プチプラから厳選! ドラッグストアで買える「優秀オイルクレンジング」3つ
bookmark_off

プチプラから厳選! ドラッグストアで買える「優秀オイルクレンジング」3つ

anan Beauty+
anan Beauty+
2021.07.31
メイクの濃さや肌への負担の少なさなどを考えて、クレンジングを選んでいる人もいるでしょう。なかでも、洗浄力が高いとされている「クレンジングオイル」はゴシゴシこすったり、クレンジング剤で2度洗いしなくても濃いめのメイクも落ちるのが魅力。今回は“ばっちりメイク”をしたときに筆者が使っている「ドラッグストアで買えるおすすめのオイルクレンジング」をご紹介します。
“マイクレ”の愛称でお馴染み! スルスル落ちるオイルクレンジング
『ファンケル マイルドクレンジングオイル』
毎日メイクにはこれ! うるおい残るオイルクレンジング
『ニベア 美容オイルクレンズ』
メイクを落としながら癒されるオイルクレンジング
『エクセル セラムオイルクレンズ』
ドラッグストアにはオイルクレンジングが豊富!

“マイクレ”の愛称でお馴染み! スルスル落ちるオイルクレンジング

『ファンケル マイルドクレンジングオイル』

『ファンケル マイルドクレンジングオイル』
1本目は“マイクレ”と呼ばれて親しまれているファンケルの「マイルドクレンジングオイル」です。
ファンケルでは「フレッシュ期間」という開封してから使い切るまで、安定した品質で使える期間があるので、あれこれクレンジングを試したい筆者はあえてポンプ式ではない60mlの小さいサイズを選んで使っています。
『ファンケル マイルドクレンジングオイル』
マイルドクレンジングオイルはとろみのあるテクスチャーのオイルなのがポイント。一滴垂らしただけでメイクがジュワッと浮いてくるのが分かります。
奥二重なのでウォータープルーフのマスカラが手放せない筆者ですが、ウォータープルーフのアイテムでも一往復指で馴染ませただけでだいぶ落ちていると実感できますよ。
【商品情報】 『ファンケル マイルドクレンジングオイル』 価格:¥1,078 内容量:60ml

毎日メイクにはこれ! うるおい残るオイルクレンジング

『ニベア 美容オイルクレンズ』

『ニベア 美容オイルクレンズ』
次にご紹介するのはニベアの『美容オイルクレンズ』です。
ウォータープルーフのマスカラは少々落ちにくいものの、クッションファンデーションのようなカバー力の高いベースメイクでもするんと落ちます。
スクワランやホホバ種子油といった保湿力に優れた成分が配合されているので、高い洗浄力のオイルクレンジングなのにキュッとつっぱる感じもしませんでした。
『ニベア 美容オイルクレンズ』
写真はウォータープルーフのマスカラに数滴垂らして、5回ほどクルクルと馴染ませた様子です。完全にではありませんが、だいぶ薄くなっていますよね。
筆者は平日ウォータープルーフマスカラを使わずクリアマスカラのみのメイクですし、ベースメイクもクッションファンデーションか化粧下地のみのことが多いのでこれくらいの洗浄力で十分。
メイクの濃さに対して必要以上に洗浄力の高いクレンジングを使ってしまうと、肌に必要なうるおい成分まで落としてしまうことがあるので、その時々に合わせてクレンジングを選ぶことも大切です。
【商品情報】 『ニベア 美容オイルクレンズ』 価格:オープン価格 内容量:195ml

メイクを落としながら癒されるオイルクレンジング

『エクセル セラムオイルクレンズ』

『エクセル セラムオイルクレンズ』
最後はメイクアイテムが人気のエクセルから新しく発売した『セラムオイルクレンズ』です。
これは、様々な種類のオイルを配合しうるおいを保ちながらメイクを落としてくれるオイルクレンジング。
なんといってもベルガモットとユーカリのフレッシュな精油の香りがたまりません。メイクを落としながら心まで癒してくれます。
『エクセル セラムオイルクレンズ』
こちらもウォータープルーフマスカラの上から数滴垂らして5回ほどクルクルと馴染ませた様子です。このマスカラは筆者が使っているマスカラの中でも特に落ちにくいのですが、だいぶ落ちているのが分かります。
セラムオイルクレンズは洗い上がりもしっとりとしているので、毎日使いしてもいいと思えるオイルクレンジング。そして、クレンジングをしていると包み込まれるような精油の香りでとてもリラックスできますよ! 
【商品情報】 『エクセル セラムオイルクレンズ』 価格:¥1,980 内容量:195ml

ドラッグストアにはオイルクレンジングが豊富!

フラッと立ち寄れるドラッグストアには、するんとメイクを落としてくれるオイルや、毎日使ってもうるおいを残してくれるもの、そして香りで癒されるものなどオイルクレンジングアイテムが豊富です! 
メイクの濃さや仕上がりの好みに合わせて使い分けてみてくださいね。
【参考】 『ファンケル』公式サイト 『ニベア』公式サイト 『エクセル』公式サイト
文/皆川みほ

関連コラム