コスメ3商品の置き画像
bookmark_off

涼やかなブルーアイシャドウを使ったカラーメイクに挑戦しよう

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2021.07.27
涼しげな印象を与えるブルーアイシャドウ。使う時は思いきってグリッターを合わせてみたり、マスカラの色をネイビーに変えたりすると、おしゃれ感が増しますよ。
ベースとなるブルーアイシャドウ
ネイビーマスカラで白目を綺麗に見せる
カーキアイライナーで一気におしゃれ顔
ブルーアイシャドウ×グリッターは定番の組み合わせ

ベースとなるブルーアイシャドウ

ORBIS ツイングラデーションアイカラー ターコイズシーの画像
シアーな発色が楽しめるタイプのアイシャドウ。『ORBIS(オルビス)』の「ツイングラデーションアイカラー」は、肌馴染みしやすさを考えて色設計されたアイテムです。 ターコイズシーは、南国の海ときらめく海岸をイメージしたブルーとベージュで構成されています。透け感があるブルーなので失敗しにくく、さりげなく入っているパールが目元を明るく見せてくれます。ベージュカラーはハイライトとしても使うことができますよ。 ー <ORBIS>ツイングラデーションアイカラー ターコイズシー/1,100円(税込)

ネイビーマスカラで白目を綺麗に見せる

AQUA・AQUA オーガニックロングマスカラ 03ネイビーブルーの画像
『AQUA・AQUA(アクア・アクア)』の「オーガニックロングマスカラ」の03 ネイビーブルーは、ブルーのアイシャドウと相性抜群。最初の印象はブラックに近いですが、視線を動かすことでネイビーの存在感を感じることができます。 まつ毛をいたわるフルーツ美容成分(※)を配合のため、まつ毛をケアしながらカラーメイクを楽しめます。ネイビーには白目を綺麗に見せてくれる効果もあるので、ブルーアイシャドウのクリアな発色も引き立たせてくれるでしょう。

カーキアイライナーで一気におしゃれ顔

UZU EYE OPENING LINER KHAKIの画像
ブルーアイシャドウには、同じくクールな印象を与えてくれるカーキのアイライナーを組み合わせるのも◎。『UZU(ウズ)』の「EYE OPENING LINER(アイオープニングライナー)」のカーキは、数あるカーキのアイライナーの中でも発色が控えめで、どちらかといえばブラウンよりのカーキなのが特徴です。 自然に目をはっきりさせてくれるため、日常使いもしやすい。多少こすれても色落ちしないので、汗をかきやすい時期のメイクにもピッタリ。ブルーアイシャドウ×カーキアイライナーで夏メイクを楽しんで。 _ <UZU>EYE OPENING LINER KHAKI/1,650円(税込)

ブルーアイシャドウ×グリッターは定番の組み合わせ

peripera シュガー トゥインクル リキッド グリッター 01グリッターウェーブの画像
爽やかな印象のブルーアイシャドウを際立たせるには、グリッターを合わせると良いでしょう。少し派手かなと思うくらいの大粒のグリッターを思い切ってのせることで、ブルーアイシャドウを使ったメイクを存分に楽しめます。 『peripera(ペリペラ)』の「シュガー トゥインクル リキッド グリッター」の01 グリッターウェーブは、透明感のあるオパールホログリッター。ブルーアイシャドウの発色を邪魔せず、クリアな印象をプラスしてくれます。  細いチップで使いやすいのも特徴です。細かくグリッターをのせたい時にも、広い範囲にのせたい時にも、問題なく望み通りの目元が叶います。水分を65%以上配合し、ラメや粉飛びもしづらく、ラメが長時間、目元に密着します。
※ユズ果実エキス、ブドウ種子エキス、ビワ葉エキス(保湿)

関連コラム