愛カツ
bookmark_off

ちょっと怖いかも…男性に聞いた「苦手に感じやすい」女性のデートメイク3選

恋愛・婚活に勝つための情報サイト・恋愛相談掲示板【愛カツ】
恋愛・婚活に勝つための情報サイト・恋愛相談掲示板【愛カツ】
2022.02.04
デートや出会いの場に行くときなどは、いつも以上にメイクに気合いが入るという女性も多いのではないでしょうか。 いつも使わないリップやアイシャドウを使ってみたり、ベース作りに時間をかけたり。 試行錯誤しているうちに、不自然なメイクになってしまうこともあるでしょう。 今回は、男性たちに「苦手と感じるメイク」について聞いてみました。
似合っていない眉メイク
濃すぎるチーク
ギラギラすぎるアイシャドウ
メイクでプラス印象に♡

似合っていない眉メイク

「眉に違和感のあるメイクが苦手です。 元の眉に合わせて太さを調整しているのはいいけど、無理やり眉の形を作るのはちょっと……」(24歳男性/旅行会社)
眉は顔の印象を左右する重要なパーツです。
たとえトレンドに合った眉の形だとしても、顔に合っていないと違和感を持たせてしまうかもしれません。
自分の眉毛に沿ってメイクするのが一番です。
また、書き足すだけでなく、シェーバーなどでこまめにお手入れすることも大切。
眉毛の美しさを意識するだけで、垢抜けた印象を手に入れられるでしょう。

濃すぎるチーク

「薄めのアイメイクにリップも控えめのナチュラルメイクなのに、なぜかチークだけが浮いてる。 暑いの?ってツッコミたくなるような不自然さは苦手です」(24歳男性/調理師)
女性のメイクに対して、「色が濃すぎて浮いて見える」ことに、苦手意識を持つ男性が多いみたい。
つい気に入っている色だと塗りすぎてしまいがちですが、やりすぎないように気を付けましょう。
「少し薄いかも?」と思うくらいがちょうどいいかもしれません。

ギラギラすぎるアイシャドウ

「飲み会である女の子のアイシャドウが、キラキラを通り越してギラギラでした。 外で見たらそこまで違和感ないけど、店内では派手すぎる印象でした」(23歳男性/保険会社)
ラメ入りのアイシャドウを使うと、目元のキラキラ感が増して、かわいさも倍増しますよね。
しかし、粒が大きすぎたり、重ね塗りしたりすると、派手になりすぎる場合も。
目元に華やかさをプラスしたいときは、粒が小さいものを選びましょう。
また、行く場所を想定しながらメイクできるとベターです。

メイクでプラス印象に♡

メイクは、自分の魅力を引き出してくれる魔法です。
つい頑張りすぎて不自然な印象を持たれないように気を付けましょう。
これを機にメイク方法を見直して、自分にぴったりな方法を見つけてくださいね。
(恋愛メディア・愛カツ編集部)