【プチプラでこのハイクオリティ】KATE レタッチペイントパレット
bookmark_off

【プチプラでこのハイクオリティ】KATE レタッチペイントパレット

satsuki
satsuki
ビューティーブロガー
2020.09.17
コンシーラー×ハイライターの万能パレット。これ1つでベースメイクはできたも同然。
KATE STって知ってますか?
くすみ・くま消しはこの「オレンジ」がみそなのです
用途に合わせてパレットを使いこなせば、完璧な美肌も簡単にゲット

KATE STって知ってますか?

プチプラコスメでもおなじみのKATE、から「なりたい自分になるために、ほしかったのは、高い機能と美しい仕上がり。メイクの可能性、もっと広がる。」というテーマを掲げた普段のKATEのアイテムとはちょっと毛色の違うSTシリーズから発売されているレタッチペイントパレット。 STシリーズのアイテムは美しい仕上がりを重視したマニア向けのシリーズ。メイクを愛し、今のコスメでは満足しきれない影響力のある人に向けた、ハイクオリティなアイテムがそろっています。コスプレや舞台メイクなどはもちろん、SNS映えを意識したようなベースメイクを造れるような個性的なアイテムがそろっているのが特徴です。 STシリーズは店舗限定での発売となっており、通常のKATEの売り場にない可能性があったりするのですが、サイトの方でも取り扱い店舗があるのでチェックしてみてください。このように通常のKATEとはちょっと差を付けたシリーズとなっています。 とはいえ、通常のKATE同様、価格はプチプライス。こんなプチプラでハイクオリティなアイテムを楽しめるのでコスメ好きや美容通の方々には一目置かれているシリーズとなっているようです。 基本的にカラーアイテムというよりは、ベースメイクアイテムが中心となっているので、10代から幅広い年齢層で使えるシリーズなのではないでしょうか。

コンシーラー×ハイライトのワンパレットって実はあんまりないんですよね

紹介するアイテムは、コンシーラーとハイライトが一緒になったレタッチペイントパレット。こちらは3色のコンシーラーと1色のハイライトで構成された4色パレットとなっており、これ1つあれば簡単なベースメイクなら完成してしまうぐらいのかなり充実したパレットです。 色味はピンクトーンの01くま消しパレット、グリーントーンの02赤み消しパレットと用途で色味が分かれています。始めにくま消しパレットとなる01をご紹介していきたいと思います。 まず、A、Bのカラーがコンシーラーとなる部分。Aライトベージュ、Bナチュラルベージュです。この2色はそのままの色味で肌に合わなくても、混ぜて色味を調節して使うことができるので、肌ムラや肌のトーンに合わせて使用することができます。 Cはハイライターとなる部分。こちらはさりげなくパール感が入っているので肌をツヤっときれいに見せてくれる効果があります。ピンクのハイライターなので肌のくすみを飛ばしてくれて透明感のある肌に見せてくれるのもうれしい。そこまでぎらぎらしないので、わりとしっかり使っても悪目立ちすることがないので、かなり使いやすいハイライトなのではないでしょうか。少し固めのテクスチャーなので、付けすぎる感じもなく、ハイライト初心者さんにもオススメです。 Dはくまを消してくれるコントロールカラー。オレンジがすっと肌になじみくまの目立たず、健康的な肌に見せてくれます。

くすみ・くま消しはこの「オレンジ」がみそなのです

だいたいのコンシーラーは肌に合わせたベージュが主流だったりしますが、意外にもオレンジがくまやくすみには強いようで、このオレンジを使ってみてかなりベースメイクに変化を感じました。 浮いたりもせずすっと肌になじんでくれるカラーなので、とにかく万能なカラーでした。オレンジ単色のコンシーラーを探すとなかなか見つけられなかったりするので、そういった面でも、マニアックなメイク好きのために考えられたパレットになっている感じがします。

グリーントーンで赤みを吹っ飛ばそう

次にご紹介するのは02赤み消しパレット。A、Bは01と同じ、ライトベージュ&ナチュラルベージュで使用用途も同じです。こちらのパレットは全体的に固めのテクスチャーなので、しみやニキビ跡などもピンポイントでカバーしやすいです。チップも付いているので、細かいポイントに狙って使える計算された仕様になっています。 Cのハイライト部分は、02の場合ホワイトになっています。ホワイトって使い方によっては少し大げさになってしまいがちですが、かなり薄付きでパール感も控えめなので使いやすいと思います。特に鼻筋や眉下などにハイライトを使う人には、この絶妙な発色はかなりオススメ。 塗ってます感を出さずに骨格の立体感を出してくれるホワイトです。そしてDのグリーンのコントロールカラー。このカラーで赤みを消します。肌トーンも透明感を出してくれるカラーなので、このカラーもかなり使えそうです。

用途に合わせてパレットを使いこなせば、完璧な美肌も簡単にゲット

この2パレットですが、発色が調整しやすいテクスチャーなので用途に合わせて2パレット組み合わせて使ってもにごったりせず使える感じがしました。01のピンクトーンの方はどちらかといったらポイント使い(ニキビ跡、くすみ、クマ、しみなど)に向いていて、02グリーントーンのパレットは顔全体使いに向いているような印象でした。用途に合わせて使いこなせば簡単に思い通りの肌が作れる優秀パレットです。気になる方はチェックしてみてください。

関連コラム