洗顔後にすると見違える! 皮膚科医が教える「ツヤ肌になるスキンケアのコツ」と優秀ブースター3選
bookmark_off

洗顔後にすると見違える! 皮膚科医が教える「ツヤ肌になるスキンケアのコツ」と優秀ブースター3選

anan Beauty+
anan Beauty+
2021.10.29
乾燥しやすい季節となり、毎日のスキンケアで美容液などが肌に入りにくいと感じていませんか? それは過去に浴びた紫外線ダメージが影響しているのかも。皮膚科医が勧めるブースターの使い方と、新作から定番まで注目を集める資生堂・花王・BONOTOXの商品もご紹介します。
肌に化粧水・美容液が入りにくいのは光老化が原因かも…
スキンケアの一番最初にブースターを「3回に分けて」なじませる
スキンケアのファーストステップに! 注目のブースター3選
1. 毎日の大人肌のスペシャルケアに適した水美容液
2. 幹細胞と美容成分が最先端テクノロジーで配合された導入化粧水!
3. 肌を土台から整える定番アイテム!
Information

肌に化粧水・美容液が入りにくいのは光老化が原因かも…

ブースター 光老化 紫外線 資生堂 
スキンケアのとき、化粧水や美容液が肌に入りにくく、もう少し潤いたい。乾燥が気になる今の時期、そんな思いを抱いていませんか?
資生堂ジャパン株式会社が2020年12月、20歳~60歳の女性559人を対象に実施した「過去から現在にかけての紫外線との関わりと現在の肌状態の実感」に関する調査によると、過去に、紫外線を多く浴びてしまった女性ほど、現在の肌の衰えの実感や、「肌にいい成分が入っていかない」という実感を持っていることがわかりました。
この結果を受けて、皮膚科医の日比野佐和子先生は、過去の日焼け経験によって現在の肌の衰え実感に差があるのは、紫外線による「光老化」の度合いの差が一因だと推察できるといいます。
「すでに浴びてしまった紫外線ダメージは、もう手遅れなの?」と不安になった人もいるかもしれませんが、日比野先生は、あきらめずにケアすることで、ある程度リカバーできる可能性が高いといいます。
そのリカバーのための、スキンケア方法のテクニックを教えていただきました。

スキンケアの一番最初にブースターを「3回に分けて」なじませる

日比野先生によると、紫外線ダメージが蓄積した肌は、乾燥して保湿機能が低下していると考えられるため、一気に潤いを届けるのはむずかしいとのこと。そこで、洗顔後のスキンケアのいちばん最初にスペシャルケアを行うのがいいのだそう。それにより、スキンケアの効果をしっかりと受け止められる状態に整えることができるといいます。
ポイントは3つ。
洗顔後に、浸透しやすい液状のテクスチャーのブースターをつけます。つけるときは、3回に分けて、適量を段階的に、丁寧になじませていくようにします。浸透しやすいみずみずしいテクスチャーのものを選ぶのもいいでしょう。
このとき、老廃物を流すイメージでマッサージをするような動作でなじませるとより効果的だそうです。

スキンケアのファーストステップに! 注目のブースター3選

このスキンケアの最初のスペシャルケア、ぜひ実践して紫外線ダメージをリカバーしましょう。そこで、今回は、ライターがリサーチして見つけた、スキンケアの導入に使える注目のブースターを3つご紹介します。

1. 毎日の大人肌のスペシャルケアに適した水美容液

資生堂「リバイタル ローションセラム」
資生堂「リバイタル ローションセラム」本体180mL ¥6,600(税込)/レフィル165mL ¥5,720(税込)
資生堂『リバイタル』ブランドの新作、“水美容液”です。
「肌に潤いが入りにくい」「お手入れをしても、潤いが続かなくなってきた」といった肌悩みのために、美容成分を肌のすみずみまでめぐらせて行き届くよう、さらさらのローション状になっています。
スキンケアの最初のスペシャルケアに使えば、みずみずしいツヤのある、うるおいに満ちた肌を実現してくれます。
注目なのは、過酷な紫外線の下でたくましく生きる紫色の植物、紫蘇、ローズマリー、ラベンダー、シャクヤク、木苺の5種を厳選した成分「紫ファイブ」を配合しているところ。光ダメージに負けない紫植物が大人肌をサポートしてくれそう!

2. 幹細胞と美容成分が最先端テクノロジーで配合された導入化粧水!

BONOTOX「Timeless CODE デュアルステムセルエッセンス」
BONOTOX「Timeless CODE デュアルステムセルエッセンス」100mL ¥7,150(税込)
BONOTOXの『Timeless CODE』シリーズのひとつ、ブースターとしての役割を担う化粧水です。
『Timeless CODE』は、ヒト臍帯血幹細胞由来培養液とハス幹細胞由来培養液とともに、ヒアルロン酸やセラミドなど、厳選した美容成分を最新技術でカプセル化して配合することにより、必要な美容成分が必要なところに合理的に届くことで、肌の奥までしっかりと浸透し、ハリ・弾力のあるお肌へ導くシリーズです。
そしてこの導入化粧水は、ハリ・弾力に特化したエイジングケアにこだわり、2つの幹細胞培養液と厳選した美容成分を配合したブルーカラーの美容液に、さらに整肌・保湿に特化したモイスチャーオイルとブルーカラーのAHAカプセルの2つを加えた、サイエンス・テクノロジーを駆使したアイテム。
これを最初のステップに使い、同シリーズの美容液とクリームを続けて使うことで、最先端のケアが叶いそう!

3. 肌を土台から整える定番アイテム!

花王「ソフィーナ iP ベースケア セラム〈土台美容液〉」
花王「ソフィーナ iP ベースケア セラム〈土台美容液〉」本体 90g ¥5,500(税込)※編集部調べ
ブースター界では、筆頭に上る定番アイテム。高濃度炭酸の泡のが浸透する土台美容液です。
肌につけると、クリーミーな炭酸の泡が、なめらかに広がり肌に密着して、美容液が角層最深部にじっくり浸透し、血流を促進することで肌不調のない肌に導きます。
肌を潤いでやわらかくほぐし、次に使う美容液のなじみをよくしてくれます。これを使ってスキンケアをすれば、潤い密度の高い肌へと導いてくれます。
そのじゅわっと浸透する泡の感触は、癖になると評判! 毎日のスキンケアが楽しくなりそうですね。
これらのアイテムを使って、浴びてしまった紫外線ダメージをリカバーできるよう、毎日のスキンケアの最初にスペシャルケアを実施していきましょう!

Information

皮膚科医 日比野佐和子さん  アンチエイジングの第一人者として国際的に活躍するほか、テレビや雑誌などにも多数出演。医療法人社団康梓会 Y'sサイエンスクリニック広尾統括院長、大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学特任准教授、医学博士。内科医、皮膚科医、眼科医、アンチエイジングドクター(日本抗加齢医学会専門医)。
(C)Charday Penn/Getty Images
文・椎原茜

関連コラム