最新アジアンコスメが勢揃い! NEWオープンの注目美容スポット
bookmark_off

最新アジアンコスメが勢揃い! NEWオープンの注目美容スポット

anan Beauty+
anan Beauty+
2022.01.31
ヘア&メイクアップアーティスト・石川ユウキさんが、最新美容スポットのLAOX BEAUTY AIRPORTをレポート。
最新のアジアンコスメを、旅する気分でハンティング!
Try it!
YUKI’s Beauty Rules
1、今年のトレンドに!? メンズメイクを研究中。
2、2ステップのケアで揺らがない肌を育成。
3、ニキビと訣別できた洗顔後のアイテムとは。

最新のアジアンコスメを、旅する気分でハンティング!

韓国のトレンドメイクに詳しいヘア&メイクアップアーティストの石川ユウキさんとお邪魔したのは、自由が丘に去年12月にオープンしたばかりのアジアコスメ専門店『LAOX BEAUTY AIRPORT』。空港をイメージした店内には、韓国、中国、タイなどのアジア各国からセレクトした、約100ブランド、1200種類以上のコスメが並びます。
「こんなにいろいろな人気コスメが、まとめてそろっているのはスゴイ!」と、週に2~3回は新大久保の韓国コスメショップ巡りをしているという石川さんも、驚きのラインナップ。しかも、オフライン店舗としては、日本初上陸のブランドも取りそろえているので、実際に手にとって試せるのも嬉しいポイントです。
「知らないコスメを発見するワクワク感だとか、ここへ来れば、ちゃんと試せて手に入れられるという嬉しさがありますね。国ごとにパッケージや色の特徴が出ていて楽しいし、クオリティもデパコスに引けをとらないものが多くて、何時間でもいられそうです」
と、日本にはない海外製品ならではの色のトーンや質感、トレンド傾向を、石川さんもしっかりチェック。とくに気になったコスメをお試ししてみました!
beauty
韓国のシートマスクは100種類ほど。
beauty
飛行機の窓をイメージしたディスプレイ。
beauty
石川さんが目を留めた台湾コスメ〈1028〉のマルチパレット。
beauty
人気急上昇中の中国コスメコーナー。
beauty
気になるコスメはお試しも可能。

Try it!

beauty
A 中国で大人気のアイシャドウ。Joocyee 遊染インクスマッジパレット#F03橙海¥2,530。「スケルトンの高級感あるパッケージが素敵。発色もいい!」
B 台湾発のネイルブランドJNF グレイズドフレグランスネイル#901055¥1,980。「香水瓶みたいな容器が可愛いし、リムーバー要らずでネイルを剥がせるのも便利」
C 韓国発のMatier Makeup Pallet Issue 02¥7,800。「リップはシアーな発色で使いやすそう。プレゼントにも◎」(すべてLAOX BEAUTY AIRPORT)

YUKI’s Beauty Rules

1、今年のトレンドに!? メンズメイクを研究中。

「男性のメイクもエチケットになってきているんじゃないかなと思っているので、今年はメンズメイクを流行らせるべく、自分の顔でいろいろお試し中です。普段のセルフメイクは、日焼け止めと下地、たまにコンシーラーで肌を整える程度なんですが、今日は涙袋をちょっと入れて陰影をつけてみました。目元が印象的になっていい感じです」

2、2ステップのケアで揺らがない肌を育成。

「スキンケアは化粧水と美容液だけ。すごく乾燥しているときに、乳液やクリームをプラスする程度です。男性はあれこれ使いすぎると肌あれする人も多いようなので、自分の肌の様子を見ながらアイテムを取り入れるのがおすすめ。容量の半分くらいまで使ったら別のアイテムと入れ替えるようにして、毎日いろんなアイテムを試しています」

3、ニキビと訣別できた洗顔後のアイテムとは。

「洗顔後は、キッチンペーパーで水気を拭き取るようにしています。タオルは、目に見えない雑菌が心配なのと、顔に繊維がつきそうなのが苦手で…。実は25歳までニキビに悩まされていたんですが、この方法にしてから肌あれしなくなったので、ずっと続けています。マスク生活になってからも肌あれしていないのは、このおかげもあるかも!?」
LAOX BEAUTY AIRPORT 自由が丘店 東京都世田谷区奥沢5‐26‐12 TEL:03・6421・2811 11:00~19:30 無休 1/28に吉祥寺店オープン。@beautyairport_official
石川ユウキさん ヘア&メイクアップアーティスト。Three PEACE所属。韓国メイクを日本人向けに落とし込んだ「ハニルメイク」の考案者として話題に。『読むだけで韓ドラヒロインに近づける 大人の韓国女優メイク』(主婦の友社)が発売中。
※『anan』2022年2月2日号より。写真・土佐麻理子 取材、文・岡井美絹子

関連コラム