絶対買いたい! 韓国在住美容ライターが切望する「2021年最新の韓国コスメ」【前編】
bookmark_off

絶対買いたい! 韓国在住美容ライターが切望する「2021年最新の韓国コスメ」【前編】

anan Beauty+
anan Beauty+
2021.09.23
韓国在住の編集者・ライター、二俣愛子さんによる韓国の美容情報レポート。今回は、韓国のビューティアワード「NEXT K-BEAUTY 2021」のファイナリストブランドを紹介します。
韓国コスメのネクストトレンドが決定します!
「NEXT K-BEAUTY」とは、なんぞや?
キャンパス ブロッサム(CAMPUS BLOSSOM)
チェ―シング ラビット(CHASIN’ RABBITS)
ディクソニスト(DIXIONIS)
エリゼロン(ERIGERON)
ヒューカム(休_CALM)

韓国コスメのネクストトレンドが決定します!

韓国コスメ 最新 トレンド ヴィーガン 人気 
【韓国在住ライター二俣愛子のBeautyレポート】 vol. 3
こんにちは、韓国在住の編集者・ライターの二俣愛子です。
今回は、韓国でネクストトレンドになりうる話題のビューティブランドを選出する「NEXT K-BEAUTY 2021」のファイナリストになった10の韓国コスメブランドを【前編】【後編】の2つの記事でまとめてみました。
これを読めば、リアルな韓国コスメのトレンドブランドが見えてくるはず!

「NEXT K-BEAUTY」とは、なんぞや?

韓国コスメ 最新 トレンド ヴィーガン 人気 
「NEXT K-BEAUTY 2021」は、雑誌『marie claire』と、ビューティショップ「SEPHORA」(セフォラ)が共同して立ち上げたビューティアワードです。
2021年4月から8月までの5か月間、書類審査と『marie claire』の読者投票、専門家評価団のテスト、セフォラのMD評価団の審査を経て選定するというもので、まさに今韓国で話題になってきている“ネクストトレンド”コスメがチェックできます。
現在(9/15時点)では、ファイナリストとして10ブランドが選出されていて、この前編記事では、それらの注目ブランドをまずは5ブランドをご紹介していきます。

キャンパス ブロッサム(CAMPUS BLOSSOM)

韓国コスメ 最新 トレンド ヴィーガン 人気 
大学のキャンパスからインスピレーションを受けてMZ世代(※)向けに作られたヴィーガンブランドです。
(※)MZ世代:1980~1994年生まれを指すM世代(ミレニアル世代)と、1995~2004年生まれを意味するZ世代を合わせた造語。 
2020年には、エコプラスチック研究開発と合わせて、世界的な動物保護団体·ペタ(PETA)のヴィーガン認証マークまで獲得した本格派。
このブランドアイコンは、小さくて丸いコンパクトタイプのコスメ「マカロン」シリーズです。リップバーム、日焼け止め、コンシーラーなどがあり、フォルムがなんともいえず可愛いです♡
それぞれが手のひらにすっぽりる収まるミニサイズで持ち運びしやすく、着脱できるクリップでバッグや洋服などに挿せば、いつでもどこでも手軽に使えちゃいます。
その中でも、特に人気なのが「日焼け止め」。紫外線をカットしながら肌に無理な刺激を与えず、西洋梨と梨の樹液エキスが肌に潤いを与えてくれるのだそう。また、バナナから抽出したタンニン成分が肌への密着力を高めて紫外線遮断持続力を高め、球状パウダーがシルキーな仕上がりにしてくれるのだとか。
韓国では冬でも日焼け止めをベースに塗るのは基本中のキホン。この小さな「マカロン」をバッグに忍ばせておけば「あ、塗り忘れた!」というときもササッと取り出して塗ることができますよね。

チェ―シング ラビット(CHASIN’ RABBITS)

韓国コスメ 最新 トレンド ヴィーガン 人気 
物欲をガッツリと刺激してくれるポップなデザインと、“今”の時代にマッチした感性を盛り込んだコスメブランドが「チェーシング ラビット」です。
落書きしたようなキャッチ―なブランドデザインの裏には、クリーン成分(人体に害のない成分)のみ使用、動物実験反対、持続可能なエコパッケージ活用、ボディ&マインドバランスという4つの約束が盛り込まれています。
容器は、サトウキビで作った低炭素樹脂プラスチックやリサイクルに容易なイージー-フィルラベルを使用したり、箱なしの宅配包装など、さまざまなエコ活動を展開しているのも支持したくなるポイント。
代表的なコスメは、スキンケアとしては珍しいチャコールカラーのテクスチャーの「マインドフルバブルクレンザー」です。
洗浄力が一般炭の10倍に達する活性炭含んでいて、肌の老廃物を洗い流してブラックヘッドの予防に効果があるのだそう。
チャコールカラーのテクスチャーは人工色素を使わない炭本来の色。ヴィーガン成分が肌に優しく、肌や髪などどこでも洗浄できるんです。弱酸性で洗浄後にも肌が乾燥せず、肌の健康を取り戻す効果も期待できるのだとか。
ポップな見た目からも伝わるようにMZ世代に向けたブランド。次世代の代表コスメになりうるかも!?

ディクソニスト(DIXIONIS)

韓国コスメ 最新 トレンド ヴィーガン 人気 
マイルドな成分と商品の効能をすべて満たす「効能主義ヴィーガンビューティ」というコンセプトを掲げるのが「ディクショニスト」です。
この名前は、辞書を意味する「ディクショナリー」と、植物学者を意味する「ボタニスト」の合成語。「持続可能な自然成分で高い効能を持った製品を作る」というブランド哲学をひしひしと感じさせてくれます。
全ての製品は、「クリーン アット セフォラ(Clean at Sephora)」、「クレド(Credo)」など、海外のクリーンビューティ専門ショップの入店基準を満たすほど複雑に選定された無害成分のみ採用。また、100%リサイクルプラスチック、再生紙、ソイインク(最近韓国でよく見ます!)、エコ宅配包装などを固守した持続可能なパッケージで構成されています。
イタリアヴィーガン認証「マーク ブイ ラベル」と、「韓国ヴィーガン認証院」の認証を取得していることや、全製品を臨床試験にかけて、実際の効能を証明している超実力派。
このブランドでぜひゲットしたいのは、タンポポのアンプルやスクワランクリームを1本に入れた「クリームアンプル」です。
肌の鎮静や保湿効果を同時に叶えてくれるもので、振ってクリーム状にしてから使うという新感覚なテクスチャーも魅力。個人的にもこれはWISHリスト入り!

エリゼロン(ERIGERON)

韓国コスメ 最新 トレンド ヴィーガン 人気 
最近、韓国で盛り上がってきている天然ハンドメイドの固体シャンプー(韓国ではシャンプーバーともいいます)。
「エリゼロン」は、これをメインに展開するヴィーガンクリーンビューティブランドです。
「自然由来成分だけでビューティ製品を作る」こと、「動物性原料や動物実験をしない“正しい”ヴィーガン」をコンセプトに掲げています。
注目すべきアイテムは、化学成分を排除して漢方ハーブ成分と天然洗浄成分のみを入れて作った「オールインワン·ヴィーガン·シャンプーボール」。
パッケージもすごく可愛いくて「誰か誕生日の人いなかったっけ?」と、ギフトにしたいという思いが巡ります。
天然成分で誰でも安心して使うことができて、肌にやさしい洗浄成分を配合しているため、シャンプーだけでなく、フェイスクレンザーとボディウォッシュまでオールインワンのソープとして使うことができます。
また、製造過程で水を一滴も入れていないため、防腐剤がなくても変質の恐れが少なく、成分が希釈されないため毛髪と皮膚に効能をそのまま伝達できるという、考え尽くされたアイテム。
石鹸タイプのシャンプーを使ったことがある方はご存知かもしれませんが、使っているうちにホロホロと崩れたり、保管が大変だったりするのが難点なものもあるなかで、この商品は特許を取得した製法とレシピ、手作りの丈夫さのおかげで、使用中に簡単に熟したり割れたりしないのだとか。
しかも、これ1つでシャンプー500mLに相当するほどの多くの回数が使えるというのもメリット。
加えて、包装や配送過程でプラスチックゴミを全く作らないエコ政策を行っているのも今の時代にマッチしていますよね。

ヒューカム(休_CALM)

韓国コスメ 最新 トレンド ヴィーガン 人気 
「ヒューカム」というブランド名は、「休息」と「鎮静」という単語をつなげて作られたもの。
雨に濡れたさわやかな森や、水気を含んだ草の葉と木が吹き出す自然のエネルギーをモチーフに誕生し、自然から得た成分で都心の有害環境とストレスに疲れた現代人の肌に癒しを与えてくれます。
原料から製造までクリーンビューティガイドに合わせて、肌に刺激を与えないマイルドなフォーミュラと、最小限の製品で最大の効果を出すミニマルルーティン、不要な容器開発費用を減らして環境と内容物に集中したデザインなどは、「ヒューカム」が持続的に追求するブランドの哲学。
おすすめコスメは、コンブチャ成分を50%配合した「水分決トナーパッド」です。抗酸化効能がビタミンCの100倍以上のコンブチャが肌の抗酸化を助け、ガラクトミセス、独自成分のビタCブライトニングバイオームなどが、肌をなめらかにして明るくしてくれる効果が期待できるのだそう。
また、使用されている成分は、有害成分20種類を排除した「EWG」グリーン等級、パッドは100%純綿ヴィーガン生地で、敏感肌の方も安心して使える処方が嬉しい限り。
futa
二俣愛子  韓国・ソウルを拠点に、雑誌やWEBメディアでライターとして活躍中。コスメからグルメまで最新の韓国事情をインスタグラムでもお届け。ジュエリーショップ「Owol.」のオーナーも務める。
写真・文 二俣愛子

関連コラム