タレ尻に悩むなら… 美尻を復活させる【おしりほぐし】簡単習慣
bookmark_off

タレ尻に悩むなら… 美尻を復活させる【おしりほぐし】簡単習慣

anan Beauty+
anan Beauty+
2021.11.27
座りっぱなしのお尻は、肩と同じくらい“こっている”のをご存じですか? こったお尻は柔軟性がなく、放っておくとペタンコ尻になってしまうことも。そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が、“ふわふわにほぐれた美尻”を目指す簡単習慣をご紹介します。寝る前のちょっとした時間でできるので、さっそく今日から試してみて!
お尻の弾力を失うと腰痛になる可能性も…!?
お尻が冷えていたら改善が必要!
寝る前にしたい! ふわふわした上向き美尻を取り戻す「簡単引き締め習慣」
緊張と弛緩のバランスが大切!

お尻の弾力を失うと腰痛になる可能性も…!?

座りっぱなしの姿勢が続くと、お尻がカチカチにこり、お尻の弾力が失われていく可能性も。実はお尻のこりは、女性にとってマイナスの影響がたくさんあるんです。
お尻周りの筋肉は、上半身の重みを支えるクッションの役割をしています。お尻がこると、その重みを逃がすことができず、腰に負担がかかってしまうことに。ただでさえ座りっぱなしの姿勢で腰に負担がかかっているのに、お尻がこっているとその腰の負担を支えることができず、腰痛になる可能性も…。

お尻が冷えていたら改善が必要!

下半身は大きな血管が繋がっているので、お尻の筋肉がこると下半身の血流やリンパの流れが滞り、むくみや冷えの原因になることも。そのため、お尻の筋肉が萎えるとタレ尻に加え、冷えやむくみで悩まされるなど、マイナスな影響がたくさん出てきます。
お尻に触って冷えていたら要改善! お尻の弾力を取り戻し、プリッと引き上がった美尻を目指していきましょう。

寝る前にしたい! ふわふわした上向き美尻を取り戻す「簡単引き締め習慣」

お尻の筋肉を整え、下半身の血流を促す簡単なエクササイズを習慣にしましょう。
おすすめは夜寝る前にやること。下半身が温まり、安眠を促す効果も期待できますよ。
IMG_9764
1.仰向けの姿勢から始めます 2.両脚を持ち上げます
IMG_9765
3.右脚を上にして脚を組み、床に下ろします 4.両腕は楽な位置に置きましょう 5.両脚のスネ同士を引きつけて離れないように意識します
IMG_9766
6.息を吐きながら左に脚を倒していきます。膣を引き上げ、お尻全体に力を入れながら引き締める感覚で行いましょう
IMG_9765
7.息を吸いながらお尻と膣の力を緩めて、組んだ脚を元の位置に戻します
IMG_9767
8.再び息を吐きながら、膣を引き上げお尻全体を引き締めます。組んだ脚は右側へ倒していきましょう
IMG_9765
9.息を吸いながら膣とお尻の力を緩め、組んだ脚を元の位置へと戻します 10.左右で1セットとし、5~10回程度行いましょう 11.終わったら楽な姿勢で休みます

緊張と弛緩のバランスが大切!

両脚を倒したときに、引き締める感覚と緩んでほっとした感覚をバランスよく作ることで、お尻の弾力を取り戻していきましょう。ストレッチしたあとは仰向けの姿勢でリラックスし、刺激の余韻を味わってくださいね。
お尻からお腹の奥、脚の付け根から足先までポカポカし、じんわりと血が流れている感覚を持てたら、しっかり心身を緩められたサインです。体が温まって循環がよくなったことを感じられるでしょう。
ポカポカ温まった下半身を目指すことで、座りっぱなしの姿勢が多くても、タレ尻や冷え、むくみに悩むことが減るはずです!
©Roman Samborskyi/Shutterstock
上村 由夏 「マナヨガ」代表。 20代の頃、ストレス過多で喘息が再発。心身の調和こそ健康だと痛感し、ヨガセラピーを学び始める。また姿勢と歩き方から整え頑張らなくても、自然と痩せてキレイになっていく“マナメソッド”を発案。 現在は女性の体の巡りを目覚めさせるレッスンをテーマとし、エネルギーワークのエッセンスが残る古代ヨガをベースにした【マナメソッドセラピー】と【ゆる痩せマナメソッド】でボディ・マインド・スピリットの調和を大切にし外側も内側も本質的な幸せを見出セルレッスンを展開中。生徒は全国にわたり、個人レッスンはキャンセル待ちが出るほどの人気。
文 / 上村由夏

関連コラム