《初心者向け》メイクブラシの使い方・洗い方&おすすめのプチプラブラシ| “今さら聞けない”常識まとめ
bookmark_off

《初心者向け》メイクブラシの使い方・洗い方&おすすめのプチプラブラシ| “今さら聞けない”常識まとめ

ふぉーちゅん(FORTUNE)
ふぉーちゅん(FORTUNE)
2021.08.22
メイクの仕上がりに大きく影響するメイクブラシ。様々な種類のメイクブラシを正しい方法で使うことで、メイクの仕上がりの美しさが格段に上がります!しかしメイク初心者にとって悩みとなるのが、“メイクブラシの種類”や“使い方と洗い方”など。今回は、今さら聞くに聞けないメイクブラシの基礎知識をわかりやすく解説。さらにおすすめのプチプラメイクブラシもご紹介しちゃいます♡
【初心者さん向け】メイクブラシの種類や使い方を教えて!
メイクブラシの種類にはどんなものがある?
メイクブラシのお手入れ法 洗い方はどうするの?
メイクブラシの正しい保管方法
メイクブラシの持ち運びはどうするのがおすすめ?
プロも使う!初心者におすすめ♡人気のプチプラメイクブラシセット
正しいメイクブラシの使い方でいつものメイクがレベルアップ!

【初心者さん向け】メイクブラシの種類や使い方を教えて!

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクの際、専用の道具を使うのが面倒で指でコスメを塗布したり、付属の小さいチップでメイクをしていませんか?付属のチップのなかにも使いやすいものはありますが、粉含みのよいブラシや肌触りの良い毛質のブラシを使えば、メイクの仕上がりは格段にレベルアップします。プロのメイクアップアーティストが様々な大きさ、太さ、角度のメイクブラシを使い分けているように、用途によってメイクブラシの種類も様々。使いたいコスメアイテムに合わせたメイクブラシを使用することで、同じコスメでも仕上がりがグンと美しくなります。しかし、メイク初心者には“メイクブラシの種類もよくわからない”、“扱いが難しそう”、”洗い方がわからないし管理が大変そう”といった悩みがつきものです。今回はそんなメイクブラシの疑問を全部わかりやすく解説していきます。さらに初心者が使いやすいおすすめのプチプラメイクブラシもご紹介しますので要チェックです♡

メイクブラシの種類にはどんなものがある?

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクアップアーティストやエステサロンのメイクのプロたちが、大量のメイクブラシを広げてメイクを始める姿を見たことはありますか?手さばきに感動しながらも、“このメイクブラシは何に使うんだろう?”、“これとあれは似ているけれど用途が違うのかな?”などと思った方もいるでしょう。メイクブラシは大きく分けて【ベースメイク用ブラシ】と【ポイントメイク用ブラシ】に分かれます。さらに【ベースメイク用ブラシ】をさらに分けると、●ファンデーションブラシ●パウダーブラシ●フィニッシングブラシ●コンシーラーブラシなどがあります。【ポイントメイク用ブラシ】は●チークブラシ●シェーディングブラシ●ハイライトブラシ●アイシャドウブラシ●アイライナーブラシ●アイブロウブラシ●リップブラシなどに分けられます。この他にも、アイシャドウの色を混ぜるときのブレンディングブラシや、眉毛の毛流れを整えたりするスクリューブラシなどもあると便利です。
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
写真で説明すると、このようになります。(左から)【ファンデーション用】1番:ファンデーションブラシ(楕円・ショート)2番:フェイスブラシ【チーク用】3番: チークブラシ【シェーディング・ハイライト用】4番:シェーディングブラシ(斜め形)5番: ハイライトブラシ(斜め形)【アイメイク用】6番:アイシャドウブラシ(大)7番: アイシャドウブラシ(小)8番: アイシャドウブラシ(平)9番:ノーズシャドウブラシ(斜め形)【アイブロウ用】10番: アイブロウブラシ(斜め形)

【リキッドファンデーション用】メイクブラシ

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
ファンデーションを塗布する際にブラシを使えば、顔全体に均一にファンデーションをつけることができ、肌にしっかり密着して美しい仕上がりになります。毛穴の凹凸をしっかりカバーしながら塗布できてとても便利。指やスポンジに比べ、一か所にベタっとファンデーションがつかないので、ムラができにくく軽い仕上がりになりますよ。毛が密に詰まっていてふんわり丸く広がっている丸筆なら、リキッドファンデーションやファンデーションクリームをブラシ跡をつけずに綺麗に塗布することができます。

使い方

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
ファンデーションをつけたら筆を垂直に立て、顔の中心から外に向けて塗布していきましょう。ヴェールで覆ったようにファンデーションを軽くのせることができ、柔らかい印象に仕上がります。小鼻やまぶたなど細かい部分は最後に塗りましょう。筆に残ったファンデーションで塗ることで、厚塗りを防いで美しい陶器肌に仕上げることができます。

【パウダーファンデーション用】メイクブラシ

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
平べったく筆上部が丸くカットされている丸平筆は、パウダーファンデーションのほか、ルースパウダーやフェイスパウダーの塗布がしやすいファンデーションブラシです。肌の凹凸をカバーしながら薄くナチュラルに塗布することができます。筆を寝かせながら薄く塗っていくので、毛質にコシがあり、何度使ってもクタっとなりにくいものを選びましょう。

使い方

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
パウダーを筆に馴染ませたら、顔の中心から外に向けて筆を寝かせながら塗布していきましょう。軽く薄く伸ばすことを意識するのがポイント◎まずはしっかりカバーしたい小鼻から塗り始めます。顔の中央から外に向けて流れるように筆を動かしていきましょう。

【チーク用】メイクブラシ

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
チークは自然な血色感を出すために、軽くフワッとのせるのがポイント。そのためチーク用のメイクブラシは、空気を含んだかのようにふわふわの毛先になっているのが特徴です。丸平型になっているものも多く、オールマイティーに使えるので初心者でもかんたんに扱えるブラシです。

使い方

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
パウダーチークをブラシに含ませた後、余分な粉を手の甲で一度はらい、頬に楕円状にくるくると乗せます。顔の外側に向かって楕円を広げていきましょう。狭い範囲で円を描きキュートに仕上げたい場合は、頬の高い位置で丸を描くと綺麗に描けますよ。

【シェーディング用】メイクブラシ

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
骨格を活かしたシェーディングをすれば、顔をシャープに見せたり鼻を高く見せたりすることができます。そんな時に使えるのがシェーディング専用のメイクブラシです。シェードを入れたい時は斜めにカットされたブラシがおすすめ!顔の形に合わせてシェーディングが入れやすく、初心者も扱いやすいのが特徴です。頬骨の下など斜めにシェードを入れたい時に、この斜め切りされたブラシがぴったりと顔にフィット!思いのままにシェーディングすることができます。

使い方

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
ブラシに粉を含ませ、余分にとりすぎた分を手の甲で払い落とします。おでこや頬骨の下、顎回りにシェーディングを入れ、顔を一回り小さく見せていきましょう。

【ハイライト用】メイクブラシ

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
肌に艶を出したり顔に立体感をもたらしてくれるハイライト。毛先がコンパクトでピンポイントにハイライトを入れられるブラシがおすすめです。毛先が斜めにカットされていれば、細いラインも思い通りに入れることができ、とても便利ですよ。

使い方

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
ハイライトを入れたい場合は、立体感を出したい鼻筋・頬・顎・おでこにハイライトを乗せ、ブラシで馴染ませていきます。鼻筋など細い線を描きたい時は、筆を立てると塗布しやすいので試してみてください。

【アイメイク用】メイクブラシ

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
アイメイクが決まればメイクのテイストをはっきりさせることができます。それほど目元のメイクは、顔の印象を大きく変える大事なメイク。細かい部分にもしっかり色を乗せれるよう、細さや形の違うメイクブラシを活用していきましょう。アイホール全体に塗るための少し大きめのアイシャドウブラシから、二重ラインにシェードカラーを入れるのに使える平筆、涙袋や目尻などさらに繊細な部位に使える細筆など、サイズが豊富にあれば色んなアイメイクが楽しめます!

使い方

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
少し大きめサイズのアイシャドウブラシは、まぶた全体にまんべんなく色を乗せる時に使いましょう。筆にベースカラーをつけたら手の甲でつけすぎた分を払い、まぶたにフワッと色を乗せていきます。柔らかい毛質を活用して均一に色をのせれば、透明感のある目元に仕上がりますよ。
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
小さめのブラシはアイメイクのグラデーションやブレンドに使用しましょう。2~3色のアイシャドウの境目をぼかすと、トレンドのグラデーションアイが自然に完成します。
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
比較的コシのある平筆や細筆は、目尻に締め色をのせる際や、涙袋を作るのに使えます。ある程度硬くしっかりした毛質のものを利用して、細かいラインを引いたり目尻を引き締めたりしましょう。筆先にアイシャドウをのせ、筆を立てて使うことがポイント!ディテールを綺麗に描くことができますよ。

【ノーズシャドウ用】メイクブラシ

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
目頭の下のくぼみに淡いベージュ系の色をちょっと乗せると、メリハリのある表情になり鼻筋が通ったように見せることができます。そんな時に大活躍するのが、ノーズシャドウ用のメイクブラシです。ノーズシャドウ用のメイクブラシは、くぼみにすっぽり収まるように筆先が小さく、斜めカットになっています。

使い方

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
まず筆に色を取り、目頭と鼻の間の隙間からラインを入れていきます。筆の斜めカットを上手に使い、鼻の側面沿わせながらくぼみからスッとラインを引きましょう。

【アイブロウ用】メイクブラシ

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
斜めカットされた平筆のブラシは、眉頭から眉尻まで繊細な形を描くのにとても便利です。コシがあり硬めの毛質の方が色がのせやすく、小回りが利くサイズならなおおすすめ。理想の眉の形を描くことができます。

使い方

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
パウダーを筆に取ったら、眉の真ん中から眉尻に向けて筆をなぞらせていきます。筆に残ったパウダーで眉頭に色をのせ、自眉と馴染んだ自然なアイブロウメイクを作り上げましょう。

メイクブラシのお手入れ法 洗い方はどうするの?

ティッシュで軽く拭う

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクするたびにメイクブラシを洗うのは手間がかかりますし、ブラシが傷みやすくなってしまい消耗が早くなります。1本のメイクブラシで違う色を扱いたいときや、いつものメイクが終わったときにティッシュで軽く毛先を拭くだけでOK。

水で洗って乾かす

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
汚れが目立ってきたり、液含みや粉付きが悪くなったと感じたらしっかり洗いましょう。衛生的にも週に一度くらいの頻度で洗うのがおすすめです。なお、リキッドファンデーションやそのほかのクリームコスメを使用する際は、毎日洗うことで細菌の繁殖を抑えられます。用意するものはぬるま湯。汚れがひどい場合は洗顔石鹼を使って洗浄力をあげましょう。①ぬるま湯に付けて目元までしっかり濡らします。②洗顔石鹸をつけ、手のひらでくるくる動かして汚れを浮かします。③汚れが取れたら、再度綺麗なぬるま湯ですすぎ、ぎゅっと絞りましょう。④タオルやティッシュで水気を優しくとり、形を整えて乾燥させます。乾燥させる際は毛先が崩れないよう風通しの良いところに立てておきましょう。

メイクブラシの正しい保管方法

メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 塗り方 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシを綺麗に長持ちさせるうえで、どのように保管するかもとても大切です。持ち運びがしやすいようにポーチに入れて保管している人も多いですが、毛先が崩れたり、広がってしまうこともあります。摩擦が起き、静電気で埃なども付きやすくなるので、家ではペン立てや専用のブラシホルダーなどに立てて収納しましょう。

メイクブラシの持ち運びはどうするのがおすすめ?

メイクブラシ 持ち運び 使い方 お手入れ法まで解説
メイクブラシ 持ち運び 使い方 お手入れ法まで解説
外に持ち運ぶ際も、形が崩れず立てた状態で持ち運べるのが理想的。硬いペンケース風のメイクポーチや、メイクブラシ専用のポケットがついたポーチがおすすめです。

プロも使う!初心者におすすめ♡人気のプチプラメイクブラシセット

美容系プロ マリリンプロデュース メイクブラシセット
美容系プロ マリリンプロデュース メイクブラシセット
プロも使うおすすめのメイクブラシは、美容系YouTuber〈マリリン〉とSIXPLUS(シックスプラス)のコラボ商品『シックスプラス×マリリン コラボ メイクブラシ 10本セット』。YouTubeや多くのSNSでも「リリンプロデュースのメイクブラシがヤバい!」と話題になっています。メイクの仕方やメイクブラシの使い方はマリリンさんの動画で詳しく解説されているので、初心者の方でも使い始めやすいですね!10本セットで税込み5,390円なので、1本あたりおおよそワンコイン。プロがプロデュースしたブラシがこの価格で買えるならかなりお得です。メイクブラシでメイクの仕上がりがガラッと変わるので、プチプラでも質の良いブラシを選びましょう。

正しいメイクブラシの使い方でいつものメイクがレベルアップ!

美容系プロ マリリンプロデュース メイクブラシセット
美容系プロ マリリンプロデュース メイクブラシセット
メイクブラシをたかがツールと侮ってはいけません。形や大きさの異なるブラシを使い分けることで、メイクの仕上がりは見違えるほど変わってきます。正しい使い方や洗い方を学び、毎日のメイクにメイクブラシを取り入れていきましょう!洗う・立てるなど、お手入れの手間が少し増えますが、その分いつものメイクがワンランクアップ。魅力が上がったあなたをお披露目しちゃいませんか?

商品情報

SIXPLUS(シックスプラス)『シックスプラス×マリリン コラボ メイクブラシ 10本セット』価格:5,390円(税込)【セット内容】1. ファンデーションブラシ(楕円・ショート)2. フェイスブラシ3. チークブラシ4. シェーディングブラシ(斜め形)5. ハイライトブラシ(斜め形)6. アイシャドウブラシ(大)7. ノーズシャドウブラシ(斜め形)8. アイシャドウブラシ(小)9. アイシャドウブラシ(平)10. アイブロウブラシ(斜め形)
--------------------------------------------------------------【執筆】使用感は、化粧品検定1級/美容ライター歴4年以上の編集部ライターによる感想です。--------------------------------------------------------------

関連コラム