クリームの置き画像
bookmark_off

いま注目の“幹細胞”をコスメに応用!? 本気のスキンケアをはじめよう!

lacore編集部
lacore編集部
Editor
2021.07.03
ここ数年美容の分野で話題となっている“幹細胞”。植物も動物もたくさんの細胞からできています。そのおおもととなるものが“幹細胞”です。いわば細胞のお母さんのような存在なのです。そんな幹細胞をコスメに応用したブランドに注目。
『LITS』のライフスタイルに寄り添ったスキンケアアイテム
美しさを育むドクターズコスメの『chione』
素材へのこだわりを追求したスキンケアライン『optimo』

『LITS』のライフスタイルに寄り添ったスキンケアアイテム

本気の夜美容に「リバイバル オーバーナイトセラム」

LITS リバイバル オーバーナイトセラム の置き画像
『LITS(リッツ)』の「リバイバル オーバーナイトセラム」は、寝ている間のケアを助けてくれるスキンケアアイテムです。本格的なエイジングケア(※1)を求める方へ向けたリバイバルシリーズのアイテムで、ハリや弾力、ツヤなど6つのケアを叶えます。 配合しているのは植物幹細胞由来成分(※2)と、EGF含有カプセル(※3)。過酷な環境を生き抜く生命力を持った植物幹細胞由来成分が、肌に潤いを与えしっかりとアプローチ。

1つで6役をこなす「モイスト パーフェクトリッチジェル」

LITS パーフェクトリッチジェル の置き画像
たっぷりの潤いを与えてくれるモイストシリーズ。洗顔後のいつものスキンケアに取り入れたい「モイスト パーフェクトリッチジェル」は、化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、下地の6役をこなします。 肌にしっかりと潤いを与えるため、植物幹細胞由来成分(※4)とコラーゲン(※5)を配合。乾燥が気になる部分には重ねづけをする事で、よりリッチな潤いを与えます。

「モイスト エッセンス」で朝晩のスペシャルケアを

LITS モイスト エッセンス の置き画像
朝晩のスペシャルケアには、「モイスト エッセンス」が便利です。じっくりと保湿しながら、毛穴悩みなどにアプローチする事を目指した美容液です。 肌に潤いを与えるカプセルコラーゲン(※6)や、肌を引き締めるためにキュアパッション(※7)が配合されており、ぷるんと潤う肌をキープします。使い方は、化粧水で肌を整えた後、その上から塗り広げるだけ。ローションのような質感で顔全体にスッと伸ばす事ができます。

美しさを育むドクターズコスメの『chione』

今年発売の未来型美容液「クリアセラム」

chione クリアセラム の置き画像
『chione(キオネー)』の「クリアセラム」は、今から肌を育てていきたい方にピッタリの未来型美容液。今年4月に発売されたばかりの注目アイテムです。とろりとしたテクスチャーでありながらサッと肌に馴染み、肌を滑らかに整えます。

きめ細やかな泡で小鼻まですっきり「マイクロバブルウォッシュ」

chione マイクロバブルウォッシュ の置き画像
きめ細やかで濃密な泡を実現した「マイクロバブルウォッシュ」。 もっちりとした泡が、肌の引き締めや黒ずみにアプローチし、毛穴汚れや古い角質をしっかり吸着。小鼻など細かい部分への洗浄力も高いです。

健やかな美肌へ導く「モイスチャークリーム」

chione モイスチャークリーム の置き画像
「モイスチャークリーム」はハリを与え、美肌に導いてくれるスキンケアクリームです。顔だけでなく、全⾝への使⽤が可能。肌の引き締め作⽤のあるカフェインが配合されており、気になる箇所のマッサージにも最適です。

素材へのこだわりを追求したスキンケアライン『optimo』

ウォータープルーフのメイクも落ちる「Aqua Cleansing Oil」

optimo Aqua Cleansing Oil の置き画像
『optimo(オプティモ)』の「Aqua Cleansing Oil(アクアクレンジングオイル)」は毎日使うクレンジングの時間も楽しめるようにと作られた商品。こすらずにしっかりメイクオフできる機能を重視し、ウォータープルーフのメイクも簡単に落とす事ができます。 保湿成分としてパントエア菌由来LPS(※8)を配合し、洗い上がりの肌はしっとり。洗い流すのが早いのにつっぱらない使い心地で、クレンジングの時間を快適に。

保湿も洗浄も1本でできる「Aqua Face Wash」

optimo Aqua Face Wash の置き画像
「Aqua Face Wash(アクアフェイスウォッシュ)」は、洗浄力が高く、保湿もしてくれる洗顔料。細かく濃密な泡が毛穴の黒ずみなどの汚れをごっそり落として清潔な肌へ導いてくれます。

他の化粧品の浸透力を高める「Cellize Lotion」

画像⑨optimo Cellize Lotion の置き画像
保湿しながら肌悩みにアプローチする「Cellize Lotion(セルライズローション)」は、今まであるようでなかったスキンケアアイテム。 保湿力で土台を整えながら他の化粧品が浸透(※9)しやすくなるブースターの役目を果たしてくれます。さっぱりとしたつけ心地はデイユースにもピッタリです。

肌本来の力を守るベールで包む「Smoothing Emulsion」

optimo Aqua Face Wash の置き画像
乾燥やマスクによるムレから肌を守る「Smoothing Emulsion(スムージングエマルジョン)」。潤いのベールで肌を優しく包み込むアイテムです。 保湿成分としてパントエア菌LPS(※10)を高濃度で配合しており、肌の角層層にまで働きかけ、肌を健やかに保ちます。
※1 年齢に応じたうるおいケア ※2 リンゴ果実培養細胞エキス、クコカルス培養エキス、ミロタムヌスフラベリフォリアカルス培養エキス(全て保湿成分として) ※3 ヒトオリゴペプチド−1(整肌成分として) ※4 リンゴ果実培養細胞エキス、コンフリーカルス培養エキス(全て保湿成分) ※5 加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン(全て保湿成分) ※6 加水分解コラーゲン、金、水添レシチン(全て保湿成分) ※7 クダモノトケイソウ果実エキス(保湿) ※8 パントエア、コメヌカ発酵エキス液 ※9 角質層まで ※10 パントエア、コメヌカ発酵エキス液

関連コラム