長く愛用しています! 女性約100人に聞いた「もらって嬉しかったコスメ」
bookmark_off

長く愛用しています! 女性約100人に聞いた「もらって嬉しかったコスメ」

anan Beauty+
anan Beauty+
2021.11.27
大切な人へのプレゼント、やっぱり喜んでもらいたいですよね! とはいえ、どのようなものだと喜ばれるのでしょうか、また贈る時は何に注意をすればよいのでしょうか? コスメのプレゼントというテーマでanan Beauty+ clubのメンバーに聞いてみました。大切な人へコスメのプレゼントを考えているかた必読です!
コスメのプレゼントはあり? なし?
贈り物名人になりたい

コスメのプレゼントはあり? なし?

プレゼントってすごく悩みますよね。アクセサリー、雑貨、食品、などに加え、コスメを選択肢のひとつに入れるかたも多いと思います。実際、プレゼントとしてコスメをもらうことは嬉しいのでしょうか? anan Beauty+ clubのメンバーにリサーチをしました。 ※anan Beauty+ club…美容・健康・エコ好きな女性たち約100名が集まるanan Beauty+の読者組織。
1
ほとんどのかたがコスメをプレゼントされて嬉しかった経験があるようです。コスメのプレゼントはあり、ですね。では、具体的にどのようなコスメが嬉しかったのでしょうか。
「デパコスのチーク、クッションファンデーション、マスカラ、メイク落とし。それまで、デパコスを使用したことがなかったので、こんなにいいんだ! と感激した」(27歳・主婦)
「ハイブランドの化粧水、コットン、リップクリーム、筆、ミラー、フェイスパウダーなど、普段自分では買えない消耗品をプレゼントされて嬉しかったし、気分が上がった!」(33歳・会社員)
「私に似合うだろうと考えて選んでくれたデパコスのリップ。パッケージに刻印もされていて、嬉しかったです! 色味もぴったりだったのでたくさん使いました!」(34歳・会社員)
「自分ではなかなか買わないけど、気になっていたブランドのコスメ。使ったことがないものに挑戦できるし、似合いそうと選んでくれたのが嬉しかったです」(35歳・自営業)
「自分では似合わなさそうだから買わないけど、可愛いなぁと思っていたコスメをもらった。そして、実はそれがとても発色がよく、使いやすいものだったので、嬉しさ倍増だった」(29歳・会社員)
「自分では買わないようなハイブランドのアイシャドウパレット。すごく嬉しくて長く使っています。また、スキンケア用品も試すには高いなというものをいただくとすごく嬉しいです」(29歳・会社員)
「ハイブランドのグロス。偏光パール入りの透明グロスで、手持ちのリップに重ね塗りできるアイテム。肌の色を選ばず、手持ちコスメと組み合わせられるのが良かったです」(33歳・自営業)
「自分では買わないハイブランドのもの」「リップやグロス」「ハンドクリームなどの消耗品」というものが多かったように感じました。また、色味は、透明または定番が多かったです。
では、逆にプレゼントされて、申し訳ないけど残念だったと感じたコスメはあるのでしょうか?
2
およそ半数以上のかたがプレゼントされたコスメが残念だったと感じたことがあるようです。具体的にどのようなものだったのでしょうか?
「パーソナルカラーから大きく外れている口紅。全く使えなかった」(27歳・主婦)
「イエベの私に、思いっきりブルベのリップとシャドウをもらった。どう頑張っても似合わなくて、眠っている。ファンデーション系は使用感の好みがあるので、もらっても使わないことが多い」(33歳・会社員)
「香料の強い入浴剤。海外コスメによくある香りなのですが、どうしても苦手でした。また、湯船に溶かすとラメが広がるタイプで、使用感も好みではなく、一度も使えませんでした。しかし、見た目はとても可愛いく、プレゼントをくれたことはすごく嬉しかったです。特徴的なアイテムは好みがわかれるなぁと学びになりました」(34歳・会社員)
「2万円くらいする高級メイクパレット。紫のアイシャドウで、普段使いしにくい」(31歳・主婦)
「超高級なフェイスパックをもらったのですが、肌が荒れやすいので、使えません。もしパックで荒れたら困るので、大事な日の前には使えないし、かといって日常に使うほどの代物でもなく。使い時に困りながら何年も眠ってしまっています」(29歳・会社員)
こちらの回答を見ると、「ハイブランドであればよい」「消耗品であればよい」とは必ずしも言えないことがわかります。
では、コスメをプレゼントするときに、どのようなことに気をつければよいのでしょうか? まずは、皆さんにコスメをプレゼントしたことあるかどうか聞いてみました。
3
ほとんどのかたが、これまでにコスメをプレゼントしたことがあるようです。
では、コスメをもらって嬉しかったり、あるいはちょっと残念な気持ちになった経験のある彼女たちが、実際にプレゼントするときはどんなことに気をつけているのでしょうか?
「その人の肌や雰囲気に合うようなカラーを選ぶ」(33歳・会社員)
「香りや色、使用感など、特徴的なアイテムは好みが分かれるので、いくつあっても困らないコスメや無難なものをあげるようにしています」(33歳・会社員)
「私は相手の欲しいものを聞いてしまうタイプです! いらないと思われるよりは、確実に使ってもらえるものをプレゼントしたいので、サプライズなく渡してしまいます!」(29歳・会社員)
「色付きや香りものはなるべく避ける。メイクはかなり好みが分かれると思うので、なるべく色がつかないリップや、超定番カラーのもののみにしています。あとはできるだけ自分が使ったことのあるものをチョイス。渡すときにおすすめポイントを話せると、相手も反応しやすいと思うので」(29歳・会社員)
「色ものは人を選ぶので、なるべく無難なチークとかアイライナー、マスカラ、基礎化粧品にする。パーソナルカラーをよく考慮して選ぶ」(27歳・主婦)
「年齢や肌の色味に合っているかをよく考える」(33歳・会社員)
これらの回答と、ハイブランドのもの、リップやグロス、ハンドクリームなどの消耗品が、もらって喜ばれるコスメなのではないでしょうか。また、回答にもあるように、サプライズはなくても、相手にきちんとリサーチすることもひとつの手ですね!

贈り物名人になりたい

プレゼント選びは、相手に喜んでもらおうと思えば思うほど難航します。もし、コスメをプレゼントの候補に入れているのであれば、このリサーチ結果を参考に、そして、相手のことを想いながらセレクトしてくださいね。
(C)netrun78/Getty Images
文・小田原みみ

関連コラム