アイテム3点の置き画像
bookmark_off

やりすぎはNG…。“垢抜けアイ”を作るアイライナーの引き方

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2022.03.04
ついつい盛りがちなアイメイク。強すぎる印象を避けるには、アイライナーの引き方が鍵!抜け感やニュアンスを意識すれば、一気に垢抜けた印象へ近づけます。 目元にさりげない強さをもたらすアイテムと引き方のコツをチェックしましょう。
エッジは“柔らかく”が鍵
線ではなく“点”で埋めてさりげなく
カラーで簡単に抜け感・シャレ感をゲット
おすすめアイライナー3選

エッジは“柔らかく”が鍵

目元のスウォッチ画像
lacore
ナチュラルに目力を出すならリキッドではなくペンシルが正解。目尻は細いラインで跳ね上げたり流したりせず、輪郭をなぞるように引いて止めてみて。 目のフレームをしっかり際立たせるダークブラウンなら、ブラックで締めるよりも柔らかく優しい眼差しを叶えます。

線ではなく“点”で埋めてさりげなく

目元のスウォッチ画像
lacore
線で引くのではなく点を打つのが自然に盛るポイント。まぶたをグッと持ち上げ、まつ毛の際を埋めるようにドットライナーで点を入れていきます。まつ毛の下からアイライナーを差し込むと描きやすい◎。 下まぶたもまつ毛の隙間が気になるときは、擬似まつ毛を作るように軽くチョンチョンと点置きしてみて。インサイドに仕込むことで、やりすぎていないナチュラルな“垢抜けアイ”が完成。

カラーで簡単に抜け感・シャレ感をゲット

目元のスウォッチ画像
lacore
一気にこなれた雰囲気を出せるカラーライナーは垢抜けアイを作るのにピッタリ。目頭から目のフレームに沿って太めにON。下まぶたのキワにもさりげなくプラスすれば、浮かずに目元に統一感が出せます。 大胆にのせても重たい印象にみえない、明るめカラーとラメを含んだものをチョイスしてみて。

おすすめアイライナー3選

上からWAKEMAKE エニープルーフ ウルトラスリムアイライナー、フジコ 仕込みアイライナー、Witch's Pouch スキニージェルアイライナー
lacore
「WAKEMAKE エニープルーフ ウルトラスリムアイライナー」(写真上)は約2mmのスリムサイズのペンシルタイプ。05 パールブラウンは、しっかり引き締めながらニュアンスと抜け感を演出。ほんのりパールが入っていて暗くなりすぎない印象に。
3股に分かれたペン先でドットラインが楽々描ける「フジコ 仕込みアイライナー」(写真真ん中)。04 幻想ブラウンは、さりげなさを出すのにピッタリな明るい茶色。
塗った瞬間ピタッと密着する「Witch's Pouch スキニージェルアイライナー」(写真下)。04 シナモンは光によって反射する繊細なゴールドラメがIN。赤みを宿したブラウンは、色気もプラスしてくれます。

関連コラム