韓国の超人気コスメも! 美容好きが絶賛する「ツヤ顔になれるシャドウパレット」3選
bookmark_off

韓国の超人気コスメも! 美容好きが絶賛する「ツヤ顔になれるシャドウパレット」3選

anan Beauty+
anan Beauty+
2021.08.19
マスクで顔の下半分が隠れる機会が多いこともあり、目元メイクに注目が集まっていますが、テクニックでアイメイクに変化をつけるのは難しいもの。そこで、組み合わせ次第で簡単にアレンジできるアイシャドウパレットをご紹介します。
目元を彩るアイパレット3つ!
BLEND BERRY(ブレンドベリー) 「オーラクリエイション」
CLIO(クリオ) 「プロ アイ パレット ミニ」
peripera(ペリペラ) 「デュオ ポケット グリッター シャドウ」
アイメイクに変化をつけて脱マンネリ!

目元を彩るアイパレット3つ!

いつも同じカラーだとマンネリしてしまうので、複数色がセットになったパレットや、いつものメイクにプラスできるグリッターシャドウをご紹介します。

BLEND BERRY(ブレンドベリー) 「オーラクリエイション」

ブレンドベリー シャドウ アイメイク 目元メイク パレット
『BLEND BERRY(ブレンドベリー)』の「オーラクリエイション」から、秋の限定カラー2色が、全国のバラエティショップを中心に数量限定で登場。
赤をベースに透明感やくすみ感のニュアンスを取り入れた、素肌と調和するカラーレンジで構成され、色と質感を自由に操ることのできる6色のアイシャドウパレットです。独自のカラー理論で、ブルーベース・イエローベースにとらわれることなく、それぞれの魅力をさらに引き立たせます。
カラー展開は、まるで本物の血色感を演出する「101(グースベリー&セピアブラウン)」、ボルドーカラーがじんわりにじむ「102 (ザクロ&シュガリーピンク)」の2色。
ブレンドベリー オーラクリエイション 限定カラー2色 各¥1,650(編集部調べ・数量限定)

CLIO(クリオ) 「プロ アイ パレット ミニ」

クリオ シャドウ アイメイク 目元メイク パレット
2019年3月に韓国でローンチ以降、現在まで367万個(※1)もの販売数を記録した『CLIO(クリオ)』のベストセラー「プロ アイ パレット」から、本当に必要なカラーだけを厳選し、持ち運びしやすいミニサイズにした「プロ アイ パレット ミニ」が登場。日本全国の有名バラエティショップ、ドラッグストアなどで購入できます。
マットシャドウ、グリッター、パール入り、シマーなど、同系色の陰影カラーと質感の異なるグリッターを組み合わせたアイシャドウパレットです。単色で使用したり、2種を混ぜて使ったり、多様な演出が可能。グリッターは透明感があり、デイリーメイクにも負担なく使えます。
カラー展開は、落ち着いた雰囲気のミュートメイクを演出する、ブラウン系のシャドウとゴールドのグリッターの「01モノムード」、甘すぎない、大人っぽさのあるピンクメイクに仕上がるピンク系のシャドウとグリッターの「02ロージーヘイズ」の2色です。
クリオ プロ アイ パレット ミニ 全2種 各¥2,640
※1 「プロ アイ パレット」01~09全体の累計販売個数(2019年3月〜2021年5月)

peripera(ペリペラ) 「デュオ ポケット グリッター シャドウ」

peripera ペリペラ シャドウ アイメイク 目元メイク パレット ラメ
『peripera(ペリペラ)』から、いつものアイメイクにキラキラをプラスする、クリアな発色の「デュオ ポケット グリッター シャドウ」が登場。イエベにもブルべにも使いやすい2色構成のグリッターシャドウで、ガラスのように澄んだシマーなテクスチャーが特徴です。
カラー展開は普段使いに最適なグロウシャンパン系カラーの「01 カラメライズド ソルト」、パープル系のシマーシャドウと、人魚の涙をモチーフにしたホワイトグリッターの「02 シーシェル クランブル」、目元にポイントを作るスパークリングピンク系の「03 ソルティッド シュガープラム」の3色。まぶたや涙袋はもちろん、ボディ、指、耳にもキラキラを楽しむことができます。
ペリペラ デュオ ポケット グリッター シャドウ 全3色 各¥880

アイメイクに変化をつけて脱マンネリ!

シャドウのカラーを変えるだけなら、メイク初心者さんでも簡単。組み合わせや塗る位置次第で何通りものメイクを楽しめるので、シャドウパレットを活用してみてください。
【参考】
メイクブランド『BLENDBERRY(ブレンドベリー)』より、限定アイシャドウパレットを7月21日より発売‐PR TIMES
話題の韓国コスメ「CLIO」「peripera」の新作アイシャドウ、遂に日本公式オフライン販売開始!‐PR TIMES
文・三谷真美

関連コラム