おすすめリップティントを並べている写真
bookmark_off

落ちにくく発色しやすい!おすすめリップティント

Rei
Rei
株式会社アイ・エヌ・ジー所属
2020.09.18
リップティントを使用したことはありますか?リップティントといえば、落ちにくいリップとして有名なリップコスメですよね。しかし、「思ってた色に発色してくれない」「パサついた感じがする」といった経験をされた方もいると思います。そこでは、リップティントについて説明しながら、おすすめのリップティントを紹介していきます。
リップティントってなに?どんな特徴があるの?
リップティントのメリットとデメリット
リップティント使用時のコツ
プチプラからデパコスまで!おすすめのリップティント
使い方を研究してリップティントを使いこなそう!

リップティントってなに?どんな特徴があるの?

リップティントとは、唇の水分の量によってリップの色や発色が変わり、落ちにくいリップとして注目されているメイクアイテムです。リップティントは、元々、韓国での人気がとても高いコスメで、日本でも韓国コスメの人気が高いことから、現在では、日本でも多くのブランドから販売されています。 最近では、リップだけではなく眉ティントなど「落ちにくい」をコンセプトとした商品もたくさん展開されています。
CHANELの赤リップティントを手にのせた写真
次に、リップティントの特徴をいくつか紹介していきます。 1.落ちにくい 最大の特徴と言われているのが、持続力の高さです。通常のリップと違い、唇自体を染めるので、軽く色をのせるだけで、長時間唇に色を残すことが可能なんです。 2.唇になじむ リップティントをつけた直後は、水分量が多いのでテカテカしやすく、少し不自然に思う方もいるかもしれませんが、時間が経つにつれて、唇になじんでいき、発色の良い自然な唇を演出してくれます。 3.つけ心地の良さ ルージュやグロスのように唇がベタベタすることなく、サラッとしたつけ心地で、とても気持ちのいい仕上がりになります。 このように、リップティントにはルージュやグロスなどとは違った特徴があります。

リップティントのメリットとデメリット

次に、リップティントを実際に使用してみて感じたメリットとデメリットを紹介していきます。 <メリット> 1.メイク崩れしにくく、メイク直しの頻度が減る 通常のリップだと、食事後や飲み物を飲んだ後「リップが薄くなってしまった」「ムラが出てしまう」なんてことがあり、慌ててメイクを直しに行くことがありますよね。 しかし、リップティントは、唇の角質層まで浸透している分、色が落ちにくく、メイク直しをする頻度が減りました。 2.色移りしにくい メイク崩れと同じくらい悩まされるのが色移りですよね。 「衣類にうっかりリップがついてしまう」「歯にリップがついてしまう」そんなことがあったりします。 ですが、リップティントはルージュなどに比べて色移りがしにくいので、色移りが気になる方にとってはとてもありがたいリップです。
シャネルリップティントを3色手に出した写真
<デメリット> 1.落としずらい リップティントは唇に色が浸透して色もちがいいのですが、メイクを落とす際に、しっかり落とさないと奇麗にメイクを落とすことはできません。 メイクの落とし方も十分に研究する必要がありそうです。 2.理想の色にするのが難しい 初めてリップティントを使用した時は、思っていた色が唇にのってくれず、試行錯誤することがありました。 なぜならリップティントは水分量によって色が変化していくコスメだからです。 リップの量を調整したり、乾くまでの時間をどのくらい設けるかを考えたりと理想のリップを手に入れるまで研究が必要です。

リップティント使用時のコツ

色味のコントロールが難しいリップティントですが、ちょっとしたコツを抑えれば理想の唇に近づくことができます。 1.塗る前の保湿 リップティントは乾燥しやすいため、塗る前に保湿をしておくことをおすすめします。 ※保湿効果のある薬用リップなどでも仕上がりが変わってきます。 2.コンシーラーで色のコントロール メイクをする前の唇は部分によって色が違います。 リップティントはベースとなるリップの色にも左右されやすいので、なるべく元の唇の色は均等に同じ色になるようコンシーラーの使用をおすすめします。 カラーコントロールすることでムラのないリップメイクに近づくことができるでしょう。
保湿リップ・コンシーラーがおいてある写真

プチプラからデパコスまで!おすすめのリップティント

続いて、わたしのオススメするリップティントを紹介していきます。 まず初めに、学生さんでも購入しやすいプチプラのリップティントです。 1.ETUDE HOUSE(エチュードハウス)ディアダーリンウォータージェルティント/RD301 RD303 プチプラ韓国コスメで有名なエチュードハウスのリップティントです。約500円で購入できるのですが、値段以上に発色がよく、色感も素敵なリップティント。 サラサラではなく、少しどろっとした液状なので、塗りたいポイントに狙いを定めて塗れそうな液体になっています。保湿成分も含まれているので、しっとりとした仕上がりになります。 カラーバリエーションも豊富で、季節や気分に合わせて色々な色を使用していきたいですね。とてもコスパが良く、低コストでさまざまな唇に早変わりできちゃいます。
ETUDEHOUSE(エチュードハウス)リップティントを開けている写真
GIVENCHY(ジバンシー)リップティントを開けている写真
CHANEL(シャネル)リップティントを開けている写真
次にデパコスと言われているハイブランドのリップティントです。 2.GIVENCY(ジバンシー)アンクルアンテルディ06 プラスチック製の容器ですが、ブラックにシルバーのロゴがとってもおしゃれです。発色の良さはもちろんですが、キャップ一体型のブラシの形が唇にフィットしやすく、はみ出しにくいです。 リップティント初心者の方でも安心して使えそうなティントです!個人差はありますが、乾くまでの時間も短く、朝の忙しいメイク時間にも助かるリップコスメ。ちなみに、香りは甘く化粧品独特の高級感のある香りがしました。 3.CHANEL(シャネル)ルージュアリュール インクフュージョン/818(トゥルーレッド)824(ベリー)804(モーヴィーヌード) シャネルのリップティントは名前の通り本当に色鮮やかな発色です。適量を唇にのせるだけで、色鮮やかな唇に変身できるのでとてもオススメです。サラサラとした液状のティントとなるので、出し過ぎやつけすぎに注意。 そしてなんといってもこの高級感溢れる容器!プラスチックのキャップにマットがかったガラスの容器が乙女心をくすぐります。つい集めたくなっちゃうコスメです。カラーはナチュラルなものから存在感のあるカラーまでありますので、自分に合ったカラーを探すのも楽しそうですね。

使い方を研究してリップティントを使いこなそう!

リップティントは、単品で使用しても鮮やかな色を唇にのせることが可能です。さらに、塗る前の保湿ケアやカラーコントロールをすることで、更にワンランク上の唇を演出できます。色味のない透明のグロスなどでうるおいを出すのも楽しいです! リップティントの研究をすれば、さらに美しいリップメイクができそうでワクワクしますね♪

関連コラム