブラシでナチュラルに

自然な陰影をメイクするときは、大きめのブラシを使ってふんわりとシェーディングを入れるのがポイント。
ETUDE コントゥアパウダー フェイスブラシの画像
lacore
フェイスラインや頬、額など広範囲にシェーディングを入れるのに適した「ETUDE コントゥアパウダー フェイスブラシ」。顔の輪郭にしっかりフィットし、美しいフェイスラインを演出することができます。
スウォッチ画像
lacore
ストレート毛とウェーブ毛を組み合わせた毛足の長いブラシで、失敗知らずの骨格メイクを実現します。

ウォータリーパフで水光肌を作る

ベースメイクも、ツールを変えることで仕上がりが格段に上がります。ファンデーションをパフでポンポンと叩き込むように塗るだけで、滑らかにピタッと密着。
OLIVE YOUNG PB COSMETICS fillimilli ウォータリーパフの画像
lacore
OLIVE YOUNG PB COSMETICSの「fillimilli ウォータリーパフ」は、細かい部分も広い部分も塗りやすいしずく型のパフ。テクニック要らずで美しい仕上がりを実現します。
スウォッチ画像
lacore
パフに水分を含ませて軽く絞った後、ファンデーションを適量つけて軽く叩きながらのせれば、あっという間に水光肌の完成。手で馴染ませるよりも簡単かつ均一に伸ばすことができ、ベースメイクの持ちもアップします。

関連コラム