ヘアスタイル
bookmark_off

40代の50代は髪色に注意!ポイントと見本のヘアカラーカタログ

HAIR(ヘアー)
HAIR(ヘアー)
2020.09.16
40代や50代になったら、注意しておきたいのが髪色です。オシャレに見えるポイントや、今流行のカラーなどおすすめのヘアカラーをご紹介します。
40~50代のヘアカラーのポイント
40~50代のヘアカラー
ヘアカラーで印象の変化を楽しんで

40~50代のヘアカラーのポイント

40~50代の白髪対策

ShutterStock
どうしても白髪が目立ってくる40~50代は、白髪対策をしっかり行うことが大切です。ただ真っ黒にするだけでなく、白髪でも綺麗に染まるヘアカラーがあるのでそちらも検討してみましょう。

蓄積する髪のダメージ

ShutterStock
40代、50代になると髪を染めるごとにダメージが蓄積していきます。普段からカラーリングをされている方は、髪の表面にコーティングを行うで薬剤を髪の内部に浸透させにくい、ヘアマニキュアがおすすめです。

年齢に合った色の特徴

ShutterStock
40代を過ぎると白髪が増えたり、髪質が変わったりします。あまり明るすぎる色は、年齢よりも老けて見えたり、浮いてみえることも。より自然に見えるブラウンカラーなど、年齢に合わせた色選びをしていきましょう。

40~50代のヘアカラー

深みのあるレッドブラウン

横田 絵美 / La fith hair 梅田茶屋
ブラウンの中でも深みのあるレッドブラウンは、40代、50代の大人の女性にぴったりです。時間が経って色抜けしても、自然な明るいブラウンにしてくれるだけでなく、お肌に馴染みやすいカラーです。

ミルクティベージュで明るい印象に

KANA/tetohair
年齢を重ねた大人の女性だからこそ、明るいミルクティーベージュで全体的に明るい印象にしてみてはいかがでしょうか。若々しく見せる効果も期待できます。

ハイライトで白髪カバーにも

髙田浩司/Hair CALON
ベースのカラーよりもワントーン明るいカラーを入れるハイライトで、白髪を目立ちにくしてもおしゃれで素敵です。

ヘアカラーで印象の変化を楽しんで

ただ白髪を隠すだけでなく、年齢に合わせた大人のヘアカラーで印象の変化を楽しみましょう。年齢のせいでおしゃれを楽しめない時代はもう終わり!

関連コラム