左右に離れてた胸が! 「バストの形がきれいになる」毎日の簡単習慣
bookmark_off

左右に離れてた胸が! 「バストの形がきれいになる」毎日の簡単習慣

anan Beauty+
anan Beauty+
2021.12.28
思春期から小胸で悩んできた筆者。20代半ばにバストアップを狙ってナイトブラを着用し始めました。すると、小胸でも必要性を感じ、10年以上経った今でも愛用しています。そのメリットやデメリット、選び方のコツなどを解説していきます。
ナイトブラが小胸に必要だと感じた理由は…
ナイトブラは下から履いた方が良い!
30代からのナイトブラの選び方
毎日の習慣で美バストキープを!

ナイトブラが小胸に必要だと感じた理由は…

ナイトブラ 胸 おっぱい バスト コツ
筆者は思春期の頃から小胸にコンプレックスがありました。ナイトブラの存在を知ったのは20代半ば。今からでもバストアップできるかもしれない! と、着用を開始しました。
結論からいうと、ナイトブラ自体にバストアップ効果はありません。
それでもナイトブラに必要性を感じたのは、バストの形がキレイに見えると思ったから。小胸だからこそ、美バストにこだわりたいなと考えたのです。
寝ている間も優しくバストがホールドされるため、胸が脇や下側に流れず、バストラインがキープされます。
数年使用していると、丸みのある形やハリ感に気づき、コンプレックスもやわらぎました。もともと左右に離れ気味だったのですが、中央寄りで整うように。

ナイトブラは下から履いた方が良い!

ナイトブラ 胸 おっぱい バスト コツ
しばらくは、ナイトブラを上からかぶるようにして着用していました。足元から履いて、脇や背中の肉をカップ内に収めると良いと知り、着用法を変えました。
足元から履いて、お辞儀するような姿勢のまま、片方ずつはみ出た肉をカップに入れ込みます。次に正面を向いて、バストを引き上げるようにしながら、脇に漏れた肉を再びカップ内に収めます。最後にバストトップが高くなるように整えましょう。
慣れたからと感覚だけで着用すると、つい手抜きをしがち。なるべく鏡を見ながら行うのがオススメです。
着用法を変えると、バスト全体がホールドされている感じがアップします! 美バストサポート力が上がるので、着け方にも気をつけてみて。

30代からのナイトブラの選び方

30代になると、上胸のボリュームが落ち、貧相さが目立つように…。また、小胸であってもバストの下垂が気になる時期でもあると聞きます。
ナイトブラを愛用しているので、下垂はそこまで気にならなかったのですが、上胸のボリュームダウンは新たな悩みに。
そこで、よりホールド力が高いナイトブラに変更。上胸まで覆ってくれるタイプにすると、胸が流れるのが気にならなくなりました。
就寝中に着用するものなので、着心地を重視するのがオススメ。好みは人によりますが、ノンワイヤーでホックがないものの方が、締め付け感がなくて睡眠の邪魔になりませんよ。
また、レースなどで過度に装飾されたものは、チクチクしてしまうことも。まずはシンプルなデザインのもので試してみるのがオススメです。

毎日の習慣で美バストキープを!

ナイトブラ 胸 おっぱい バスト コツ
普段見えないところだから…と手を抜きがちですが、バストも加齢の影響を受けます。気づいたら形が崩れていたとショックを受ける前に、美バストキープを心がけてみて。
寝ている間はいろんな方向にバストが流れやすいため、夜にケアすることはとても大切! 美しいボディラインをキープするためにも、ぜひ試してみてくださいね。
(C)gpointstudio/Getty Images (C)_chupacabra_/Getty Images (C)golubovy/Getty Images
文・西田彩花

関連コラム