メイクの順番、おすすめはどこから?
bookmark_off

メイクの順番、おすすめはどこから?

衣梨・ERI
衣梨・ERI
コスメコンシェルジュ、美容ライター、GIRLSCRETAIVETEAM
2020.10.04
ベースメイク後、パーツメイクはいったいどこから始めるのが正しいか?メイクの「おすすめの順番」と共に基本的なメイクのコツなどをお伝えしていきます。
まずは顔の印象を左右する眉から
リピ買い中 おすすめアイブロウコスメ
眉の次はリップメイクかアイメイクか
アイメイクの順番は?

まずは顔の印象を左右する眉から

ベースメイクが終了し、さて、パーツメイクをどこからスタートさせるか?という問題。これ、基本的には【眉】、アイブロウからメイクしていくことがオススメ。 なぜなら、眉は顔の中でも印象が強いパーツ。また、顔の印象を左右するパーツだからなんです。 仕上げたいメイクをイメージしながら、ある程度の形や眉尻を描いて眉のバランスをとっていきます。 メイクの最後には、なりたい印象に合わせて、眉も微調整もしていけばOK。

眉は眉尻から

パーツメイク、まずは眉から。と、お話しさせて頂きましたが、眉って描くのが凄く難しいパーツですよね。 凄く濃くなりすぎてしまったり、左右でバランスが取りにくかったり。ということで、ここではアイブロウの描き方と共に、上手く眉を描くポイントをいくつかお伝えします。 ①まずは眉毛のお手入れ。スクリューブラシでとかし、眉毛の流れを整える。 ②眉尻の位置をマーキングする 理想とされる眉尻の位置は、小鼻から目尻を繋げたラインの延長線上と言われています。 ③描きはじめは眉尻から 眉尻から描くことによって、眉頭が濃くなり過ぎるのを防ぐことが出来ます。眉尻から眉頭に向かいグラデーションになるよう仕上げると自然な眉毛になります。 ④眉毛の隙間、足りない部分を埋める 一本一本描き足していくイメージで、隙間を埋めて眉の形を作っていきます。この時、眉頭は描かなくてもOK。 ⑤スクリューブラシで眉頭に向かってぼかす 眉頭が濃いと、お顔の印象が強くなってしまうので、眉尻からぼかすのがオススメ。ちょっと濃さが足りないかな?というときは、明るめのアイブロウパウダーなどで色を足して調節します。 これで、ナチュラル眉が完成!

リピ買い中 おすすめアイブロウコスメ

【セザンヌ】の超細芯アイブロウは、直径0.9mmの超細芯で、眉の足りない部分を少しずつ足すことが出来、眉の形がデザインしやすいんです。そしてなにより、超細芯なので眉尻がとっても綺麗に描くことができます。 カラーはオリーブブラウン、ナチュラルブラウン、ディープブラウンの三色。価格は500円(税抜き)です。

眉の次はリップメイクかアイメイクか

さて、アイブロウを仕上げた後、次にメイクする部分は? メイクのバランスを考えるのであれば、強調したいパーツを先に仕上げることをおすすめします。 そうすることによって、全体のバランスを調整しやすくなるからです。なので、その日のメイクはどこを1番に魅せたいのか?ということがポイントになっていきます。

その日のメイクの魅せポイントでメイクの順番は変わる

先程の考え方に沿うと、リップメイクが主役の場合は、リップメイクを仕上げてから、アイメイクに取り掛かるのが理想的となります。そうすることによって、鮮やかな口元とアイメイクとのバランスが取りやすくなります。 逆に、アイメイクを魅せたい場合は、アイメイクを仕上げてからリップメイクの順番となります。 アイメイクの色彩や濃さに合わせて、リップメイクの色味を合わせたり、リップの質感(マット・ツヤ)などでバランスをとりメイクを仕上げていくイメージです。

アイメイクの順番は?

一口にアイメイクといっても、アイシャドウにアイライン、マスカラとアイメイクを完成させるにも多くのメイク工程があります。では、アイメイクを綺麗に仕上げるには、どのような順番でアイメイクを進めていけばよいでしょうか?

マスカラよりアイラインが先!

まずアイシャドウからスタートします。 アイシャドウの後、次はアイライン。マスカラの前にアイラインを引くことで、まつ毛とまつ毛の隙間を綺麗に埋めることができます。目のキワにもしっかりと美しいラインが引けるので、アイラインはマスカラの前がおすすめです。ラインがガタついてしまったり、失敗してしまった場合も、マスカラをする前なら睫毛が邪魔になることもなく、お直しも楽チンです。 また、リキッドのアイラインや、マスカラなどは乾くのに少し時間がかかるアイテムなので、乾かしている間にチークやシェーディングなどを仕上げていきます。ちょっとした工夫で、朝のメイク時間の時短にもつながっていきます。

関連コラム