シェーディングとハイライトをまとめた画像
bookmark_off

“彫り深に見せる”メイクとコスメ選びのポイントって?

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2021.09.21
目鼻立ちのハッキリした彫りの深い顔。メイクで叶えるには、シェーディングとハイライトを効果的に使うことが重要です。フェイスライン、頬、目元に分けて“彫り深メイク”に使えるアイテムと、使い方をお届け。
自然な影を演出して顔に立体感を
高さを出したい部分にはハイライトを
ワントーングラデで彫りの深い目元に

自然な影を演出して顔に立体感を

ETUDE コントゥアパウダー クリエイター、インベンターの画像
lacore/左からインベンター、クリエイター
シェーディングは作り込みすぎると不自然な印象を与えてしまいます。フェイスラインに使うときは、自然な陰影を作り出せる色味のアイテムを選びましょう。 『ETUDE(エチュード)』の「コントゥアパウダー」は、元々の影を強調することで、立体感を与えてくれます。素肌への馴染みが良いのに、サッと入れただけで顔はシャープな印象に。 クリエイターは明るめの肌の方から自然な肌色の方まで使えます。インベンターは自然な肌色の方から、日に焼けて健康的な肌の方まで使える色味。深みのあるブラウンでくっきりとした影を演出することができます。

高さを出したい部分にはハイライトを

高さを出したい部分にハイライトをポンポンとのせて顔にメリハリをつけていきましょう。肌なじみの良いベージュやピンクを選ぶと失敗しづらいです。

ジェリータイプ

dasique Highlighter 01 Snow Auroraの画像
lacore
『dasique(デイジーク)』の「Highlighter(ハイライター)」は、柔らかいテクスチャーで肌にしっかりと密着し、ツヤ肌に見せてくれます。 01 Snow Auroraは、白浮きすることなく肌に馴染み、自然な立体感を演出します。

スティックタイプ

Emma's_b エマズビー マルチグロウバーム シマーラベンダー、シマーピンクの画像
lacore
「エマズビー マルチグロウバーム」は、ハイライト・アイシャドウ・肌ケアの3way。 とろけるように柔らかい質感でスルスルと塗ることができます。肌が潤っているかのような自然なツヤを与え、立体感プラスします。 ほんのりとピンクに色づくシマーピンクは、繊細な発色。パーソナルカラーを問わず使用できます。

ワントーングラデで彫りの深い目元に

REVLON レブロン カラーステイ ルックス ブック パレット 900オリジナルの画像
lacore
目元はワントーンでのグラデーションを意識すると彫り深に見せることができます。 ベージュトーンの8色がセットされた「レブロン カラーステイ ルックス ブック パレット 900 オリジナル」。マット・パール・シマー・メタリックとそれぞれに違う質感を効果的に使うことで、目鼻立ちがハッキリ見せることができます。 もっとも明るいカラーを目頭や上まぶたの中央にのせて立体感を出し、暗めのブラウンで目尻を引き締めることで彫りの深い印象になります。

関連コラム