ふんわり立体的な眉毛をつくるRMKのアイブロウ!
bookmark_off

ふんわり立体的な眉毛をつくるRMKのアイブロウ!

Coco
Coco
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.09.22
今回はアイブロウアイテムを2つご紹介したいと思います!アイブロウアイテムは単品使いよりも、様々なアイテムと組み合わせることで理想の眉毛に近づきます。 今回紹介するアイテムはRMKの「Wアイブロウ」と「Wアイブロウカラーズ」。どちらも一本に様々なアイブロウアイテムが一体となっている商品で、使い勝手がとてもよくおすすめのアイテムです。
これ一本でナチュラル眉をゲット!RMKのWアイブロウ
柔らか質感とラメ入りパウダーでふんわり立体眉に
アイブロウマスカラを使えば簡単垢抜け眉に
自分の思い描く理想の眉毛を完成させてみませんか?
自由な組み合わせができるRMKのアイブロウアイテム

これ一本でナチュラル眉をゲット!RMKのWアイブロウ

まずアイブロウの基本となるパウダーとペンシルのご紹介です。 Wアイブロウはひとつにペンシルとスクリューブラシが一体になっていて、そこに自分の好みのカラーのアイブロパウダーを別売りで購入し、スクリューブラシにセットするという商品。 スクリューブラシは肌に当てても痛くなく、お直しも楽です。一本に3つの役割があるのは、とてもコンパクトに使えて持ち運びにも便利。
眉頭はパウダー、眉尻にかけてペンシルを使っていく、と使い分けることも簡単。 パウダーは蓋のところに粉が入っていて、回してパウダーを取るたびに粉が付く仕組みになっています。 ペンシルの方は平らな楕円になっていて、エッヂを使えば眉尻も自由自在に描くことができ、細くしたい部分など細かい部分も描きやすくとても便利。

柔らか質感とラメ入りパウダーでふんわり立体眉に

実際に肌に描いてみました。上がペンシル、下がパウダー。 ペンシルは繊細な眉毛をなぞっても赤くならず柔らかい質感で、とても描きやすいです。 写真では分かりずらいですが、パウダーには細かいラメが入っていて可愛い。このラメ感が眉の立体感を作り、同時に透明感も出してくれます。薄付きなので、ナチュラルにふんわり仕上げてくれます。

アイブロウマスカラを使えば簡単垢抜け眉に

続いて紹介するのは、Wアイブロウカラーズ。こちらはアイブロウマスカラとアイブロウライナーが一体になっているアイテムです。 眉マスカラは、メイクが濃くなるイメージもあると思いますが、眉マスカラを使うことで垢抜けた眉毛を簡単につくることができるんです。 通常の眉マスカラとは違って、ブラシが小さく丸みを帯びているので細かいところも塗りやすく、べたっとたくさんついてしまう心配もありません。 ライナーも描きやすいサイズの筆になっています。
使い方は、まず先程紹介したWアイブロウのパウダーとペンシルで眉の形を整えます。 その後、眉マスカラで眉頭の毛を立たせるように塗っていき、馴染ませて立体的にさせていきます。最後にライナーで隙間を埋めるように描き足すと、綺麗な垢抜け眉に仕上がります。 作ったような眉毛ではなく、本来の眉毛を生かすしながら眉メイクできるのが特徴です。

自分の思い描く理想の眉毛を完成させてみませんか?

実際に今紹介した4種類のアイテムを使って眉毛を描いてみました!私はもともと顔が薄い方なので、メイクも薄くしています。なので私の場合、全てにおいて薄くつけています。 4種類のアイテムを自分好みに濃淡つけて組み合わせることができるので、もっと濃くすることも可能です。 眉の形や、理想とする眉は人によって違ってくるので、組み合わせによって自分好みの眉にできるアイテムは大事なポイントですよね。 ぜひ4種類そろえて、お気に入りの付け方や組み合わせを模索してみてください!

自由な組み合わせができるRMKのアイブロウアイテム

ペンシルだけ、パウダーだけ、マスカラだけでも眉メイクは完成しますが、これらを組み合わせるだけでもっと素敵な理想の眉毛を作ることができます。 Wアイブロウ(パウダー)はダークブラウン・モカブラウン・ライトブラウンの3種類。Wアイブロウ(ペンシル)はグレー・ダークブラウン・オリーブブラウンの3種類。そしてWアイブロウカラーズ(マスカラ)はキャラメルゴールド・マロンブラウン・ゴールデンモーヴ・レッドブラウンの4種類のカラーラインナップがあります。自身に合ったカラーを見つけて、ぜひ試してみてください。その日の気分やメイクに合わせて色を選んでみるのもいいですね。

関連コラム