実はいらなかった! 女性約100人に聞いた「手放しても困らないキッチン用品」
bookmark_off

実はいらなかった! 女性約100人に聞いた「手放しても困らないキッチン用品」

anan Beauty+
anan Beauty+
2021.08.22
コロナ禍になり自炊する機会が増えたことで、いつの間にかキッチン用品があふれてしまった…という人が多いように思います。そこで、anan Beauty+ clubのメンバーに、キッチン周りで、必要だと思っていたけど、手放してみたら「実はいらなかった・困らなかった物」についてリサーチしました。
キッチン周りをスッキリさせたい人、必読!
Q1. キッチン用品で「実はいらなかった物・困らなかった物」はありますか?
Q2. 「実はいらなかった物・困らなかった物」は何ですか?
Q3. 今後、キッチン用品で手放したい物は何ですか?
物を減らすと、生活感のないオシャレなキッチンに!

キッチン周りをスッキリさせたい人、必読!

なくて困らない 実はいらない キッチン 用品 アイテム
anan Beauty+ clubメンバーに、キッチン用品で、必要だと思っていたけど、手放してみたら「実はいらなかった物・困らなかった物」について聞いてみました。
※anan Beauty+ club…美容・健康・エコ好きな女性たち約100名が集まるanan Beauty+の読者組織。

Q1. キッチン用品で「実はいらなかった物・困らなかった物」はありますか?

実はいらなかった物 困らなかった物 キッチン
約60%の人が、必要だと思ったけど、手放してみたら「実はいらなかった物・困らなかった物」があると回答。
それではさっそく、「YES」と回答したみなさんに、どんなものを手放して良かったのかを聞いてみましょう。

Q2. 「実はいらなかった物・困らなかった物」は何ですか?

実はいらなかった物 困らなかった物 キッチン
3位 調味料
「興味があって購入した難易度の高い調味料。最初だけで、結局使わないことが多い」(35歳・契約社員) 「マヨネーズ、ケチャップ、ドレッシングなどの調味料。頻繁に使わないため、必要な時にミニサイズの商品を購入すれば良いとわかってから、冷蔵庫がスッキリしました」(32歳・会社員) 「つい珍しい調味料をほしくなりますが、基本的によく使う物のみを購入しています。できるだけストックはせず、なくなりかけで購入したほうが整理しやすいです」(33歳・会社員) 「本格的な中華料理を作りたくて調味料を買いましたが、結局その1回だけで、使わない」(38歳・専門職)
2位 食器
「来客用にお洒落なツールをたくさん用意しても、使うのは数回。場所を取るだけなので、捨てるのがもったいなくても手放すようにしています」(44歳・自営業) 「可愛いと思って買った食器やグラス。結局いつものが使い心地が良く、いらなかったです」(34歳・専門職) 「以前はたくさんの食器を持っていたのですが、毎日同じ食器を使っていることに気づき、数を減らしました。数種類あればほとんどの料理に対応できるので、整理して良かったと思います」(29歳・会社員) 「似ている大きさの食器は、気に入った1種類しか使わなかった」(33歳・専門職) 「テイストが違くても可愛いと思った食器を購入していましたが、意外と使わなかったです。ポイントを集めてもらえる食器もいらない」(38歳・専門職) 「結婚式の引き出物やお祝いなどでもらうことが多く、使わない食器が増えてしまいます。もったいなくても捨てることが大切」(33歳・会社員)
1位 キッチンツール
「長いトングを買ったら短いトングがいらなくなった」(36歳・会社員) 「まな板を手放しました。カッティングボードの方が軽くて手入れが楽だし、鍋などに食材を入れやすい」(39歳・会社員) 「木べらがあるので、フライ返しを使わなくなりました」(27歳・会社員) 「菜箸を普通のお箸に、しゃもじを木べらに、炊飯器を鍋に、など、複数の用途を見出すようにしてから、キッチンがキレイに片付くようになり、オシャレ感が出ました」(33歳・会社員)
2位の食器類は、可愛くて購入したものの使いにくかったり、いただき物でいつの間にか増えてしまうのでしょう。そのほかには、「キッチン周りの掃除用品」(36歳・会社員)や、「炊飯器」(36歳・会社員)、「鍋敷きは滅多に使わない」(33歳・会社員)、「水切りカゴ。洗ったらすぐに拭くようにしたら、キッチン周りがスッキリした」(34歳・会社員)などがありました。

Q3. 今後、キッチン用品で手放したい物は何ですか?

高機能調理家電
「オーブンレンジ。はりきって料理やパンを作ろうと思っていたけど、あまりオーブン機能を使ってないので要らないかも」(34歳・専門職) 「結局使っていない、ホームベーカリー」(40歳・会社員) 「ほとんど使っていない、ボタンひとつでご飯を作れる機械やジューサーを片付けて、キレイなキッチンにしたいです」(38歳・専門職)
食器
「おちょこが沢山あります。ほかにも、ワイングラスやシャンパングラスなど…飲み物によって使い分けるのが大変だから、種類を減らしたいです」(33歳・会社員) 「食器がたくさんあるので、よく使うのだけに厳選したいと思います」(24歳・会社員)
調味料
「賞味期限切れの調味料がたまっています」(36歳・会社員) 「自粛期間が明けたらまた外食が増えると思うので、今たくさん揃えている調理器具や調味料を減らしたいです」(33歳・会社員)
洗い終わった食器を置くボックス
「吸水効果が高いタオルなどが売っているので、洗い終わった食器を置くボックスを捨てようか悩んでいます。タオルだったらすぐ洗えるし畳めるので、スペース確保に良さそう!」(29歳・会社員)
食材のストック
「1度しか使っていない食材の余りが多いので、お得な大容量を買うのではなく、必要なときに必要な分だけ買うようにしたいです」(29歳・会社員)
割り箸
「もらった割り箸のストックが多くなってきたので、減らしたほうが良いかも…」(37歳・専門職)
使いこなせていない調理家電や、増えすぎてしまった食器、その時しか使わなかった調味料など、手放すには惜しいけど不要と感じている人が多いことがわかりました。食器類は、ほかの食器で代用できるケースが多いので、思い切って減らしてみると良いのかもしれません。

物を減らすと、生活感のないオシャレなキッチンに!

キッチン周りがごちゃついていると、料理の邪魔になったり、使う食器を悩んでしまうことも。思い切ってスッキリさせることで、ドラマに出てくるような、オシャレ感のあるキッチンにすることができそうです。
(C)wera Rodsawang//Gettyimages
文・三谷真美 グラフ制作・王悠夏

関連コラム