たった10回で下半身太りを軽減…!? 寝ながらできる「超簡単膣トレーニング」
bookmark_off

たった10回で下半身太りを軽減…!? 寝ながらできる「超簡単膣トレーニング」

anan Beauty+
anan Beauty+
2022.01.02
下半身のお肉が気になるけれど、トレーニングやエクササイズはハードルが高くていつも断念してしまう…。ダイエットを諦める理由に、「ツラそうだからやりたくない」「忙しくて体を動かす時間がない」という人もいるでしょう。そんな人におすすめしたいのが、スキマ時間におうちで超簡単にできる“膣トレーニング”。今回はヨガインストラクターの筆者が、寝ながら下半身の引き締めが目指せる「簡単膣トレーニング」をご紹介します。
「膣トレーニング」で下半身の筋肉にアプローチして
寝ながらできる! 下半身太り解消を目指す「超簡単膣トレーニング」
急がず休憩を入れながら行うのがポイント!

「膣トレーニング」で下半身の筋肉にアプローチして

膣トレーニングは、効果的に骨盤底筋やお腹、お尻、太ももの内側を刺激して、下半身の血流にアプローチすることが可能。じわっと引き締めた刺激と脱力を繰り返すことによって、筋肉を刺激して血流やリンパ液の流れを促すことが期待できます。
思い切り力を入れなくても、効果的に下半身の筋肉を刺激できるトレーニングなら、お腹やヒップラインを整えるのにも効果的! キツいトレーニングでなくても、下半身太り解消は目指せますよ。

寝ながらできる! 下半身太り解消を目指す「超簡単膣トレーニング」

IMG_0270
1.仰向けに寝て、両手を腰骨あたりに置きます。 2.両脚は腰幅程度開いて、指先は天井に向けましょう。
IMG_0271
3.息をゆっくり吸います。 4.息を吐きながらかかとで床を押し、膣を下腹部の方向へ引き上げ、同時にお腹を凹ませます。 5.お尻に力を入れ、お尻から腰が軽く持ち上がるようにしましょう。
IMG_0270
6.吸う息で脱力します。 7.力を抜いた感覚を味わいながら少し休みます。 8.これを1回として、ゆっくりと10回繰り返しましょう。

急がず休憩を入れながら行うのがポイント!

忙しい現代人は、副交感神経がオンになりっぱなしで、心身をリラックスさせることが難しいと言われています。自律神経の乱れは、睡眠の乱れや暴飲暴食につながることもあるでしょう。
また、エクササイズ中は、急いで回数をこなすことを目的としがち。ですが、膣トレーニングをするときは、引き締めと脱力を丁寧に繰り返しながら、脱力したときの感覚をきちんと味わうのが大切です。
心身がゆるんだ安心感は、睡眠の質もあげてくれるので、体を愛おしむような気持ちで行ってみてくださいね。
©Anastasiya Shatyrova/Shutterstock
上村 由夏 「マナヨガ」代表。 20代の頃、ストレス過多で喘息が再発。心身の調和こそ健康だと痛感し、ヨガセラピーを学び始める。また姿勢と歩き方から整え頑張らなくても、自然と痩せてキレイになっていく“マナメソッド”を発案。 現在は女性の体の巡りを目覚めさせるレッスンをテーマとし、エネルギーワークのエッセンスが残る古代ヨガをベースにした【マナメソッドセラピー】と【ゆる痩せマナメソッド】でボディ・マインド・スピリットの調和を大切にし外側も内側も本質的な幸せを見出セルレッスンを展開中。生徒は全国にわたり、個人レッスンはキャンセル待ちが出るほどの人気。
文 / 上村由夏

関連コラム