本当に痩せられる? “脚とお尻”がサイズダウンした「お風呂ダイエット」
bookmark_off

本当に痩せられる? “脚とお尻”がサイズダウンした「お風呂ダイエット」

anan Beauty+
anan Beauty+
2022.01.28
自力では痩せにくい脚やお尻に腰まわり。「自分好みになりたい!」と思っていても、なかなか食事や運動を続けられない、そもそも何から始めればいいのかわからない… という人が多いのでは? そこで今回は、エステティシャンである筆者が、実際に試してサイズダウンを実感できた“お風呂ダイエット”をご紹介します。食事制限や運動をしながら、セットで試してみて!
なぜ「お風呂ダイエット」がおすすめなの?
太ももの裏やお尻、腰まわりが痩せにくい理由は?
効果を実感! 落としにくい脚やお尻にアプローチする方法
エステティシャンが薦める! 「発汗系入浴剤」2選
お風呂に浸かりながら「100均ローラー」でマッサージ
約2か月の継続でパンツにゆとり&お尻の厚みが減った…!

なぜ「お風呂ダイエット」がおすすめなの?

shutterstock_1316410097
一日の終わりにお風呂に入る人がほとんどだと思いますが、シャワーだけで済ませていませんか?
シャワーだけだと全身に付着した汗や皮脂、メイク、整髪料、外気の汚れは落とせても、体の芯まで温まりづらいため、冷えを感じたり、老廃物が排出しきれずむくみや疲労感が残ったりすることも。
入浴によって血液やリンパの流れをよくし、足先や内臓、全身のめぐりを高めることで、むくみや疲労感を軽減して同時に痩せやすい体に導いていきたいですよね。
「ダイエットしなきゃ」が口癖だけど食事や運動を続けられない人、忙しくてダイエットに集中できない人でも、バスタイムであれば自分の体と向き合うことができるはず。今までダイエットに挫折していたとしても、“お風呂ダイエット”なら続くかもしれませんよ!

太ももの裏やお尻、腰まわりが痩せにくい理由は?

shutterstock_177951248
足や手の冷えを自覚している人は多いですが、実は太ももの裏とお尻、腰まわりも冷たくなりやすい場所です。
太ももとお尻、腰まわりが冷えやすい理由は、 1:太ももやお尻の筋力の低下によって脂肪やセルライトが燃焼しきれず蓄積している 2:蓄積した脂肪やセルライトが血液やリンパの流れを邪魔している などが考えられ、これらが痩せにくさにつながることも。
太ももやお尻、腰まわりをサイズダウンさせたい場合は、日頃から適度な運動や食事管理をすることも大切ですが、まずは体の冷えを取り除き、固まった脂肪やセルライトをほぐして、老廃物を溜め込まない環境にすることを目指すといいでしょう。

効果を実感! 落としにくい脚やお尻にアプローチする方法

太ももやお尻、腰まわりのお肉を落としたいときは、まず全身の代謝を高めることが大切です。
入浴によって体を温め、血液やリンパの流れをよくすることはできますが、さらに代謝を高めて汗や老廃物の排出をサポートするには“発汗系入浴剤”がおすすめ。筆者が今まで使った発汗系入浴剤の中でも、特にお気に入りのアイテムをご紹介します。

エステティシャンが薦める! 「発汗系入浴剤」2選

ROSSO BATH「遠赤外線炭酸バスタブレット 2錠入り」

『ROSSO BATH タブレット 遠赤外線炭酸バスタブレット 2錠入り』パッケージ
筆者が今まで使ってきた入浴剤の中でも、岩盤浴の中にいるような温かさと発汗を感じたのは『ROSSO BATH(ロッソバス)』の「遠赤外線炭酸バスタブレット シトラスジンジャー」。国産マテラ鉱石と炭酸ガスのダブルの温浴効果がある入浴剤です。
マテラ鉱石とは愛媛県東温市のごく一部からしか発掘できない火山岩の一種で、遠赤外線を放出します。また、機能性繊維商品などに使用されるため安全性も◎。
遠赤外線は岩盤浴でも使用されいて、体を温めるほかに細胞の活性化、血液やリンパの流れをよくする働きが期待できるそう。
『ROSSO BATH タブレット 遠赤外線炭酸バスタブレット 2錠入り』中身
【使い方】 約200Lのお湯に対し、2錠同時に入れ、溶かしきってから入浴します。お湯に溶けた炭酸ガスで血管が広がり、全身の代謝が促進され、体の芯からポカポカ温まっていきます。
種類は4種類あり、汗をかきたい場合は「シトラスジンジャー」、癒されたい場合は「カームラベンダー」、リフレッシュしたい場合は「フレッシュジンジャー」、ほっこりしたい場合は「柚子」がおすすめ。香りや目的で、好みのアイテムを選んでみてください。
ちなみに、筆者は『ロフト』で購入しました。
【商品情報】 ROSSO BATH「遠赤外線炭酸バスタブレット 2錠入り」 価格:¥330(2錠)

バブ「バブ メディキュア 発汗リフレッシュ浴」

『バブ 薬用メディキュア 発汗リフレッシュ浴』パッケージ
筆者が疲れやむくみをすっきりさせたいときに、「いい汗をかいたな」と感じたのが大人気の入浴剤『バブ』から発売中の「バブ メディキュア 発汗リフレッシュ浴」です。
「メディキュア」シリーズは高濃度(※1)炭酸ガスによる温浴効果で血行を促進し、疲労や肩こり、冷えを和らげることが特徴。「ほぐ軽すっきり」「温もりナイト」「爽快リカバリー」「発汗リフレッシュ浴」の4種類があります。
※1:比較対象は花王バブゆずの香り
『バブ 薬用メディキュア 発汗リフレッシュ浴』中身
【使い方】 約200Lのお湯に対し、1錠入れ、溶かしきってから入浴します。「発汗リフレッシュ浴」は温泉成分(※2)、高麗ニンジンエキス、トウガラシエキスが入ったスパイシーハーブの香りです。
トウガラシエキスと聞くと刺激の強さを気にするかもしれませんが、筆者は肌がピリピリするような感覚や、カッと熱くなるような刺激はありませんでした。
ドラッグストアやオンラインショップなどで購入できます。
※2:炭酸水素ナトリウム・炭酸ナトリウム【医薬部外品】
【商品情報】 バブ「バブ メディキュア 発汗リフレッシュ浴」 価格:173円(1錠)(筆者購入時の価格)

お風呂に浸かりながら「100均ローラー」でマッサージ

次に、発汗系入浴剤と一緒に試したい「ローラーマッサージ」をご紹介します。
筆者は100均で購入したローラーを普段から使用しています。
【使い方】
(1)入浴しながら股関節ストレッチ
1.湯船に浸かり、両足裏をくっつけて股関節を開きます。軽くひざを押しながら股関節を広げて、内ももを約1分間伸ばします。
(2)入浴しながら太もも裏、ふくらはぎストレッチ
2.片脚を伸ばし、指の付け根をつかみながら、太もも裏とふくらはぎ裏を約1分伸ばします。もう片方の脚も同じように繰り返しましょう。浴槽幅が狭い場合は、無理に伸ばす必要はありません。
100均ローラー
ここで、100均などで売っているローラーを用意します。
浴槽内で使うので、濡れても大丈夫なプラスチック製がおすすめです。
(3)100均ローラーでマッサージ ふくらはぎ
3.ひざを曲げて座り、ふくらはぎの側面と後ろを足首〜ひざ下まで約1分間ゆっくり往復します。
(4)100均ローラーでマッサージ 太もも
4.少しひざを伸ばし、太ももの側面と後ろをひざ上〜足の付け根・お尻下まで約1分間ゆっくり往復します。
(5)100均ローラーでマッサージ ヒップ下、お尻、腰まわり
5.4の体勢のまま、お尻下、お尻、腰と少しずつ場所を変えながら、約1分間ゆっくりと往復しながら流しましょう。
(6)100均ローラーでマッサージ ふくらはぎ
6.次にひざを曲げて座り、ふくらはぎの内面と後ろを足首〜ひざ下まで約1分間ゆっくりと往復します。
本当に痩せるの? 落ちにくい“脚とお尻”がサイズダウンした「お風呂ダイエット」
7.少しひざを伸ばし、太ももの内面と後ろをひざ上〜付け根まで約1分間ゆっくりと往復します。
8.逆の足も同じように3〜7のステップをおこないます。この段階で12分ほどかかるでしょう。
9.両脚できたら、30秒ほど休憩します。マッサージの合間も喉が渇いたら水分補給できるように、お水を用意しておくのがおすすめです。
(10)100均ローラーでマッサージ 太もも外、太もも内、ヒップ下、お尻、腰まわり
10.もう一度太ももの外側と内側、お尻、腰まわりの4・5・7を各1分ずつ、両脚で繰り返しましょう。この段階で18分ほどです。
このマッサージを毎日繰り返しおこないましょう。
【注意点】 ・浴槽内ですべらないように気をつけておこなってください ・ローラーは強く押すとアザになるので、痛気持ちいいくらいの強さで流すようにしましょう ・のぼせやすい人は少し窓や扉を開けて換気しながらおこないましょう ・ボトルなどに水を入れて用意し、途中で水分補給をおこないましょう

約2か月の継続でパンツにゆとり&お尻の厚みが減った…!

100均ローラーでマッサージ ビフォーアフター
筆者は食事の見直しや軽い運動もおこなっていますが、入浴&マッサージを約2か月ほど継続したところ、体型に変化が起きました。
太もものリンパの流れが悪く、詰まりのある人は、最初のうちは痛いと感じるかもしれませんが、流れがよくなると痛みは少なくなるでしょう。
筆者は最初の1週間~2週間でなんとなく肉質が柔らかくなったと感じ、2週間~1か月くらいからお尻下がスッキリし始めたのを実感。現在は明らかにデニムにゆとりができたと感じるほどです。
写真を見比べても、今までなかなか落ちなかった腰まわりの贅肉やお尻の厚みが減ったこともわかり、ウェアもゆとりができました!
体質や肉質は個人差があるため、変化の感じ方や減少スピードに差がある場合もありますが、やってみる価値はありますよ。ぜひ参考にしてみてください。
©JenJ_Payless/Shutterstock ©Maridav/Shutterstock
文/寒川あゆみ

関連コラム