たった数秒の“伸び~!”で下腹ぺったんこ! お腹ヤセが加速する「超簡単習慣」
bookmark_off

たった数秒の“伸び~!”で下腹ぺったんこ! お腹ヤセが加速する「超簡単習慣」

anan Beauty+
anan Beauty+
2022.01.08
年末年始のお休みが終わり、正月太りのお腹が気になり始める人も多いのではないでしょうか。下腹が気になる時、anan Beauty+ clubのメンバーはどのような対策をしているのかリサーチをしました。今回はこのリサーチを元に、ヨガインストラクターの上村由夏さんに、プロの目線から「こうするとさらに効果が上がる!」という方法を教えてもらいました。
Q. ぽっこり下腹が気になりますか?
気になる下腹のためにみんなはどんなことをしている?
よりよく効果を出すためにはちょっとしたコツがある
おすすめはやっぱり姿勢! お腹を縮ませないのが効果大!
伸び〜! の習慣が日々のお腹のラインを作る
自分好みのケアをしていて、効果がある方もない方も

Q. ぽっこり下腹が気になりますか?

下腹 ぽっこり ウエスト 
女性の悩みの上位といえば、ぽっこりが目立つ下腹。anan Beauty+ clubのメンバーである女性たち約100人に、下腹が気になるかを聞いてみました。
結果は下腹のぽっこりが気になる77% 気にならないが23%という結果が。断然お腹に悩む女性が多いようです。
※ anan Beauty+ club…美容・健康・エコ好きな女性たち約100名が集まるanan Beauty+の読者組織。

気になる下腹のためにみんなはどんなことをしている?

そこで、anan Beauty+ clubのメンバーに、下腹が気になった時にどんな対策をしているかを聞いてみました。
みなさんそれぞれの方法を試されていました! なかでも体幹を意識する方法、下腹を意識的に凹ませる、姿勢に気をつけるなど、日常生活の延長でできる方法が人気の模様。どれもお腹をすっきりさせるためには効果的な方法を選んでいるようです。

よりよく効果を出すためにはちょっとしたコツがある

お腹やせの方法はたくさんありますが、下腹のぽっこりを作ってしまう原因の多くは姿勢です。エクササイズをしても、ダイエットのために食事に気をつけても、下腹のお肉だけが残ってしまう場合は、まさに姿勢から見直すのが必須。
くびれを作るのと下腹のお肉をすっきりさせるのにはアプローチ方法が違うので、それで混乱して効果が出ずに悩んでいる方もいるのでは?
筆者のレッスンでもぽっこり下腹で悩む生徒さんは多く、頑張って痩せるための工夫をされていますが、姿勢の歪みがあるままにエクササイズを続けていても、実は効果が出にくいなんてことも多いのです。
anan Beauty+ clubのメンバーの中でも、体幹や姿勢に気をつけている方が多く見受けられました! 姿勢の歪みや姿勢の崩れが、お腹のお肉が残ってしまう原因となることに気がついている方が多く、エクササイズやストレッチも姿勢を整えることに意識を向けている傾向がうかがえます。

おすすめはやっぱり姿勢! お腹を縮ませないのが効果大!

エクササイズや運動が好きな方にとって、毎日のボディケアは苦にならずむしろ楽しみの一つとなるでしょうが、その一方で運動が嫌いだったり、しんどいことは続かないと悩む女性も多いはず。
また、どんなに頑張っても下腹には効果が出にくいと感じている方にもおすすめなのが、姿勢の崩れを整えて、腰や肩、下半身など局所的に負担のかからない体の使い方をすることです。
「縮んだお腹を伸ばして、肋骨を整えるのが一番簡単!」
筆者がおすすめするのは、姿勢の崩れからくる「縮みお腹」をすっきり伸ばす方法です。人間は立って動いているだけで重力の負荷を受けています。何もしていないと、普段の姿勢の崩れも影響して背中が丸まり、肋骨の位置が下がり内臓を圧迫してしまいがち。 そのせいで内臓が下垂してぽっこりお腹が定着していく可能性大!

伸び〜! の習慣が日々のお腹のラインを作る

下腹 ぽっこり ウエスト ダイエット 習慣
縮んだお腹にしないのが一番大切! 朝、昼、晩、または気がついた時に伸びをする習慣をつけてみてください。ただし、意識するのは肋骨をまっすぐ上に伸ばすこと。
両手を軽く組んだら、手のひらを返して伸びをするだけ。肋骨を上方へ持ち上げるようにして、みぞおちを伸ばしましょう。左右に揺すりながら上へ上へと伸ばしていくとより効果的。終えたら脱力。これを数回繰り返すだけで、お腹周りの安定感が変化するはず。
すると傾いた骨盤も安定しやすくなるので、骨盤の傾きから腹筋がoffになっている状態から、腹筋で支えられる姿勢を作る土台ができますよ。

自分好みのケアをしていて、効果がある方もない方も

下腹 ぽっこり ウエスト ダイエット 習慣
縮んだお腹は脂肪が残りやすいので、ご紹介したケアを1日のうちの気になった時に行うのが簡単でオススメ! 普段ご自身が行っているエクササイズやストレッチの効果を引き上げてくれますし、自分流では効果が感じられない方もぜひ試してみて。
立っている時の安定感や、歩く時の歩幅の変化など、お腹を伸ばすだけで姿勢が変わることが実感できるかも!?
お正月太りが気になるなら、さっそく取り入れてみてくださいね!
上村 由夏 「マナヨガ」代表。 20代の頃、ストレス過多で喘息が再発。心身の調和こそ健康だと痛感し、ヨガセラピーを学び始める。また姿勢と歩き方から整え頑張らなくても、自然と痩せてキレイになっていく“マナメソッド”を発案。 現在は女性の体の巡りを目覚めさせるレッスンをテーマとし、エネルギーワークのエッセンスが残る古代ヨガをベースにした【マナメソッドセラピー】と【ゆる痩せマナメソッド】でボディ・マインド・スピリットの調和を大切にし外側も内側も本質的な幸せを見出セルレッスンを展開中。生徒は全国にわたり、個人レッスンはキャンセル待ちが出るほどの人気。
(C)LewisTsePuiLung/Getty Images (C)bymuratdeniz/Getty Images
文・上村由夏 グラフ制作・王悠夏

関連コラム