ピンクカラーのアイテムをまとめた画像
bookmark_off

クールな“ピンクメイク”に仕上げるコスメ選びのポイントって?

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2021.10.21
甘いメイクになってしまいがちなピンク。色の選び方によってはカッコよく仕上げることができます。組み合わせや色の使い方で印象はガラリと変化。 クールなメイクに使えるアイテムと使い方を解説します。
ボルドーシャドウを締め色に
繊細ラメのコーラルアイシャドウで上品に
チークはくすみピンクをチョイス
マット質感のリップで媚びない唇に

ボルドーシャドウを締め色に

BIDOL THE アイパレ 02 駆引きのピンクの画像
lacore
締め色にボルドーやバーガンディなど、濃い色を取り入れることがポイント。 『B IDOL(ビーアイドル)』の「THE アイパレ」は、カラー3色とハイライト1色をセットした4色パレット。パウダーは一つひとつきらめき具合が異なるのが特徴。完成度の高いメイクを叶えるこだわりの配色により、テクニックレスで綺麗なグラデーションが完成します。 02 駆引きのピンクは、上品な色味のボルドーが入っているため、クールな目元を作ることができます。

繊細ラメのコーラルアイシャドウで上品に

la peau de gem. single eye color se-08 light apricotの画像
lacore
目元の印象はラメに大きく左右されます。繊細なパールタイプのアイシャドウなら凛とした印象に。 「la peau de gem. single eye color」は、オイルベースで作られた密着度の高いアイシャドウ。ピンクとオレンジを混ぜたようなse-08 light apricotは、サッとひと塗りで甘すぎない目元に仕上がりに。繊細なゴールドとシルバーラメが上品な輝きをもたらしてくれます。 サラッとした手触りなのに、粉落ちしにくいのも◎。

チークはくすみピンクをチョイス

REVLON レブロン パーフェクトリー ナチュラル ブラッシュ 358 フレッシュピンクの画像
lacore
チークは、青みのないものを選びましょう。頬の高い位置からこめかみに向かって斜めに入れるとシャープな表情に。 「レブロン パーフェクトリー ナチュラル ブラッシュ」の358 フレッシュピンクは、パール入りで自然なツヤをプラスできます。質感の柔らかいパウダーが肌にフィット。長時間つけたての色味をキープしてくれます。

マット質感のリップで媚びない唇に

ease style マットリップ マットピンク
lacore
リップはマットタイプを選ぶことで、よりカッコいい印象へ。 『ease style(イーズスタイル)』の「マットリップ」は、絶妙なツヤ感も楽しめるアイテムです。 マットピンクは、美発色かつクールさとキュートさを兼ね備えた色味。存在感たっぷりの口元を演出します。

関連コラム