タイプ別ラメアイシャドウ3種類
bookmark_off

濡れツヤな目元に♡ラメアイシャドウを使いこなすコツ

みしま
みしま
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.09.25
ひと塗りでパッと明るくツヤのある目元に見せてくれるのが、ラメアイシャドウ。ツヤ感メイクがトレンドの今、使いこなしたいアイテムのひとつだと思います。 そこで今回は、ラメアイシャドウを使ったアイメイクを、アイシャドウのタイプ別にご紹介します。ぜひ自分の挑戦したいツヤ感メイクの参考にしてみてくださいね♪
ラメアイシャドウの主な入れ方を紹介
グリッターを散りばめて大胆に!パウダータイプのラメシャドウ
ヨレない飛ばない密着力♡クリームタイプのラメシャドウ
手軽に欲しいところだけ♪スティックタイプのラメシャドウ
ラメアイシャドウを使いこなしてトレンドのツヤ感アイに

ラメアイシャドウの主な入れ方を紹介

ラメアイシャドウを塗った目元の画像
ラメアイシャドウの入れ方は主に3種類。 ひとつめは、アイホール全体に入れる方法。ラメの大きさに関わらず、どんなラメアイシャドウでも取り入れることができる入れ方♪アイシャドウのベースとして使うと自然な濡れツヤアイに。また、アイシャドウの仕上げとして上から重ねると、ツヤが際立つグリッターアイにすることができます。 ふたつめは、ポイントで使う方法。ナチュラルにするなら細かいラメを黒目の上に。ラメの存在感を活かしたいなら、大きめのラメを目尻や三角ゾーンなどに入れるのがおすすめです。 みっつめは、涙袋に入れる方法です。こちらは基本的に細かいラメのアイシャドウを使うのがおすすめ。大きいラメを使う場合は、黒目の下にポイントをしぼって入れると可愛いらしくうるんだ目元に仕上げられます♪

グリッターを散りばめて大胆に!パウダータイプのラメシャドウ

ここからは、ラメアイシャドウをタイプ別にご紹介します。 ひとつめは、定番のパウダータイプのアイシャドウ。
アディクションアイシャドウ091番Super Moon
パウダータイプは粉体に油分が少ないため、サラサラとしてカラーの伸びが良いところが特徴です。ヨレづらく簡単にムラのない仕上がりが叶えられるため、ラメを幅広く入れて目立たせたいときにはぴったり。 ラメの大きさも、細かなものからグリッターのようにザクザクとした大胆なものまで、幅広く展開されています。ブラシ・チップ・指などツールを変えることで調節ができるので、パウダーのラメシャドウを持っておけば様々なニュアンスチェンジが可能です。 私の愛用しているパウダータイプのラメシャドウは、『ADDICTION(アディクション)』「ザ アイシャドウ」91番Super Moon。 スーパームーンという名前がぴったりの、月光のように上品なゴールドラメがザクザク入っています。黄みが抑えめになっているため、どんなアイシャドウとの相性も抜群。パーソナルカラーも選ばないため、どなたにもおすすめできます。

ヨレない飛ばない密着力♡クリームタイプのラメシャドウ

アイシャドウの持ちが気になる方には、クリームやジェルタイプのラメシャドウがおすすめです。
エレガンスアイシャドウ レヨンジュレアイズ
クリームタイプはしっとりした質感でまぶたにフィットするため、粉が散ってしまったりラメが飛んでしまう心配がありません。 クリームタイプのアイシャドウは上品なパールやラメの細かいものが多いため、ナチュラルな仕上がりや自然な発光感が叶えられます。濡れたようなツヤ感とじゅわっとした発色で、ほんのり色っぽさを演出することもできます。 クリームタイプのアイシャドウは、幅広くまぶたに入れる使い方が向いています。アイシャドウベースとしてアイホールに伸ばしたり、パウダーシャドウの上からラメ感をプラスするために使うのもおすすめです。 私の愛用しているクリームタイプのラメシャドウは、『Elegance(エレガンス)』「レヨン ジュレアイズ」。特有のプルンとした触り心地がジュレのような質感です。ベタつきもなく、細かなラメが目元にみずみずしいきらめきを与えます。

手軽に欲しいところだけ♪スティックタイプのラメシャドウ

細かいニュアンスを出すなら、スティックタイプのラメアイシャドウがおすすめです。
エチュードハウスアイシャドウ キラキラアイシャドウ
スティック状になったアイシャドウは、指やブラシよりもポイント使いがしやすいところが魅力的。するするとなめらかに描けるので、ツールを使うのが苦手な方でも簡単に描くことができます。 黒目の上に乗せて自然なツヤ感を演出したり、目尻だけに使うなど個性的でトレンド感のあるメイクにもぴったり。また、細く描ける特徴を活かして涙袋メイクに使用するのもおすすめです。 私が愛用しているスティックタイプのアイシャドウは、『ETUDE HOUSE(エチュードハウス)』「キラキラ アイシャドウ」。 細かなラメがぎっしり入っているので、ナチュラルながら存在感もアップさせてくれます。しっとりとまぶたになじんでくれるため、ヨレの心配もありません。とても使いやすいスティックシャドウは、ストレスフリーにメイクを楽しみたい方におすすめです。

ラメアイシャドウを使いこなしてトレンドのツヤ感アイに

タイプ別にラメアイシャドウの魅力をご紹介しました。 ラメアイシャドウは、人それぞれの目の形によってヨレやすさや崩れやすさに違いがあります。そのため、よりアイメイクを楽しむためには、アイシャドウの特徴を知り自分にぴったりのアイテムを選ぶことが大切です。 ぜひ皆さんも、自分にぴったりのラメアイシャドウで、ツヤ感の綺麗なトレンドメイクに挑戦してみてくださいね♪

関連コラム