骨格メイクのアイテムをまとめた画像
bookmark_off

メリハリの効いた顔へ!自然な陰影を作る“骨格メイク”のポイントとは?

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2022.01.11
凹凸の少ない日本人でも、メイクで陰影を作ることによってメリハリの効いた顔へ見せることができます。 例えば、ベージュ系のチークやハイライトとシェーディングの色を揃えることで統一感が生まれ、自然な影をつくりだせます。 ナチュラルなのに、シャープに見せてくれる“骨格メイク”にチャレンジしてみませんか?
マットなチークですっきりとしたフェイスラインを作る
濡れツヤハイライトで高さを出す
シェーディングでシャープな輪郭を

マットなチークですっきりとしたフェイスラインを作る

琥珀シリーズ べっ甲チーク/Joocyeeの置き画像
lacore
チークはこめかみに向かって斜めに入れるとシャープな印象に。華やかな明るいカラーよりも、少し暗さのあるベージュ系の色を使います。 『Joocyee(ジューシー)』の「琥珀シリーズ べっ甲チーク」は、マットな質感ですが、粉っぽくならずなめらか。ふんわりと頬を彩ります。 #B02 ラズベリーラムはコーラルベージュ。血色感を足しながら落ち着いた雰囲気を出します。

濡れツヤハイライトで高さを出す

gemini glow highlight/la peau de gem.の置き画像
lacore
ハイライトは鼻筋・唇の山の上・顎先に入れましょう。 縦の長さが気になる場合はCゾーンに、横の長さが気になる場合は目の下の三角ゾーンにも足すことで、顔立ちが際立ちます。 『la peau de gem.(ラポドゥジェム)』の「gemini glow highlight(ジェミニ―グロウハイライト)」は細かいラメがぎっしりと入ったクリームタイプ。ラメが肌の上でチラチラと輝き、しっとりとした濡れたようなツヤを表現できます。 ベージュはハイライトやアイシャドウベースとして、ブラウンはシェーディングやチーク、アイシャドウととして使うことができます。

シェーディングでシャープな輪郭を

LoveBearシェーディングパレット/Flower knowsの置き画像
lacore
『Flower knows(フラワーノーズ)』の「LoveBearシェーディングパレット」は、ハイライト1色と濃淡のシェーディングが1色ずつの組み合わせ。肌の色に合わせて濃さを調節できます。 シェーディングは顔の形によって入れ方を変えるのが美しく仕上げるコツです。

丸顔の方

フェイスラインに数字の3の形で入れシャープな輪郭に見せます。

面長の方

額の上部と顎先に入れ縦幅を短く見せます。

ベース型の方

エラ部分とこめかみの生え際に入れて余白を埋め、逆三角形の方は出っ張って見えるこめかみの生え際に入れます。

関連コラム